↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

弁護士が関わる退職代行が圧倒的支持を得る4つの理由

転職
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

退職代行を使う際に、一番重要視しないといけないところは『弁護士事務所』に依頼することか、もしくは『弁護士監修×労働組合』となっている所に依頼することです。

でも、弁護士が関わっていると費用的に高額なんだよね…

できれば安く済ませたいし、やっている内容が同じならばどこに依頼しても一緒じゃないの?

ネット上では、様々な情報が飛び交っているので、あなたはもしかするとこのように考えているかもしれません。

しかし、費用だけをみて退職代行業者を決めることは絶対にやめましょう。

今回はなぜ退職代行を利用する際には弁護士が関わっている所を選ぶべきなのか、オススメの退職代行サービスはどこなのかを解説していきましょう。

この記事は

  • 退職代行を使いたい人
  • どの退職代行業者に依頼すればいいのか迷っている人
  • 退職代行は違法ではないかと考えている人

にむけて書いています。

スポンサーリンク

退職代行を行うのに特別な資格は必要ありません

もしも、僕が今から退職代行サービスの会社をたちあげようと思うと、特別な資格をとることなくすぐに会社を作ることができます。

もちろん必要な役所上の手続きなどを済ませればの話ですが、『退職』という人の人生の一大イベントに関わる重要な仕事でありながら、それを代行・支援するのに特別な資格は何もいりません

そして、退職代行サービスはここ数年で急激に需要が高まってきている産業になります。

ということは、たいしてノウハウがないのに退職代行の会社を起業してみる人や、既存の会社の一部門的な事業として「とりあえず、最近流行ってるみたいだしウチの会社でもやってみるか」ということは十分考えられることです。

これって、ヤバいと思わない?

素人同然のところに数万円出して退職代行をしてくれるように頼まないといけないってことだよ。

極端な話だけども、それってあなたの友達に退職代行を頼んでいるようなもんって考えたら、すごく不安!!!

きちんと実績と歴史があるところに依頼するのが大前提のサービスになっているのです。

では、その中でも弁護士が関わる退職代行業者を選ばないといけない理由をご説明しましょう。

弁護士が関わる退職代行を利用すべき4つのポイント

弁護士が関わる退職代行業者を選ぶ4つのポイントは以下の通り

  1. 会社との交渉
  2. 未払金(残業代・手当・給料)の請求が可能
  3. トラブルが起こらない
  4. パワハラ・セクハラの損害賠償

それでは順を追って解説していきましょう。

①会社との交渉もリスクなく行ってくれる

通常の退職代行業者だと、会社側に退職の申込みや意思を伝えてくれはしますが、その後に会社との交渉や協議が発生した場合は依頼者任せになってしまいます。

でも弁護士が関わるところに依頼した場合は退職について会社側から反論や交渉があった場合にも、すべての項目に合法的に対応してくれます。

②未払い賃金などがあった場合の請求も可能

もしも、サービス残業・手当や振替休日のない休日出勤をたくさんしていた場合は、そういった手当も退職のときに取り戻したいと考える人も多いのではないでしょうか。

このような請求の処理や会社との交渉は、弁護士が関わらないとすることができません。

③会社とトラブルになることがない

弁護士を通じて、法律にのっとった退職の申し込みがあった場合に、それに反論したり拒否する会社があるでしょうか。

弁護士相手に、手前勝手な会社側の主張を繰り広げても勝ち目はないのは明らかですので、よっぽどの事態がない限りトラブルが起きることなく退職できることがほとんどです。

パワハラやセクハラの損害賠償の請求も可能

あなたの退職をする理由が、セクハラやパワハラが原因だった場合は、あなたの意思と状況次第では損害賠償の請求も可能になってきます。

これは、弁護士が関わっていない業者では決してできないことです。

昔と比べてセクハラやパワハラの被害に声を上げる人も増えてきていますので、そういった考えがあるならば依頼する業者を間違えないようにしましょう。

退職代行業者別の金額相場表

弁護士事務所弁護士監修&労働組合提携の
退職代行
退職代行特化型の労働組合一般の退職代行
会社への代行連絡  ○     ○     ○   ○
退職手続きのサポート  ○     ○     ○   ○
会社との交渉  ○     ○     △   ☓
損害賠償の対応  ○     ☓     ☓   ☓
費用の相場30,000円〜
50,0000円
    約30,000円   約30,000円20,000円〜
50,000円

退職代行を使う際には、会社と揉めたり退職時期について会社が交渉しようとしてくることは十分に考えられるよ。

ほとんどの退職代行が即日退社を売りにしているけれども、万が一のことを考えて選ぶならば「弁護士事務所」か「弁護士監修&労働組合提携の退職代行」を選ぶようにしたほうがいいよね!!

退職代行を使う前の不安点実際に使ってみて判明したこと
きちんと辞めれるのか日本の法律をもとに対応してくれるので実績ベースで100%辞めれている
即日退社できるのか即日退社が基本。よっぽどの特殊な場合は代行業者に相談可能
給料は支払われるのか働いていた日までの給料は必ず支払われる。(支払わないのは違法)
退職金は支払われるのか在籍している会社の退職金支払い条件さえ満たしていれば支払われる。(就業規則の確認
引き継ぎ業務をしなくていいのか即日退社が基本なので、引き継ぎ業務はできない。(しなくていい。)
同僚のために引き継ぎ資料をきっちりと作成しておくなどの配慮はあってもいい
損害賠償の請求など、訴えられないか訴えられない。会社側は訴えても負けるので。訴えられたときのことを考えて弁護士が関わる退職代行を使おう
支給品の返還や、退職書類のやりとりも行ってくれるか多くの退職代行業者が代わりに行ってくれるので、退職代行に申し込んでから、どのような理由でも会社と連絡を取ることは一切ない

これは、僕が退職代行を使う前に感じていた疑問点と、実際に使ったり様々な退職代行業者に聞き取りをして解決した内容だよ。

これから使おうと思っている人は、ぜひ参考にしてみてね!

オススメ退職代行

今から紹介する6つの退職代行業者、どこを選んでも、確実にあなたが望むように辞めることができるという実績のところばかりです。

詳細や申込みは各バナーをタッチすればOK!!

6個の中からも選べないというあなたに、オススメなのは近年の退職代行業界でNo1の顧客満足度を誇る『退職代行Jobs』です。

退職代行Jobsのオススメポイントとは

退職代行「Jobs」は弁護士監修の退職代行×労働組合という組み合わせのため、しっかりと安心して依頼ができる代行サービスとして人気の業者です。

しかもお値段は、リーズナブルな29,000円!!更に審査さえ通れば金額は後払いでもOKとなっており、もちろん退職できなかった場合の返金制度もあります。

また、このJobsでも今まで退職できなかった事例は1件も存在しておらず、ホームページ上でも

このような文言が使われているので、安心して申し込めます。

そして、このJobsが代行サービスの中でも特に人気を博している理由として、退職後の転職活動も、無料の求人紹介サービスを使ってフォローしてくれるという所です。

ほとんどの人にとって、会社の退職と転職活動はセットで行われますので、これは嬉しい!!

顧客満足度No1のJobsへの申込みや詳細の確認は上記バナーから!!

その他5社のオススメ退職代行業者



こちらの退職代行サービス「NEXT」は、テレビでもとりあげられているのでご存じの方もいるのではないでしょうか。

かかる費用も30,000円〜とリーズナブルで電話での受付はもちろんのこと、LINEを使い24時間相談が可能です。もちろん残業代の未払いなどの問題も相談可能!!

しかも、退職できなかった場合は費用が返金される制度があります。この制度があるというのは「NEXT」の自信のあらわれです。

実際に今まで「NEXT」では、退職できなかったという事案は1件もありません。

こちらの「退職110番」は、かかる費用は、43,800円と「NEXT」よりも少し高いですが、正社員・パート・アルバイト一律の金額になっております。

またセクハラやパワハラでの精神的な損害の賠償の相談にも応じてくれます

こちらの会社も退職できなかった場合は全額返金を保証してくれています。



こちらの「ガーディアン」は弁護士資格は有りませんが、労働組合法に基づき東京都労働委員会に認証されている法人格を有する法適合組合が運営するサービスなので、弁護士と同様に会社側と交渉を行うことができます。

朝日新聞や、財経新聞などの多くのメディアにも掲載実績のある会社です。

かかる費用も、正社員・パート・アルバイト一律で29,800円と、低価格で追加の費用がかかることもありません。

こちらの「わたしNEXT」は女性限定の退職代行サービスです。

弁護士資格は有りませんが、上のガーディアンと同じく労働組合が実施しているサービスなので安心して使うことができます。

女性に特化したサービスを展開しているのと、“ヤメホー(サブスク退職)”というプランが用意されています。

月額3,300円を12ヶ月間払うだけで、年間で2回まで退職代行サービスを利用することができるという画期的なプランです。

12ヶ月間で2回も退職代行を使うなんて…と思う方もいるかも知れませんが、そもそも自分が働いている業界事態がパワハラ気質な場合や、ブラック企業の割合が多い業界で働いていたり、色んな会社で経験を積んで自分のスキルアップをしたいけど、退職交渉は面倒…という人にピッタリです。

3,300円×12ヶ月間=39,600円

この39,600円は他の退職代行サービスの1回分の相場と同じです。この値段で2回退職代行サービスを使える『わたしNEXT』の“ヤメホー”はお得!!

弁護士監修のもとで退職代行サービスを16年前から行っている業界一の老舗の代行業者が「ニコイチ」です。

創業16年間でニコイチを使って退職できなかった人は一人もいません。

老舗ながら、利用料金は27,000円と業界内で一番リーズナブルな価格を実現できているのもニコイチを利用する人の多さゆえに実現できているのでしょうか。

しかし、いくら27,000円といえども人によっては一度のその金額を支払うのは難しいという人もいるでしょう。

そんな人に向けてニコイチでは27,000円を2回の分割で払うことも可能となっており若い人にも優しい内容になっています。

 

退職代行を使うのは、正社員ばかりじゃないからね。

アルバイトやパートの人だって辞める事を伝えにくかったりする事もあるよね。

学生や主婦のアルバイトやパートの人にとっては、一度に27,000円を

払うより分割のほうが払いやすいよね!!

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 退職代行業者は誰でもできるので、実績と歴史を重視して選ぶ
  • 弁護士が関わるところであれば、満足した結果を得ることができる

いかがだったでしょうか。

実際に、よくわからない退職代行業者を利用したことでのトラブルは近年増えてきています。今回ご紹介した代行業者はどこを選んでも実績・内容ともに申し分がないところばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました