↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

退職代行はクズ? 体験談 ありえないと言われながらも使ってみた

転職
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

当ブログでは最近、退職代行サービスの記事をご紹介しています。そこで退職代行についてネット上で調べていると

  • 退職代行を使うやつはクズ
  • 退職代行なんて社会人としてありえない
  • 周囲の迷惑を考えていない
  • そんな奴は次の転職もうまくいかない

という意見が目に入ることがあります。

でも、あなたが一回でもブラック企業で働いたことがあったり、退職交渉で上司からの恫喝や悪質な引き伸ばしにあった事があるならば退職代行サービスを使う気持ちが理解できるでしょうし、自分も使ってみたいと思うでしょう。

今回は実際に退職代行を使って退職してみた結果をもって、これらの否定的意見を考えていきましょう。

この記事は

  • 退職代行の体験談を聞いてみたい人
  • 退職代行を使うことに迷いがある人
  • オススメの退職代行業者を知りたい人

にむけて書いています。

スポンサーリンク

退職代行はクズ? ありえないと言われながらも使ってみた結果

先に結論から言うと、もちろん退職代行サービスを使うことはクズではありませんし、ありえないと非難されるようなものではありません。

というか、本当は退職代行を使うところまで社員を追い込んでいる会社がクズでありえないです。

まず僕を含めて退職代行を使った人というのは多少なりとも罪悪感を感じています。普通の感覚なら罪悪感を感じるでしょう。

もし罪悪感が全くなければわざわざ退職代行なんて使わずにバックレます

なので退職代行を使って退職の手続きを取ろうとするのは、むしろ責任感からくる行動とも言えます。

退職代行を使うか社員に悩ませてしまっているならば、明らかに会社が悪いです。

法律で守られている職業選択の自由をはばんで、退職くらいで悩ませてしまっている『会社の姿勢』がおかしいということですね。

がばちょ
がばちょ

本来は仕事を辞めるのに、会社の許可なんて必要ないんだよ。

それなのに退職させなかったり、時期を先延ばしにするように言ってくる時点で

ブラック企業だよ。

では、話に入る前に今回僕が使った退職代行サービスを先にご紹介します。

退職代行『NEXT』



ここの退職代行サービス「NEXT」を使って僕は退職しました。

ここを選んだ決定的な理由は4つ

  1. 弁護士がしている退職代行サービスなので、会社と交渉もできる
  2. 弁護士の退職代行の中では破格の安さ
  3. 『NEXT』を使って退職できなかった事例は1件もない
  4. 仮に退職できなかった場合は全額返金してもらえる

かかる費用も30,000円と安く済みますし、別途費用を払えば未払いの給料や残業代、パワハラ・セクハラの慰謝料の請求も可能なのもいい所です。

僕は一刻も早く辞めて会社と縁を切りたかったので、サービス残業はしまくってましたが、それらの請求はしてません。

申込みや相談は電話だけではなく、全てメールやLINEで済ますことができます。実際に相談してから辞めるまでは3日で完了しました

で、即日退社ということで、それ以降一切会社と連絡を取ることなく完璧に辞めることができています。

超絶ブラック企業で上司からのパワハラも凄い会社なので、報復や家まで来られたりするかもとビクビクしていたんですが、そういった事も起こりませんでした。(退職代行を使ってから一度だけ携帯がなりましたけど、無視してます。)

退職代行の『NEXT』は弁護士が行っているサービスなので、弁護士が法にのっとって僕の退職を代行して会社に伝えてくれます。

ということは会社側は弁護士相手に法律を無視したことなんてできません。

なので僕に直接連絡もできないですし、まして実家に連絡なんて出来なくなっています。そういった行為はしないように代行サービスの方から会社に言ってくれます。

つまり、全ての退職の交渉が業者と会社の間で行われました(会社側は渋々ですが)ので、自分の身には何も起きずに無事に辞めれます。

退職代行サービスのNEXT

↑↑申込みはこちらからホームページにとべますよ↑↑

退職代行を使ったことが、親にばれないかとか家族にばれないか心配な方がいると思いますが、そういったことは、まず起こらないです。(そこのところは以前の記事でまとめているので、そちらを確認してみてください。)

退職代行を使うことを批判する人が一定数いる理由

退職代行を使うことを否定する人って必ずいます。

退職代行なんて使わずに、自分でちゃんと交渉しろよ。

そんなもの使われたら引き継ぎもできないし、こっちの身にもなってくれよ。

まぁ、こういう意見がほとんどでしょう。

ようは自分で退職の交渉をしないのが、気に食わない。引き継ぎ無しでやめられたら残る社員としては業務に支障がでるだろうという批判が一番多いでしょう。

もしかしたら、こういった意見が気になって退職代行を使うのを尻込みしている人もいるかもしれません。

でもこれらの批判もなんて一つも気にする必要がありません

自分で退職の交渉くらいしろ

退職届02 | フリー素材ドットコム

自分で退職の交渉をしろという意見は割と多く聞かれる声ですね。

でも、実は退職代行を使う側も本当は退職代行なんて使わずに辞められるならば辞めたいという気持ちは持っています。

数万円の出費はかかるわけですから、そういったものを払わずに済むなら払わないにこしたことがありません。

それでも、なぜ退職代行を使う人が後をたたないかというと

それは、自分の会社がすんなり辞めさせてくれないのがわかっているからです。

退職代行を使われるという時点で、その会社の体質が異常だから使われるのです。

  • 普段から上司のパワハラに悩んでいる
  • 過去に辞めていった人たちが、退職を理由に冷遇されていた
  • 退職時期をズルズルと先延ばしにされるのがわかっている
  • 上司の性格からして辞めると言ったら恫喝されているのが目に見えている…etc

本来ならば法律で保障されている、職業選択の自由の権利を会社に邪魔をされる。

自分の新しい人生のスタートをきりたいだけなのに、退職交渉で多大なストレスになるのがわかっている場合は、退職代行を使うことに迷う必要はありません

退職交渉くらい自分でしろと言う人達は、あなたほど上司のパワハラに悩んでいないし、すんなりと辞めさせてくれるホワイト企業で働いている、もしくは自分もブラック企業で働いていて辞めたいけどやめられないという人の妬み嫉みのたぐいでしょうか。

退職の交渉を自分でせずに、退職代行を使うのはあなたが悪いのではなく、会社や上司の普段の姿が悪いから退職代行を使われるんだと思っておきましょう。

がばちょ
がばちょ

退職代行を使うのは、なにも恥ずかしくないよ。

退職代行を使われる会社側が普段から恥ずかしい体質だということだよ。

引き継ぎせずにやめられたら会社がまわらない

もしかしたら、真面目な人ほど引き継ぎ無しで即日で退社することに負い目を感じるかもしれません。

引き継ぎをしなかったら業務に支障が出て迷惑をかけるんじゃないかと思うこともあるでしょう。

でも、そういった心配はいりません。

そもそも会社は退職代行だけでなく、交通事故や急な入院などで、社員が出社できなくなり連絡もつかないということを普段から想定しており、それに対応できるように組織づくりをしています。

『この処理の仕方は自分しかわからない』『ここの取引先は自分しかできない』と思っているかもしれませんが、あなたの前の前任者が処理の仕方を知っているかもしれませんし、取引先に聞けば処理の仕方がわかることもあります。

自分しか対応できないと思っている案件は、ほとんどの場合は引き継ぎなしで、あなた以外の誰でもOKということが多いです。

要するに、社員一人が急にいなくなったところで会社はきちんとまわるようになっています。そんなことで大ダメージを負うような会社はまずありません。

万に一つそういう会社があれば、それはそういった管理しかできていなかった会社側に問題があるだけで辞める側には何一つ問題は有りません。

上司はそもそも部下の退職に対して否定的

上司はそもそもが、部下の退職に対しては否定的な考えを持っていることがほとんどです。

部下が退職したいと上司に相談に行った場合の上司の本音は以下のようなものです。

部下から退職の相談があった時の上司の本音

  • 退職は自分に対する裏切りだ!
  • 不満はみんな抱いているんだから我慢しろ!
  • 育てるのに時間も費用もかかっているのに!
  • 辞められたら俺の評価も下がるだろ!
  • 辞めるなら嫌がらせをしてやる!
  • 後任は自分でみつけろよ!

もちろん社会人なので、建前としては露骨にこういう態度を取る人は少ないですが、普段ものすごく優しい上司でも心のなかでは、このように考えているかもしれません。

実際に株式会社調転社 退職代行マイスター編集部が行ったアンケートでは、年齢が上がればあがるほど退職代行について否定的な感情を抱いているということがわかりました。(株式会社調転社 退職代行マイスター編集部の該当記事はコチラ

つまり、30代より40代、40代より50代というように、年齢が上がれば上がるほど、退職=裏切りという考えを持っている人が多くなります。(つまりあなたの上司がもっている可能性が高くなる)

普通の退職でも裏切りだと考えている人にとっては、退職代行なんて一種のテロのように考えてしまうことでしょう。

しかし、これはどうしようも無いことです。

年配者ほど、退職という行為に対してネガティブな思考を持っているものと割り切って考えて、上司の考えは無視しておくのがいいでしょう。

ホワイト企業は退職代行なんて使われません

ホワイト企業で働いていたら、辞めたいとも中々思わないでしょうし、仮に辞める人がいてもすんなりと送り出してくれるので退職代行なんて使われることはないでしょう。

つまり退職代行サービスを批判しているのは、退職代行サービスの被害を常にうけるブラック企業と、ブラック企業で働きすぎてブラック企業精神が染み付いてしまっている人たちだけです。

なぜそういった人たちが即日退社の退職代行サービスを批判をするかと言うと

  • 今までなら恫喝や甘い言葉で退職をひるがえせていたのに、それができなくなる
  • 有給消化を使わせずに最後までこき使えなくなる
  • ブラック企業で麻痺している他の社員の感覚が正常に戻ってしまうと厄介

こういった、今までは平然と行ってきた非常識な振る舞いを社員にできなくなってしまうので、退職代行を批判せざるをえなくなっています。

退職代行を使うなら、弁護士が関わるサービスを利用する

退職代行サービスを使う際は、必ず弁護士資格のあるところや会社との交渉が可能な労働組合が運営しているところを使わようにしましょう。

退職代行サービスのNEXT【supported by 豊楽法律事務所】

おすすめは、僕が使った『NEXT』です。上のバナーをクリックで詳細を詳しく見ることができますよ。

それ以外でもいくつかの候補を書いておきます。

こちらの「退職110番」は、かかる費用は、43,800円と「NEXT」よりも少し高いですが、正社員・パート・アルバイト一律の金額になっております。

またセクハラやパワハラでの精神的な損害の賠償の相談にも応じてくれます

こちらの会社も退職できなかった場合は全額返金を保証してくれています。



こちらの「ガーディアン」は弁護士資格は有りませんが、労働組合法に基づき東京都労働委員会に認証されている法人格を有する法適合組合が運営するサービスなので、弁護士と同様に会社側と交渉を行うことができます。

朝日新聞や、財経新聞などの多くのメディアにも掲載実績のある会社です。

かかる費用も、正社員・パート・アルバイト一律で29,800円と、低価格で追加の費用がかかることもありません。

こちらの「わたしNEXT」は女性限定の退職代行サービスです。

弁護士資格は有りませんが、上のガーディアンと同じく労働組合が実施しているサービスなので安心して使うことができます。

女性に特化したサービスを展開しているのと、“ヤメホー(サブスク退職)”というプランが用意されています。

月額3,300円を12ヶ月間払うだけで、年間で2回まで退職代行サービスを利用することができるという画期的なプランです。

12ヶ月間で2回も退職代行を使うなんて…と思う方もいるかも知れませんが、そもそも自分が働いている業界事態がパワハラ気質な場合や、ブラック企業の割合が多い業界で働いていたり、色んな会社で経験を積んで自分のスキルアップをしたいけど、退職交渉は面倒…という人にピッタリです。

3,300円×12ヶ月間=39,600円

この39,600円は他の退職代行サービスの1回分の相場と同じです。この値段で2回退職代行サービスを使える『わたしNEXT』の“ヤメホー”はお得!!

弁護士監修のもとで退職代行サービスを16年前から行っている業界一の老舗の代行業者が「ニコイチ」です。

創業16年間でニコイチを使って退職できなかった人は一人もいません。

老舗ながら、利用料金は27,000円と業界内で一番リーズナブルな価格を実現できているのもニコイチを利用する人の多さゆえに実現できているのでしょうか。

しかし、いくら27,000円といえども人によっては一度のその金額を支払うのは難しいという人もいるでしょう。

そんな人に向けてニコイチでは27,000円を2回の分割で払うことも可能となっており若い人にも優しい内容になっています。

退職代行を使うのは、正社員ばかりじゃないからね。

アルバイトやパートの人だって辞める事を伝えにくかったりする事もあるよね。

学生や主婦のアルバイトやパートの人にとっては、一度に27,000円を

払うより分割のほうが払いやすいよね!!

退職代行「Jobs」は弁護士監修の退職代行×労働組合という組み合わせのため、しっかりと安心して依頼ができる代行サービスとして人気の業者です。

しかもお値段は、ニコイチ同様に最もリーズナブルな27,000円!!更に審査さえ通れば金額は後払いでもOKとなっており、もちろん退職できなかった場合の返金制度もあります。

また、このJobsでも今まで退職できなかった事例は1件も存在しておらず、ホームページ上でも

このような文言が使われているので、安心して申し込めますね。

そして、このJobsが代行サービスの中でも特に人気を博している理由として、退職後の転職活動も、無料の求人紹介サービスを使ってフォローしてくれるという所です。

ほとんどの人にとって、会社の退職と転職活動はセットで行われますので、これは嬉しい!!

まとめ 

いかがだったでしょうか。今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 退職代行は使う方よりも使われる方が悪い(ブラック企業)
  • 批判する人は、あなたのようにツライ境遇にない温室育ちの人
  • ブラック企業がはびこる現代では退職代行を使ってすぐに辞めたほうが賢い選択
  • 実際に使ってみたら、悩んでいたのが嘘みたいにすんなりと辞めれる

退職代行を使うことなんて、これっぽっちも後ろめたい気持ちになることは有りませんよ。びっくりするくらい簡単に会社と縁が切れるので、ぜひ一度試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました