↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

バイクの廃車登録のやり方 排気量別で3パターンをご紹介

バイク
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

毎年冬から春にかけてバイクって一番よく売れます。メーカーからの新製品の発表もありますし、新生活が始まる人がバイクを購入するという事が多いのが理由ですね。

でも、同時にこの時期ってバイクの『廃車登録』が増加する時期でもあるって知っていますか?冬になってバイクに乗らなくなったり、購入時と同様に転勤などの引越でバイクを手放す方が多いということが理由とも言われています。

がばちょ
がばちょ

バイクがよく売れる時期っていうのは、同時に多くのバイクが廃車にされるじきでもあるんだね。

みなさんは、バイクの廃車手続きを自分でしたことがあるでしょうか。もしかしたら自分でした異なる人って意外と少ないかもしれません。

でも、そんなものはお店や業者に任せているっていう人は確実に“損”をしていますよ、実はバイクの廃車方法ってすごく簡単。市役所か陸運局ですぐにできます。今回は廃車登録のやり方について解説していきましょう。

この記事はバイクを廃車にするか悩んでいる人。廃車登録を少しでもお得にしたい人にむけて書いています。

スポンサーリンク

バイクの廃車登録のやり方 排気量別で3パターンをご紹介

廃車にするバイクの基準

まずは廃車にする前に、バイクの手放し方は基本的には中古買取業者に買い取ってもらうことが基本です。廃車にするのは(複数の)買取業者での査定で買取不可と断られてからにしましょう。

バイク買取で査定をアップさせるコツは以前の記事でもまとめていますので、まだ読んでいない方は確認してみましょう。

また、仮に故障やアクシデントで不動車になってしまっていても諦める必要はありません。多くの不動車でも買い取ってくれるところが多数存在していますよ。

まずは、廃車すると決める前にバイク査定をしてみましょう。思ったよりも高額査定になることがあるかも!?

廃車にするバイクの基準① 買取不可になるバイク

しかし残念ながら買取不可になるバイクというのは少なからず存在します。どれだけ愛着のあったバイクでも買取不可の烙印をおされるのは悲しいです。

買取業者が買い取ってくれる物の多くは、きちんと動いて状態のいいバイク、修理をして乗れるようになるバイク、もしくはバラしてパーツを取り出してパーツが使えるバイクです。

反面、以下のようなバイクは買取不可になることが多いです。

状態の悪いバイク

古い錆びたバイク 写真素材 - 67246738

雨ざらしの状態で数年間放置されており、金属部分にはサビがまわり所々腐食しておりエンジンもかからないようなバイクは買取が難しいです。買取業者は便利屋ではないので価値のないものは買い取りません。

過度な改造がされているバイク

バイクの大事な部分はエンジンやフレームです。そこに過度な改造が見受けられる場合は引取不可と言われる可能性があります。

盗難の疑いのあるバイク

盗難や違法な匂いのするバイクは買い取ってくれません。いくら正規ルートで購入したバイクでも買取をする側が違法だと思えば買い取ってくれません。バイク購入時に渡された書類はきちんとありますか?250CC以上の場合はきちんと車検証はあるでしょうか。ナンバープレートもついていますか。

当然ながら、こういったものがついていないバイクは買取不可と言われてしまいます。

廃車にするバイクの基準② 放置予定のバイク

今まできちんと乗っていたバイクでも、生活環境の変化で数年の間はまともに乗れなくなるという事があります。家の引っ越しが最たる例ですが、他にも乗る時間の確保が難しくなったなどもあるでしょう。

そういった場合は一度廃車の手続きをとりましょう。廃車というのは、バイクをバラバラに壊すことではありません。役場や陸運局によ行って書類上での登録を抹消することを廃車といいます。

これをしていれば、維持費などをかけることなく数年後に再度登録をすれば再び愛車に乗ることが可能です。

バイク廃車の仕方は排気量によって3パターン

バイクの廃車の方法は、排気量によって届け出る先も必要なものが変わってきます。

125CC以下のバイクの場合

125CC以下の場合は廃車手続きを行うのは、お住いの各市町村の役場になります。

必要なもの

  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書

標準交付証明書とはバイクを購入した際に渡されている書類の中に入っています。これを持って役場に行きましょう。もしない場合も1000円ほどで役場で再発行ができます。

役場では以下のものがもらえます。

  • 軽自動車税廃車申告済証 ※廃車したバイクの再登録の際に必要。
  • 軽自動車税廃車申告受付書 ※廃車したバイクの保険の契約を解除する際に必要な書類

ここでもらう書類は、もし再度そのバイクに乗りたくなった際や、自動車保険や自賠責保険の解約に必要になるのできちんと保管が必要です。紛失はNGです。

こちらの廃車手続きには金額はかかりません。無料で手続きができます。

125CC〜250CCのバイクの場合

この排気量から、手続きを行う場所が陸運局に変わります。自分のバイクのナンバーを管轄する陸運局への提出が基本になります。

必要なもの

  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • ナンバープレート
  • 軽自動車届出済証

軽自動車届出済証は標準交付証明書と同じく、バイク購入時に渡される書類の中にあります。

車検のない、このクラスのバイクの車検証がわりのようなものです。

また陸運局では以下の書類がもらえます。

  • 軽自動車届出済証返納証明書交付請求書 ※一時的な廃車はこちら。発行費用が500円ほどかかります。
  • 軽自動車届出済証返納届出書 ※永久的に廃車にする場合はこちらの届け出が必要です。費用は無料です。

ここでもらう軽自動車届出済も、再度バイクを登録する際に必要になるのでなくさないようにしましょう。

250CC以上のバイク

このクラスのバイクの廃車手続きも陸運局で行います。ご自分のバイクのナンバープレートを見て書いてある都道府県の陸運局に行く必要がありますが、遠方の場合は最寄りの陸運局にご相談ください。

必要なもの

  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • ナンバープレート
  • 車検証

また陸運局でもらえる書類は以下の通りです。

  • 抹消登録申請書(一時的な廃車か、スクラップにして廃車にするにしても必要です。)
  • 手数料納付書
  • 軽自動車税申告書

費用としては2500円ほどがかかります。

まとめ 廃車登録は自分でできる

いかがだったでしょうか。今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 廃車にする前に必ず買取業者で見積もりをしてもらう
  • 廃車登録は排気量別で3パターン
  • かかる費用は0円〜2500円ほどまで

廃車登録って、意外と簡単ですぐに終わります。もし自分の愛車が廃車にするしかない状態ならば業者に頼めば、それなりの金額がかかりますので、一度ご自身でやってみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. […] バイク 廃車登録のやり方どーも、がばちょでございます。4月も半分が過… […]

タイトルとURLをコピーしました