↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

退職タイミング 転職先が決まらなくても会社を辞めていい3つの理由

未分類
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

社会人ならば今の仕事をやめてしまいたいと思ったことは一度や二度ではないでしょう。

あなたはもしかすると、転職したいと強く思って行動にうつしているかもしれませんし、この仕事は長く続けれないと考えていたり、漠然と仕事をやめたいなと思っている段階かもしれません。

リスクモンスターという会社が、20~60代の社会人男女500人を対象にアンケート調査を実施した結果、転職経験の有無については転職の経験がある人が56.6%と、経験がない人の43.4%を上回る結果となり、2人に1人は転職を経験していることが判明しました。

また、転職経験者の約65%が複数回の転職を経験しています。

これをみると男性よりも女性の方が転職をしていることがわかるね!!

転職は昔のように珍しいことではなく、今では一度も転職をしたことがないという人のほうが少数派になっているよ。

あなたは、転職をしたいけれども仕事を辞めるタイミングで悩んでいたり、次の仕事が見つからないからとズルズルと今の仕事を続けたりしていませんか。

僕は現在30代です。大学を卒業して10数年の間に5回の転職を経験して給料のアップがあったり待遇の改善がありました。同年代に比べると明らかに転職回数は多いのでちょっとした転職上級者であると自負しています。

そんな僕が、あなたにあった退職するベストタイミングについてお伝えしましょう。

この記事は

  • 退職をしたいけれども迷っている人
  • 退職をするベストタイミングを知りたい人
  • 退職の後押しをして欲しい人

にむけて書いてます。

スポンサーリンク

退職をするベストタイミングは、次の仕事がみつかった時?

まず、退職をしようと思う人のほとんどが、このように考えることでしょう。

『次の仕事が見つかったら退職しよう』

今の仕事を辞める前に、次の仕事が決まっているという事が一番いいのは明らかです。

しかし、実際は転職をしたいと強く考えているのに、この考えに固執しすぎて今の仕事から抜け出せずに、いたずらに時間を何年間も消費してしまい転職のチャンスを逃し続けて、自分の人生の可能性を狭め続けている人がたくさんいるのをご存知でしょうか。

そんな事で何年間も無駄にするならば、今すぐ会社を辞めてみませんか。

僕が推奨する退職のタイミングは、ズバリ仕事を辞めるという結論に至った時です。

色々と考えて悩んだ結果、仕事を辞めるという結論に至ったのならば、次の仕事が決まっておらずともすぐに仕事を辞めるべきです。

僕は過去5回の転職で、次の仕事が決まってから辞めたのは1度だけ。それ以外は全て仕事を辞めてから、もしくは仕事を辞めると会社に伝えた後から次の仕事を探し始めました。

なぜならば、仕事を辞めてから次の仕事を探したほうがメリットが多いからです。

仕事を辞めてから、次の仕事を探すメリット

では具体的にメリットをご紹介していきましょう。

圧倒的に時間の余裕がうまれる

まず、冷静に考えてほしいのは仕事をしながら次の仕事を見つける事の難しさです。

多くの会社で面接などの採用試験は平日に行われることがほとんどです。

今の仕事をしながらでは『いいな』と思う会社に出会えても、面接の時間をとることができずに諦めてしまうことがほとんどです。

  • 有給が自由にとれない
  • 有給を面接のために連続でとれば転職しようとしているのがバレてしまう
  • 求人を探す時間が仕事で削られるので、なかなかいい所が見つからない

いい会社に巡り合うには絶対的に時間が必要です。そしてその時間を確保するには、今の仕事を続けながらではどうしても足りないのです。

精神的ストレスからの開放

あなたの理想は、今の仕事を辞めてからすぐに次の仕事を始めたいというタイプでしょうか。

それとも、少しの期間(数週間〜数ヶ月)無職の期間を作って精神的ストレスから開放されたいと思ったことはありませんか。

man holding girl heading towards sea

転職先を決める前に仕事をやめさえすれば、つかの間のバカンスを楽しむことやお家でのんびりとすごす事もできます。

20歳から定年を迎える60歳までの40年間を休みなく働くことが美徳ではありません。長い人生の少しの間くらい自由に過ごせる時間を持つことは精神的にも大切だと思いませんか。

本当にやりたいこと、自分に向いていることをじっくりと考えられる

仕事を辞めてから次の転職先を決める最大のメリットは、『自分がやりたいことはなにか』『自分にむいていることはなにか』を見つけることができるということです。

今の仕事を続けながらだと、仕事をやめたいという気持ちが先走ってしまい、それほどやりたくもない転職先に就職を決めてしまうということは非常に多いです。

これは、あなたも覚えがあるはずです。

あなたが働いている今の会社は、本当にあなたが働きたいと思った第一志望の会社でしょうか

おそらく多くの人が、そこしか就職先が決まらなかったや、数社内定があった中でまだ、ましかなと思った会社だったという妥協から入社したのではないでしょうか。

もしも、時間があれば本来働きたかった業界や、自分がチャレンジしたいと思える仕事を見つけるチャンスが増えるとは思いませんか。

仕事は意外と多く溢れているという事実

世の中が不況と言われる時代でも、意外と仕事や求人はたくさん溢れています

僕の体験談としては、過去4回の転職でそのすべてが仕事を探し始めてから1ヶ月〜2ヶ月で転職先を見つけることができました。

今の仕事を辞めてしまったら次の仕事が見つかるか不安だと考えているかもしれませんが、意外と人が足りていないという会社は世の中にはたくさんあります。

転職業界大手のenjapanのサイトにも70%以上の人が1ヶ月ほどで次の仕事が見つかるという統計が出ています。

仕事探しは、思ったほど難しくないし短期間で次の仕事が見つかることが多いよ。

今の仕事をやめて面接の練習や、自己PRの練習をするのもいいよね。

仕事がどうしても辞めれない場合は退職代行を使おう

世の中には、仕事をやめたいのに辞めさしてもらえない“在職強要”というものが存在します。

もしも、あなたが今の会社を辞めたいのに、辞めれない場合や、上司がパワハラ気質で退職を言い出せないという場合は退職代行を使うという手もあります。

実際に僕も一度退職代行で会社を辞めましたが、驚くほどスムーズに数日のうちにすべてのカタがつきます。

オススメ退職代行

退職代行を選ぶ基準は“弁護士が関わっている”ところを選ぶことです。

弁護士資格のない退職代行業者では、会社側との交渉などを行うことが出来ませんし、トラブルに発展した場合に適正な対応をとることが難しい事もあります。

おすすめの退職代行業者をピックアップしました。

今から紹介する6つの退職代行業者、どこを選んでも、確実にあなたが望むように辞めることができるという実績のところばかりです。

詳細や申込みは各バナーをタッチすればOK!!

6個の中からでも選べないというあなたに、オススメなのは近年の退職代行業界でNo1の顧客満足度を誇る『退職代行Jobs』です。

退職代行Jobsのオススメポイントとは

退職代行「Jobs」は弁護士監修の退職代行×労働組合という組み合わせのため、しっかりと安心して依頼ができる代行サービスとして人気の業者です。

しかもお値段は、リーズナブルな29,000円!!更に審査さえ通れば金額は後払いでもOKとなっており、もちろん退職できなかった場合の返金制度もあります。

また、このJobsでも今まで退職できなかった事例は1件も存在しておらず、ホームページ上でも

このような文言が使われているので、安心して申し込めます。

そして、このJobsが代行サービスの中でも特に人気を博している理由として、退職後の転職活動も、無料の求人紹介サービスを使ってフォローしてくれるという所です。

ほとんどの人にとって、会社の退職と転職活動はセットで行われますので、これは嬉しい!!

顧客満足度No1のJobsへの申込みや詳細の確認は上記バナーから!!

その他5社のオススメ退職代行業者



こちらの退職代行サービス「NEXT」は、テレビでもとりあげられているのでご存じの方もいるのではないでしょうか。

かかる費用も30,000円〜とリーズナブルで電話での受付はもちろんのこと、LINEを使い24時間相談が可能です。もちろん残業代の未払いなどの問題も相談可能!!

しかも、退職できなかった場合は費用が返金される制度があります。この制度があるというのは「NEXT」の自信のあらわれです。

実際に今まで「NEXT」では、退職できなかったという事案は1件もありません。

こちらの「退職110番」は、かかる費用は、43,800円と「NEXT」よりも少し高いですが、正社員・パート・アルバイト一律の金額になっております。

またセクハラやパワハラでの精神的な損害の賠償の相談にも応じてくれます

こちらの会社も退職できなかった場合は全額返金を保証してくれています。



こちらの「ガーディアン」は弁護士資格は有りませんが、労働組合法に基づき東京都労働委員会に認証されている法人格を有する法適合組合が運営するサービスなので、弁護士と同様に会社側と交渉を行うことができます。

朝日新聞や、財経新聞などの多くのメディアにも掲載実績のある会社です。

かかる費用も、正社員・パート・アルバイト一律で29,800円と、低価格で追加の費用がかかることもありません。

こちらの「わたしNEXT」は女性限定の退職代行サービスです。

弁護士資格は有りませんが、上のガーディアンと同じく労働組合が実施しているサービスなので安心して使うことができます。

女性に特化したサービスを展開しているのと、“ヤメホー(サブスク退職)”というプランが用意されています。

月額3,300円を12ヶ月間払うだけで、年間で2回まで退職代行サービスを利用することができるという画期的なプランです。

12ヶ月間で2回も退職代行を使うなんて…と思う方もいるかも知れませんが、そもそも自分が働いている業界事態がパワハラ気質な場合や、ブラック企業の割合が多い業界で働いていたり、色んな会社で経験を積んで自分のスキルアップをしたいけど、退職交渉は面倒…という人にピッタリです。

3,300円×12ヶ月間=39,600円

この39,600円は他の退職代行サービスの1回分の相場と同じです。この値段で2回退職代行サービスを使える『わたしNEXT』の“ヤメホー”はお得!!

弁護士監修のもとで退職代行サービスを16年前から行っている業界一の老舗の代行業者が「ニコイチ」です。

創業16年間でニコイチを使って退職できなかった人は一人もいません。

老舗ながら、利用料金は27,000円と業界内で一番リーズナブルな価格を実現できているのもニコイチを利用する人の多さゆえに実現できているのでしょうか。

しかし、いくら27,000円といえども人によっては一度のその金額を支払うのは難しいという人もいるでしょう。

そんな人に向けてニコイチでは27,000円を2回の分割で払うことも可能となっており若い人にも優しい内容になっています。

 

退職代行を使うのは、正社員ばかりじゃないからね。

アルバイトやパートの人だって辞める事を伝えにくかったりする事もあるよね。

学生や主婦のアルバイトやパートの人にとっては、一度に27,000円を

払うより分割のほうが払いやすいよね!!

まとめ

いかがだったでしょうか。今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 退職のタイミングは思い立ったときに辞める
  • 辞めてから仕事を探せばメリットが3つある
  • どうしても辞めれないときは退職代行という手もある

退職は人生で大きなイベントであることは間違いありません。しかし、転職先というのは意外とすぐに見つかるものなので焦らずに探してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました