↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

退職理由は嘘をつけ!上司に伝える効果的な6つの退職例文とは?

転職
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

会社をいざ辞めようとしたときに、絶対に上司から聞かれるのが「退職理由」ですよね。

もしかして退職を考えているみなさんは、そんなときに会社を辞める理由を正直に答えようとしていませんか?

僕は過去10年の間に5回の転職を経験しています。30代前半の転職平均回数が2〜3回と言われているので、平均よりも多くの退職を経験しているのは間違い有りません。

そんな退職上級者?である僕から言うと、会社との退職交渉では本音を話すべきではないという事。

本音を話すよりも嘘をついたほうが圧倒的に楽に辞めれるのを知っていますか?

がばちょ
がばちょ

会社との退職交渉で、思わず本音を話してしまうと、話がこじれてしまったり

退職時期をズルズルと伸ばされたりすることがあるよ。

今回は、僕の過去の事例も交えて、退職理由で嘘をついたほうがいい理由と、実際の回答例を説明していきましょう。

この記事は

  • これから上司に退職の相談をする予定の人
  • 退職理由を何にするか決めれない人
  • 退職理由を決めたりするのが面倒くさい人

にむけて書いています。

スポンサーリンク

退職理由は嘘をつけ! 大事なのは真実ではなく、相手が納得するかどうか

Suitcase, Girl, Leaving, Child, Person, Happy, Calm

先に結論をお伝えすると、退職理由を説明する上で大切なことは真実では有りません

大切なのは以下の3点のうちのどれかに該当しているかどうかです。

  1. 退職理由に納得できるか
  2. 仕方がない退職理由だと思ってもらえるか
  3. 相手に突っ込む余地がない場合

この3点全てを満たしている必要はなく、ひとつでも当てはまれば大丈夫。

つまり大切なのは、上司が納得できる理由を用意できるかにかかっています。

退職理由でウソを付く場合は後からほころびが出ない用に入念な設定を考えてから挑みましょう。

もしも、会社への不満が理由で退職すると伝えてしまうと・・・

先に話をしておきたいのは、退職理由を説明するときに正直に答えてしまうとどうなるかという事。

会社を辞める時って、ほとんどの人が会社に不満があるから辞めるわけですよね。

以前の記事でもブラック企業の特徴をまとめましたけど、ブラック企業よりの会社ならばそれこそ不満は山のように有るでしょう。

  • 労働時間と給料がみあっていない
  • 会社の人間関係で悩んでいる
  • 会社の体質が嫌だ
  • 営業職や、事務職はやりたくない…etc

ほとんどの人が、こういった理由で今の仕事を辞めたいと思っているでしょう。

では退職交渉の際に、これらの理由を伝えた際に会社がどういった行動に出てくるかというと

  • それは、みんな我慢して働いてるんだから、もうちょっと我慢してみない?
  • そんな後ろ向きな考えでの退職しても失敗する!
  • 配置換えをするから退職を考え直せ!
  • 昇進や、手当を充実させるから考え直せ!…etc

このように、会社の不満点を指摘されたことによって、逆ギレをされて退職交渉がこじれてしまったり、不満に思っている所を改善するから、退職しないでねと退職留意をされる事があります。

しかし、その甘い言葉をうのみにして退職意思をひるがえしてみても、結局は何の改善もされなかったり、今すぐは無理だから時期を見て改善するよとウヤムヤにされて、そんな話はなかったことにされることがほとんどです。

まして、退職したいと会社に一度でも伝えると、あなたの評価は『会社を辞めようとした人間』となり、今まで文句も言わずに働いていた人よりも、昇進しにくくなったり、重要な仕事を任せられなくなります。

一度退職を切り出した人間は、結局はいつ辞めるかわからないと会社は考えてしまいます。

なので、会社に不満があって退職する場合でも、真実を伝えるのではなく、相手が納得できる理由であったり、仕方ないと思われる理由、会社側から反論されない理由を用意しておく必要があるのです。

では、具体的な例文とともに、どのように回答すればいいかを見ていきましょう。

退職理由は嘘をつけ! 実際に使える退職理由

過去に僕が使ったことのある退職理由や、周囲でうまく辞めていった人が使っていた退職理由と、その解説をしていきましょう。

前向きな退職理由にしたい時

Box, Sport, Men, Training, Male, People, Person, Boxer

新たな分野の仕事をしたいという、チャレンジ精神のあふれる内容

前向きな退職理由 例文その1

今の仕事も、全力でとりくんできましたが、昔から趣味であった○○業界で仕事をしたいという思いが、日に日に強くなってきました。

趣味を仕事にと言うと、考えが甘いと言われるかもしれませんが、それでも自分が好きな○○業界でチャレンジしたいという思いを叶えたいと思っています。

今の会社で経験させてもらっている仕事内容は、どこの会社でも通用するものだと思っています。

新しい業界にチャレンジして、自分の可能性を試したいので退職させてもらえないでしょうか。

これは、僕が実際に過去に使ったことのある退職理由です。同じ社内の人が、自分の趣味を把握している場合は、より効果的に使えます。○○の部分は自分の趣味におきかえましょう。

この分のポイントは、以下のとおりです。

  • 今の仕事も全力でとりくんできたという、現職への配慮
  • 趣味を仕事にと言うと〜という所で、自分の考えは甘いかもしれないという自己批判することで、批判があるのは承知していると先手をうつ
  • 「チャレンジ」という単語を使うことで、自分の考えへの批判をしにくくする

これを使う時は、もちろん今とは違う業界で、絶対に今の仕事ではできないものを挙げる必要があります。

そして、これは何も違う会社に転職しますという際にだけ使えるものではありません。要は前向きな理由であればいいので、例えば自分で会社を興して起業したいというときにでも使えます。

前向きな退職理由 例文その2

今までの営業職の経験を生かして、自分で独立をして起業したいと思っています。

現職では営業職だったので、今まで培ったセールストークや忍耐を武器に、○○の分野で自分で会社をしたいと思っています。

〇〇社長や、○○部長が、日々業務にあたっておられる姿を見る中で、社長業や管理職の大変さは理解していますが、それでも自分もチャレンジしてみたいという思いが強くなってきました。

そんな思いで日々を過ごす中で、先日昔からの知人より共同で会社を興さないかという話をいただきました。

個人的にはチャレンジするならば、一度の人生なので思い立ったタイミングを大切にしたいと思い、退職をさせていただきたいです。

例文その1は、新しい業界でチャレンジしたいので別会社に転職したいという内容で、比較的若い年齢向けの内容です。(20代〜30代前半)

ですが、今回あげた例文その2は自分で会社をおこすという内容です。この内容だとある程度の社会経験をつんだうえでの、決断なので30代後半〜40代・50代でも使うことができます。

この例文のポイントは以下のとおりです。

  • 今の会社での経験を生かして、より大きなチャレンジをしたい
  • 社長や上司の姿をみて、刺激をもらったという現職の会社の上役を褒める内容
  • あなただけの問題ではなく知人と運命共同体という事で、上司側は説得しづらくなる(あなたを説得すれば、第三者の人生まで狂わせる可能性がでてきてしまい、そういった責任を上司は負いたくない)
  • 『一度の人生』という単語を使うことで、個人の意思を尊重しようと思わせる事ができる

この例文を使う時の注意点は、在籍している会社と同じ業界・業種で起業しようと思うと伝えると、会社によっては、ライバルがあらわれることになるので、認めないと言われてしまう可能性があることです。

そういった事が懸念される場合は、今の会社と業界は違うが、今の職種(営業職や事務職)を生かせる内容であると伝えましょう。

がばちょ
がばちょ

自分が営業職の場合は、一緒に会社を興す知人は長年、事務職や経理をやってきた人間で、しかもチャレンジするその業界で長年働いてきたプロフェッショナルだと伝えるのも効果的。

要は、今の会社と違う業界で起業するので、今までお世話になった会社に『恩を仇で返す』ような事はしませんよというアピールを忘れないようにしようね。

仕方がないと思われる退職理由

つづいて仕方がないと思ってもらえる退職理由は、いくつかのパターンにわけることができます。

仕方がないと思われる退職理由 例文その1

急な話で申し訳有りませんが、実家の家業を継いで欲しいと言われています。

入社当時は、私が家業を継ぐという話はなかったのですが、父親も高齢になってきたことも有り、父親のなかで心変わりがあったのか、継いでほしいという事になりました。

私個人としては、現在の仕事にも慣れてきてやりがいを感じてきた所なので、辞めたくないという気持ちではいるのですが、家庭の事情ということも有り、家族とも話し合った結果家業を継ぐことになりました。

大変急な話で、相談もできず申し訳有りませんでしたが、退職させてもらえないでしょうか。

実家の家業を継ぐから辞めるという方法ですね。

  • 家庭内の事ということで、会社側は強く言えない
  • 入社当時は、そういった話は出ていなかったという事で自分の考えではないと印象づける
  • 現在の仕事にも慣れてきて、やりがいを感じているとアピールすることで、本心は辞めたくないと思わせる

ポイントは以上の3点です。

そして、この例文のいい所は実家が家業をしていなくても、応用さえすれば誰でも使えるということです。

実際に、実家は何の家業もしていなくて、その事を上司も知っている場合はどのようにすればいいかと言うと

仕方がないと思われる退職理由 例文その1 応用編

急な話で申し訳有りません。

実は〇〇(兄弟・母方の祖父・配偶者の実家など)の“家業を継ぐ”or“一緒に仕事をして欲しい”と言われています。

私が入社当時は、そういった話は一切出ていなかったのですが“跡継ぎがおらず”or“事業が好調で新しい人が欲しい”ので一緒に働いて欲しいと言われています。

私個人としては、現在の仕事にも慣れてきてやりがいを感じてきた所なので、辞めたくないという気持ちなのですが、家庭の事情ということも有り、家族とも話し合った結果家業を継ぐことになりました。

大変急な話で、相談もできず申し訳有りませんでしたが、退職させてもらえないでしょうか。

このように、自分の実家が家業をしているという必要は必ずしもありません。

会社には自分の親や兄弟がどういう仕事をしているかを話すことはあっても、配偶者の実家、母方の実家が何をしているかを話している人は少ないでしょう。

非常に近い親族から継いでくれないか、仕事を一緒にしてくれないかと言われているならば、会社側としては家庭内の問題なので入り込みにくくなります。

さらに、もうひとつのパターンを紹介しましょう。

仕方がないと思われる退職理由 例文その2

実は、実家の祖父母・父母が高齢になり介護が必要な状態になりました。

私としては現職のままで何とか現職の介護も両立させたいと思っていたのですが、時間的な理由から通勤時間のかからない、地元で仕事をしてほしいという家族の説得も有りました。

中途半端な状態で、今の仕事を投げ出してしまうのは心苦しいのですが、家族の事はやはり大切に思っており、できることはやりたいと思っているので退職させてもらえないでしょうか。

これは、割とたくさんの人が実際に使うパターンです。この例文のポイントは以下の通り!

  • 親族の介護と伝えると相手は何も言えなくなる
  • 通勤時間が長かったり、残業が多い仕事の場合はより効果的
  • 現在の仕事を中途半端で投げ出すのが心苦しいと伝えることで、本心は辞めたくなくて仕方がないんだなと思わせる

僕も今まで介護を理由に辞めていった同僚を何人も見てきました。そしてその全てが介護を理由にされると、会社や上司は無理に引き止めることができません。

親の介護なんて会社にとってはどうでもいい!なんて仮に上司は思っていたとしても口が裂けても言えませんから。

突っ込む余地のない退職理由

Doctor, Medical, Medicine, Health, Stetoscope

もしも、あなたが仕事によるストレスを実際に感じていて、体調に異変がでていると感じる場合は病院で診断書をもらってきましょう。

その診断書をもとにした退職理由の場合は相手は突っ込む余地がありません。

突っ込む余地のない退職理由 例文その1

数ヶ月前より体調に異変を感じており、この度病院を受診した結果、○○と診断されました。

私自身としては仕事を続けたいのですが、仕事のプレッシャーによっては更に症状が悪化することもあると言われました。

そういう事もあり休職という選択も考えたのですが、また再発する可能性もあり家族とも相談した結果、退職して環境を変えたいと思っています。

申し訳有りませんが、退職させてもらえないでしょうか。

病気を理由に退職したいと言われると、相手は突っ込む余地がありません。

病気の理由を深く聞いてしまい、万が一パワハラやセクハラによるストレスだと言われてしまうと余計に話が大きくなってしまいます。

  • 仕事のプレッシャーという言葉を使い、何が原因かの明言をさける
  • 更に症状が悪化する可能性があると伝える
  • 休職も考えたが、再発の恐れがあり環境ごと変えたい

こういった話の組み立てをしていけばいいのではないでしょうか。

もし仮に、何が原因で病気になったんだと聞かれた場合は、誰々のせいと言うのではなく、原因はひとつではないと思うのでわからない。仕事内容全体的に自分にはプレッシャーに感じてしまいます等と濁すようにしましょう。

しかし、この方法は実際に体に異変が出ていて医師にしっかりとした診察をしてもらう必要があります。医師に嘘をついて、診断書を作成してもらうような行為はやめましょう。

そもそも上司に退職の報告をする勇気が出ない…という方は

退職理由の例文をご紹介してきましたが、人によっては上司に退職の報告をする勇気がどうしてもでてこないという人もいるでしょう。

僕自信も、過去に5回の転職をしてきています。ということは4回の退職、上司への報告をしてきているわけです。

それほど回数を重ねても、「会社をやめます」と上司に報告するときは心臓がバクバクで物凄い緊張感におそわれます。

緊張で上司に言い出す勇気がないという方や、パワハラ気味の上司で退職を伝えるのが怖いというような方には「退職代行」を使うことがオススメです。

退職代行を使うことを批判的な方もいるでしょう。

しかし、退職・転職という人生の大切なターニングポイントをむかえるにあたって、最大の障壁は『会社からの退職の許可をもらうこと』です。

これをもらうことが出来なかったり、なかなか言い出す勇気がないという場合には退職代行というのは選択肢としては十分有益です。

実際に僕も退職代行で1度会社をやめた経験がありますので、オススメの退職代行サービスを数社ご紹介します。

オススメ退職代行

退職代行を選ぶ基準は“弁護士が関わっている”ところを選ぶことです。

弁護士資格のない退職代行業者では、会社側との交渉などを行うことが出来ませんし、トラブルに発展した場合に適正な対応をとることが難しい事もあります。

おすすめの退職代行業者をピックアップしました。

今から紹介する6つの退職代行業者、どこを選んでも、確実にあなたが望むように辞めることができるという実績のところばかりです。

詳細や申込みは各バナーをタッチすればOK!!

6個の中からでも選べないというあなたに、オススメなのは近年の退職代行業界でNo1の顧客満足度を誇る『退職代行Jobs』です。

退職代行Jobsのオススメポイントとは

退職代行「Jobs」は弁護士監修の退職代行×労働組合という組み合わせのため、しっかりと安心して依頼ができる代行サービスとして人気の業者です。

しかもお値段は、リーズナブルな29,000円!!更に審査さえ通れば金額は後払いでもOKとなっており、もちろん退職できなかった場合の返金制度もあります。

また、このJobsでも今まで退職できなかった事例は1件も存在しておらず、ホームページ上でも

 

このような文言が使われているので、安心して申し込めます。

そして、このJobsが代行サービスの中でも特に人気を博している理由として、退職後の転職活動も、無料の求人紹介サービスを使ってフォローしてくれるという所です。

ほとんどの人にとって、会社の退職と転職活動はセットで行われますので、これは嬉しい!!

 

顧客満足度No1のJobsへの申込みや詳細の確認は上記バナーから!!

その他5社のオススメ退職代行業者



こちらの退職代行サービス「NEXT」は、テレビでもとりあげられているのでご存じの方もいるのではないでしょうか。

かかる費用も30,000円〜とリーズナブルで電話での受付はもちろんのこと、LINEを使い24時間相談が可能です。もちろん残業代の未払いなどの問題も相談可能!!

しかも、退職できなかった場合は費用が返金される制度があります。この制度があるというのは「NEXT」の自信のあらわれです。

実際に今まで「NEXT」では、退職できなかったという事案は1件もありません。

こちらの「退職110番」は、かかる費用は、43,800円と「NEXT」よりも少し高いですが、正社員・パート・アルバイト一律の金額になっております。

またセクハラやパワハラでの精神的な損害の賠償の相談にも応じてくれます

こちらの会社も退職できなかった場合は全額返金を保証してくれています。



こちらの「ガーディアン」は弁護士資格は有りませんが、労働組合法に基づき東京都労働委員会に認証されている法人格を有する法適合組合が運営するサービスなので、弁護士と同様に会社側と交渉を行うことができます。

朝日新聞や、財経新聞などの多くのメディアにも掲載実績のある会社です。

かかる費用も、正社員・パート・アルバイト一律で29,800円と、低価格で追加の費用がかかることもありません。

こちらの「わたしNEXT」は女性限定の退職代行サービスです。

弁護士資格は有りませんが、上のガーディアンと同じく労働組合が実施しているサービスなので安心して使うことができます。

女性に特化したサービスを展開しているのと、“ヤメホー(サブスク退職)”というプランが用意されています。

月額3,300円を12ヶ月間払うだけで、年間で2回まで退職代行サービスを利用することができるという画期的なプランです。

12ヶ月間で2回も退職代行を使うなんて…と思う方もいるかも知れませんが、そもそも自分が働いている業界事態がパワハラ気質な場合や、ブラック企業の割合が多い業界で働いていたり、色んな会社で経験を積んで自分のスキルアップをしたいけど、退職交渉は面倒…という人にピッタリです。

3,300円×12ヶ月間=39,600円

この39,600円は他の退職代行サービスの1回分の相場と同じです。この値段で2回退職代行サービスを使える『わたしNEXT』の“ヤメホー”はお得!!

弁護士監修のもとで退職代行サービスを16年前から行っている業界一の老舗の代行業者が「ニコイチ」です。

創業16年間でニコイチを使って退職できなかった人は一人もいません。

老舗ながら、利用料金は27,000円と業界内で一番リーズナブルな価格を実現できているのもニコイチを利用する人の多さゆえに実現できているのでしょうか。

しかし、いくら27,000円といえども人によっては一度のその金額を支払うのは難しいという人もいるでしょう。

そんな人に向けてニコイチでは27,000円を2回の分割で払うことも可能となっており若い人にも優しい内容になっています。

 

 

退職代行を使うのは、正社員ばかりじゃないからね。

アルバイトやパートの人だって辞める事を伝えにくかったりする事もあるよね。

学生や主婦のアルバイトやパートの人にとっては、一度に27,000円を

払うより分割のほうが払いやすいよね!!

まとめ 会社との付き合いは嘘も方便

いかがだったでしょうか。今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • 退職理由を伝える時は本音を言わない
  • 相手を納得させる退職理由なら何でもOK
  • 明らかに嘘だと思われても、バレなければ嘘じゃない
  • どうしても言い出せないときや、理由が浮かばないときは退職代行も視野に入れる

退職理由で本音を言う必要なんて、全く有りません。嘘で塗り固めた建前を述べるほうが圧倒的に退職交渉はうまくいきます。

上司も「この理由は嘘だな…」と薄々感づいたとしても、話が納得できる理由であるならばなにか言ってくることは少ないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました