↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

退職代行を使う時の予備知識を徹底解説!

スポンサーリンク

この記事では退職したいけれどなかなか上司に言い出せない人へのアドバイスや、『退職代行』を使う上で知っておいたほうがいい知識をあわせてご紹介しています。

スポンサーリンク

退職したいけど、言い出せない!『退職代行』を徹底解説

会社を辞める←これが物凄く難しいワケ

まず退職代行サービスが近年流行っている理由は以下の2点です。

  • 退職したいと上司に言い出せない雰囲気がある
  • 退職したいと伝えても了承をもらえず辞めれない

様々な理由があるでしょうが、この2つのどちらかが理由で退職代行が使われることがほとんどです。

円満退社はありえない!退職=裏切りです

転職が珍しくなくなった昨今でも、退職=会社に対する『裏切り』と捉える人は一定数います。

そして、そう捉える人は年配者であることのほうが多く、その多くが役職者になり部下を持っていることでしょう。という事はあなたの上司もそういったタイプの上司である可能性も出てきます。

そもそも、あなたが会社を辞めようとする場合には、3者の存在がありますよね。

  • やめようとする『あなた』
  • 引き止めようとする『上司』
  • ことの成り行きを見守ることしかできない『同僚』

早く仕事をやめて新しい人生のスタートをきりたい『あなた』。

部下の退社は自分に対する裏切りだし、辞められると今まで育ててきた努力が無駄になる。部下の退職は自分の評価も低くなると思っている『上司』。

できれば辞めないでほしいが本人の意志が硬いなら仕方ない。でも引継ぎ業務はしっかりとしてほしいなと思っている『同僚』。

3者ともが相反する考えを持っていますので、全員の希望を満たしてくれる円満退社というのは無理があります。

会社を辞めるのに、会社の了承は必要なし

そもそも、会社を辞めるのに会社の了承をもらう必要はありません。

 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

※民法627条

2週間前に会社を辞める事を伝えてさえいれば、仮に会社が了承していなくても民法上は退職することができます。

でも、実際は様々な理由で2週間では辞めることができませんよね。

“在職強要”と言われる、仕事をやめさせないという行為が多くの会社でまかり通っているのが現実です。

  • 後任が見つからない
  • 新しい採用募集をかけているが採用まで時間がかかる
  • 人を雇って一から育てる時間が惜しい…etc

辞めさせてくれない理由は様々ですが、在職強要は時には恫喝や退職届を破り捨てられたりして相手を畏怖させるような行為のもとで行われることがあります

もし退職したいと上司に伝えたのに辞めさせてくれない場合は、もうバックレるしかありません

会社をバックレるとなると「そんなことできるの?」「バックレて損害賠償とか請求されない?」と心配な方もいるでしょうが、実際はバックレた社員に対してそこまでする会社はほとんどないと言われています。

完全に音信不通になるバックレをするのが心配な場合は退職届を郵送で送ることも有効的です。

バックレたり、郵送での送付は怖いという場合は『退職代行』を使おう!

法律では最短2週間で会社を辞めれるとわかった。退職届は郵送で送ることも可能だとわかったし、最悪の場合はバックレることもわかった。

でも、頭では理解できても実際に自分で実践する勇気がない・・・という方も多いのではないでしょうか。

実はそういう一歩踏み出す勇気のない人にむけたサービスとして『退職代行』は存在しています

きちんとした退職代行を使えば、得られるメリットってたくさんあります。

  • 揉めがちな退職交渉をしなくていい
  • 即日退社ができるので、時間の確保がすぐにできる
  • 退職代行に申し込んだ後は会社の人と一切連絡をとらなくてよくなる
  • 退職代行は法律にのっとっているので、後ろめたさがなく辞められる
  • 弁護士が運営している会社の場合はパワハラやセクハラの損害賠償も請求できる

退職代行とは弁護士を味方につけて辞めにくい会社を辞めることができる、ありがたいサービスです。

3万〜5万の金額を払うことで、わずらわしい退職交渉や気まずさを味わうことなく退社できるのなら使ってもいいかなと思いませんか?

もしも、パワハラやセクハラが原因で退職を考えている場合はすぐに退職代行を使って退職しましょう。

退職代行のトラブル事例をご紹介

退職代行って、今までの人生で使うことってまずなかったサービスだと思います。いわば未知のサービスです。

未知のサービスを初めて使うときって、少し怖いですよね。トラブルにみまわれるんじゃないかと心配になってしまいます

退職代行を使う際に見舞われる可能性のあるトラブルや、多くの人が心配するトラブルは以下の7通りです。

  1. 非弁行為
  2. 退職代行の連絡を会社側が無視をする
  3. 自宅に上司や同僚が来てしまう
  4. 給料が振り込まれない
  5. 退職に際しての書類が送られてこない
  6. 退職金の支払い条件に「引継ぎ業務完了」があるので、退職金がもらえない
  7. 損害賠償の請求をされる

この中で実際に起こり得る可能性が高いのは①非弁行為と③自宅に上司や同僚が来てしまう、⑥支払い条件を満たしていないので退職金がもらえないの3つです。

特に退職金の支払い条件に引き継ぎ業務を完了させること等の文言が入っている場合は要注意です。退職代行を使う際には、自分の会社の退職金の支払い規定を確認しておきましょう。

おすすめの退職代行サービス



こちらの退職代行サービス「NEXT」は、僕が実際に使って即日退社したところです。

テレビでもとりあげられたこともあるのでご存じの方もいるのではないでしょうか。

かかる費用も30,000円〜とリーズナブルで電話での受付はもちろんのこと、LINEを使い24時間相談が可能です。もちろん残業代の未払いなどの問題も相談可能!!

しかも、退職できなかった場合は費用が返金される制度があります。この制度があるというのは「NEXT」の自信のあらわれです。

実際に今まで「NEXT」では、退職できなかったという事案は1件もありません。

こちらの「退職110番」は、かかる費用は、43,800円と「NEXT」よりも少し高いですが、正社員・パート・アルバイト一律の金額になっております。

またセクハラやパワハラでの精神的な損害の賠償の相談にも応じてくれます

こちらの会社も退職できなかった場合は全額返金を保証してくれています。



こちらの「ガーディアン」は弁護士資格は有りませんが、労働組合法に基づき東京都労働委員会に認証されている法人格を有する法適合組合が運営するサービスなので、弁護士と同様に会社側と交渉を行うことができます。

朝日新聞や、財経新聞などの多くのメディアにも掲載実績のある会社です。

かかる費用も、正社員・パート・アルバイト一律で29,800円と、今回の3社の中では最もリーズナブルで、追加で費用がかかることもありません。

こちらの「わたしNEXT」は女性限定の退職代行サービスです。

弁護士資格は有りませんが、上のガーディアンと同じく労働組合が実施しているサービスなので安心して使うことができます。

女性に特化したサービスを展開しているのと、“ヤメホー(サブスク退職)”というプランが用意されています。

月額3,300円を12ヶ月間払うだけで、年間で2回まで退職代行サービスを利用することができるという画期的なプランです。

12ヶ月間で2回も退職代行を使うなんて…と思う方もいるかも知れませんが、そもそも自分が働いている業界事態がパワハラ気質な場合や、ブラック企業の割合が多い業界で働いていたり、色んな会社で経験を積んで自分のスキルアップをしたいけど、退職交渉は面倒…という人にピッタリです。

3,300円×12ヶ月間=39,600円

この39,600円は他の退職代行サービスの1回分の相場と同じです。この値段で2回退職代行サービスを使える『わたしNEXT』の“ヤメホー”はお得!!

弁護士監修のもとで退職代行サービスを16年前から行っている業界一の老舗の代行業者が「ニコイチ」です。

創業16年間でニコイチを使って退職できなかった人は一人もいません。

老舗ながら、利用料金は27,000円と業界内で一番リーズナブルな価格を実現できているのもニコイチを利用する人の多さゆえに実現できているのでしょうか。

しかし、いくら27,000円といえども人によっては一度のその金額を支払うのは難しいという人もいるでしょう。

そんな人に向けてニコイチでは27,000円を2回の分割で払うことも可能となっており若い人にも優しい内容になっています。

退職代行を使うのは、正社員ばかりじゃないからね。

アルバイトやパートの人だって辞める事を伝えにくかったりする事もあるよね。

学生や主婦のアルバイトやパートの人にとっては、一度に27,000円を

払うより分割のほうが払いやすいよね!!

退職代行「Jobs」は弁護士監修の退職代行×労働組合という組み合わせのため、しっかりと安心して依頼ができる代行サービスとして人気の業者です。

しかもお値段は、ニコイチ同様に最もリーズナブルな27,000円!!更に審査さえ通れば金額は後払いでもOKとなっており、もちろん退職できなかった場合の返金制度もあります。

また、このJobsでも今まで退職できなかった事例は1件も存在しておらず、ホームページ上でも

このような文言が使われているので、安心して申し込めますね。

そして、このJobsが代行サービスの中でも特に人気を博している理由として、退職後の転職活動も無料の求人紹介サービスを使ってフォローしてくれるという所です。

ほとんどの人にとって、会社の退職と転職活動はセットで行われますので、これは嬉しい!!

実際に退職代行を使った体験談

僕も退職代行を使って、パワハラのひどいブラック企業を辞めたことがあります。

普段のひどいパワハラに加えて、退職したいと言っても何ヶ月も退職時期を先延ばしにされたり、退職届を破って捨てられたりしました。その結果として僕はうつ病になってしまい家族のすすめもあり退職代行を使って辞めました。

実際に使ってみた感想としては、会社を辞めるということに数ヶ月も悩んでいたのが嘘のように、申し込みをしてから2〜3日で退職することができましたし、申込後には会社の人と連絡をとることは一度もありませんでしたので、もっと早く使えばよかったと後悔しました。

新人でもベテランでも退職代行を使って辞めることが可能

新入社員で入社したばかりだけど、確実に自分の性格とあっていないから辞めたい。でも上司に言いにくいという人もいるでしょう。

退職代行は新人でも問題なく辞めることが可能です。

また反対に、何年も会社に勤めてきたベテラン社員で、役職がついていたとしても退職代行を使うことは問題ありません。

実際に僕が退職代行を使ったときも、課長という役職で働いていましたが問題なく、すんなりと辞めることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました