↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

上司からのパワハラ 鬱病になる前に退職代行を使おう!

ブラック企業
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

僕は過去10年で5回の転職をしていますが、パワハラが引き金となりうつ病を発症して退職をしたことがあります。

今では、うつ病の症状も落ち着きましたが、発症中は本当に辛い毎日を過ごし『心がおかしくなっている』という実感と共に様々な症状に悩まされていました。

それもこれも、上司によるパワハラのせいと思っています。

もし、今あなたが理不尽なパワハラに悩んでいるならば、僕のようにうつ病になってしまう前に“逃げ出す”ことを僕は強くオススメしています。

今回は、「これってパワハラじゃないの?」と悩んでいるあなたや、自分の指導方法がパワハラだと言われないか心配しているというあなたに、パワハラの定義やパワハラから逃げ出す方法をご紹介します。

この記事は

  • パワハラで悩んでいる
  • 自分の部下に対する指導方法がパワハラではないかと悩んでいる
  • 精神的に会社に行くのがきつくなってきた
  • 嫌な職場から逃げ出したいと思っている人

にむけて書いています。

スポンサーリンク

上司からのパワハラ うつ病になる前に退職代行を使おう!

結論から言うと、パワハラから逃れる方法は“会社を辞める”です。

もしも、あなたが社員数の多い会社で働いており配置換えや転勤という道がある職場ならば、そういった選択も可能でしょう。

しかし国内にある企業は99.7%が中小企業です。(中小企業の定義は中小企業庁のHPより抜粋しています)

出典:https://www.chusho.meti.go.jp/soshiki/teigi.html

こういった中小企業では、配置換えなんてそもそもが不可能だったり、配置換えされても結局は嫌な上司と社内で毎日顔をあわせなければならないという事になります。

そういった環境で毎日働いていると、最終的には『うつ病』となり、完全に社会復帰するまでに僕のように何年もかかることになってしまいます。

体験談から言うと、うつ病になっても会社は社員を守ってくれませんので、自分の身は自分で守るようにしましょう。

パワハラは3つの定義で6種類 指導とパワハラの境界線とは?

上司にこんな事をされた!ひどい!パワハラだ!!

と、あなたが思っていても世間一般的には部下に対する“指導”の範囲内であるということがあります。

何をもってパワハラとするかの基準は非常に曖昧ですが、2019年に発表されたパワハラ防止法であるをみると、パワハラの定義は3種類に分類されます。

パワハラの3定義

パワハラの定義を簡単にまとめると『地位や自身の立場の優位性を利用して、苦痛を与えて職場環境を悪化させる』ことになります。

  1. 自身の地位・優位性のある立場を利用している
  2. 適正な業務の範囲を超えた指示・命令をしている
  3. 相手に精神的苦痛を与えたり、職場環境を害する行為

では、これについて詳しくみていくとしましょう。

自身の地位・優位性のある立場を利用している

例えば上司の立場を利用して命令し、『断ることができない』『断れば評価が悪くなる』というような圧力を本人が感じているのならばパワハラと認定されてしまいます。

適正な業務の範囲を超えた指示・命令をしている

業務の範囲を超えた命令や指示はパワハラになります。

ということは多少言葉遣いが悪くても、それが適正な業務の範囲内ならばパワハラとは言えませんが、業務の範囲を超えた命令(金銭の貸し借りの強要や、ミスをしたことで土下座を強要するなど)はパワハラとなります。

相手に精神的苦痛を与えたり、職場環境を害する行為

世間で起きているパワハラ案件で一番多いのが、おそらくこのパターンでしょう。

相手の人権や尊厳を傷つけるような発言は、精神的苦痛を相手に与えることになります。

  • 辞めてしまえ!
  • 死ね!
  • お前がいるからみんな迷惑している!
  • この会社の癌はお前だ!

こういった発言はアウトです。

なにかの拍子にこのような言葉が出ることは100歩ゆずってあるかもしれませんが、これらの発言を継続的に言われているならば、言われている方の精神的苦痛は計り知れないものですし、職場の環境を悪化させているのは、言われている側よりも言っている側ですね。

パワハラをする人は気が弱い人

こちらの記事でも書いていますが、パワハラ加害者って実は自分が傷つたくない、自分の地位を守りたいという心理でパワハラを行っています。

パワハラは6種類にわけられる 具体的事例をみてみよう

で、この3つの定義をもとにすると、6種類のパワハラがあると言われています。

身体的な攻撃

まずは、物理的に攻撃を加える行為です。

  • 殴る・蹴る・突き飛ばす
  • 机を蹴ったり、殴りながら大声を出す
  • 立ったまま電話をさせる
  • 酒を強要する…etc

こういった事案は、パワハラ問題にもあたりますが、場合によっては傷害事件にあたる可能性もありますので、そういった事が日常的に起きている場合は、すぐに会社を辞めてしまうか場合によっては警察に相談をしましょう。

がばちょ
がばちょ

こういった行為はエスカレートしやすくて、結果として大きな事件に発展することがあるよ。

パワハラという言葉だと、マイルドに感じる人もいるかもしれないけど傷害事件だよ!

精神的な攻撃

目には見えない言葉の暴力は、時として身体的なダメージよりも相手を深く傷つける事になります。

  • どんだけ馬鹿なんだ
  • こんな事もできないのか
  • お前には期待していない
  • 給料泥棒…etc

言葉の暴力は、単語が無数にあるように例を出せばきりがありません。

肝心なところは名誉毀損・侮辱など相手の人格を否定するような発言かどうかです。

周囲の人間関係から隔離させる

上司の意にそわないからと言って、特定の社員を別室に隔離して一人で業務をさせたり、社員全員に無視を命じたりするということはパワハラです。

やっていることは小学生のイジメと同レベルの幼稚なものですが、やられている側は涙が出るほど惨めな気分になってしまいます。

過大な要求する

明らかに達成不可能なノルマの強要することで、毎日何時間もの残業をさせたりする場合は相手の職場環境を害している場合はパワハラになる場合があります。

また、未達成の場合には恫喝などの暴言をあびせたりするなど、他のパワハラ事例と併用されることも多いです。

毎日3時間〜4時間も残業しても達成できないノルマというのは社員の問題よりも会社や上司の経営上のミスである可能性が高いです。

過小な要求

過大な要求に反して、あまりにも過小な要求というのも同じです。

専門知識やスキルがあり、やる気もある社員に対して、簡単な事務作業や清掃の仕事しかさせないなどと、明らかに早く辞めろと言わんばかりの扱いは、本人のやる気を削ぎますし、精神的苦痛をあたえるパワハラになります。

個を侵害する

プライベートにズケズケと立ち入るのはパワハラです。

  • 思想や信条を理由に監視し、ロッカーなどを無断で点検する
  • 休みの日の過ごし方を強要する
  • 友人づきあいなどについて見直すように強要する

もしも、相手が異性の場合はパワハラとセクハラが併用される可能性があります。

パワハラを未然に防ぐ社内での対策

パワハラというのは、自分に理由がなくても被害に合う可能性を含んでいます。しかしながら、普段の社内での行動一つで被害に合う可能性を少なくすることはできます。

周囲とのコミュニケーションをとる

周囲から浮いてしまっている人はパワハラの対象になる可能性が高くなります。

普段から同僚とコミュニケーションをとることでパワハラを未然に防いだり、仮にパワハラになったとしても周囲が助けてくれたりすることもあります。

上司としても、周囲に溶け込んでいる人をパワハラの対象とすることは逆に自分の立場を危うくする可能性があるので、尻込みしてしまいます。

直属の上司以外の上役や、人事部と仲良くなっておく

パワハラというのは、直属の上司からされることが圧倒的に多いです。

そのために、自分の部署以外の上司や人事部と仲良くなっておくと仮にパワハラを受けた場合にも対応策を考えてくれる事があります。

できない事は断る

上司の命令を何でも『はいはい』と聞いていると、一つのミスがきっかけでパワハラの対象とされる事があります。

全ての命令に対して応じるのではなく、時には断ったり代替案を出せるようにしておきミスを起こす頻度を少なくしておきましょう。

対策してもパワハラがなくならない時は“辞めましょう”

色々と対策をしてもパワハラがなくならない時や、中小企業なので絶対に嫌な上司と毎日顔をあわせてしまう環境の場合は、キッパリと会社を辞めてしまいましょう

でも、辞めると言ってもパワハラ上司と退職の交渉をするのってものすごくストレスが掛かります。

もしかしたらすんなり辞めさせてくれないかもしれないし、辞めると言ったらさらなる暴言や暴力にあう可能性もあります。

実際に僕も、うつ病で辞めることをパワハラ上司に伝えた時は恫喝されて、退職届は破られて退職時期をどんどん先延ばしにされて、半年間も辞めさせてもらえなかった事がありました。

がばちょ
がばちょ

一番つらかったのは、会社側が僕の退職を認める条件として全社員の前で「精神的に弱いのでうつ病になりました。」と朝礼時に発表しろという謎の指令だったよ。

なので、パワハラに悩んで退職する場合は“退職代行”を使って即日退社することをオススメしています。

費用は30,000円〜50,000円ほどかかりますが、この値段でパワハラの恐怖から解放されて、スッパリと辞められるなら本当に安いです。

オススメの退職代行サービスは以下のところです。



こちらの退職代行サービス「NEXT」は、テレビでもとりあげられているのでご存じの方もいるのではないでしょうか。

かかる費用も30,000円〜とリーズナブルで電話での受付はもちろんのこと、LINEを使い24時間相談が可能です。もちろん残業代の未払いなどの問題も相談可能!!

しかも、退職できなかった場合は費用が返金される制度があります。この制度があるというのは「NEXT」の自信のあらわれです。

実際に今まで「NEXT」では、退職できなかったという事案は1件もありません。

こちらの「退職110番」は、かかる費用は、43,800円と「NEXT」よりも少し高いですが、正社員・パート・アルバイト一律の金額になっております。

またセクハラやパワハラでの精神的な損害の賠償の相談にも応じてくれます

こちらの会社も退職できなかった場合は全額返金を保証してくれています。



こちらの「ガーディアン」は弁護士資格は有りませんが、労働組合法に基づき東京都労働委員会に認証されている法人格を有する法適合組合が運営するサービスなので、弁護士と同様に会社側と交渉を行うことができます。

朝日新聞や、財経新聞などの多くのメディアにも掲載実績のある会社です。

かかる費用も、正社員・パート・アルバイト一律で29,800円と、低価格で追加の費用がかかることもありません。

こちらの「わたしNEXT」は女性限定の退職代行サービスです。

弁護士資格は有りませんが、上のガーディアンと同じく労働組合が実施しているサービスなので安心して使うことができます。

女性に特化したサービスを展開しているのと、“ヤメホー(サブスク退職)”というプランが用意されています。

月額3,300円を12ヶ月間払うだけで、年間で2回まで退職代行サービスを利用することができるという画期的なプランです。

12ヶ月間で2回も退職代行を使うなんて…と思う方もいるかも知れませんが、そもそも自分が働いている業界事態がパワハラ気質な場合や、ブラック企業の割合が多い業界で働いていたり、色んな会社で経験を積んで自分のスキルアップをしたいけど、退職交渉は面倒…という人にピッタリです。

3,300円×12ヶ月間=39,600円

この39,600円は他の退職代行サービスの1回分の相場と同じです。この値段で2回退職代行サービスを使える『わたしNEXT』の“ヤメホー”はお得!!

弁護士監修のもとで退職代行サービスを16年前から行っている業界一の老舗の代行業者が「ニコイチ」です。

創業16年間でニコイチを使って退職できなかった人は一人もいません。

老舗ながら、利用料金は27,000円と業界内で一番リーズナブルな価格を実現できているのもニコイチを利用する人の多さゆえに実現できているのでしょうか。

しかし、いくら27,000円といえども人によっては一度のその金額を支払うのは難しいという人もいるでしょう。

そんな人に向けてニコイチでは27,000円を2回の分割で払うことも可能となっており若い人にも優しい内容になっています。

退職代行を使うのは、正社員ばかりじゃないからね。

アルバイトやパートの人だって辞める事を伝えにくかったりする事もあるよね。

学生や主婦のアルバイトやパートの人にとっては、一度に27,000円を

払うより分割のほうが払いやすいよね!!

退職代行「Jobs」は弁護士監修の退職代行×労働組合という組み合わせのため、しっかりと安心して依頼ができる代行サービスとして人気の業者です。

しかもお値段は、ニコイチ同様に最もリーズナブルな27,000円!!更に審査さえ通れば金額は後払いでもOKとなっており、もちろん退職できなかった場合の返金制度もあります。

また、このJobsでも今まで退職できなかった事例は1件も存在しておらず、ホームページ上でも

このような文言が使われているので、安心して申し込めますね。

そして、このJobsが代行サービスの中でも特に人気を博している理由として、退職後の転職活動も無料の求人紹介サービスを使ってフォローしてくれるという所です。

ほとんどの人にとって、会社の退職と転職活動はセットで行われますので、これは嬉しい!!

まとめ 

いかがだったでしょうか。今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • パワハラの定義は3つ
  • パワハラの種類は6種類に分かれる
  • パワハラを未然に防ぐには社内コミュニケーションが大切
  • パワハラで辞める時は退職代行がオススメ

パワハラ上司とは通常の退職交渉も難しくなります。パワハラに悩んでいる場合は、思い切って退職して新しい人生のスタートをきるのはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました