↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

ヘルメットの盗難防止 オススメ商品ベスト5!

保管方法
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

ツーリング先の駐車の際に、ヘルメットの収納に困ることはないでしょうか。

持って歩くのは荷物になるし、バイクには固定するところがないので、盗まれないか心配だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

心配男
心配男

いつもヘルメットをミラーに刺す様にして置いているけど盗まれないか心配しているんだ・・・

そんな時におすすめなのが、ヘルメットロックと言われる商品です。

ヘルメットロックを使えば、ヘルメットの収納に困ることはありませんし、盗まれる心配もなくなります。

でも世の中にはヘルメットロックってたくさんの種類があって、どれを購入すればいいのか・自分のバイクに装着できるのか迷ってしまいますよね。

今回はそんな皆さんのために、おすすめヘルメットロックを5つに絞って紹介していきます。

この記事は、出先のヘルメットの収納に困っている人。ヘルメットの盗難防止策を取り入れたいと思っている人に向けて書いてます。

スポンサーリンク

ヘルメットの盗難防止 ヘルメットロックの選び方

バイク用にヘルメットロックを購入するときは、取り付け方法が大きなポイントになります。

錠でバイクに固定するのか、自分のバイクやヘルメットの形状を考えながら選び方のポイントを纏めていきましょう。

自分のバイクスタイルに合ったタイプを選ぶ

ヘルメットロックには、バイクに錠でしっかりと固定しておく商品と、固定をしない商品とで2種類にわかれます。

そこは、バイクの見た目や用途に応じで選んでいくことになります。

錠で固定なら、見た目もスタイリッシュに

バイクの外観を損なわずにヘルメットロックを使いたい場合は、錠をバイクに固定して使うタイプがおすすめになります。

ボルトをつかって簡単にバイク本体に組み込んで使用することができます。

ほとんどのタイプで錠には鍵穴とフックがついているので、ヘルメットをフック部分にかけて鍵をして使用します。

しかもロック自体は小さく目立たないので、元からバイクのパーツの一部だったようなスマートさがあり、振動などでバイク本体に傷がつく可能性も少ないので、安心できます。

見栄えのよさと安定感のあるタイプ!!がいいなら錠タイプがおすすめですね。

お手軽さを求めるなら固定しないタイプ

もう一つは固定しないタイプ。

ワイヤーなどでヘルメットとつなげるタイプです。

この場合はボルトなどを使用しないので工具を使うことも不要ですし、なおかつどんなバイクにも使えるというのが高ポイントになります。

固定するタイプが使えない車体や、汎用性の高いヘルメットロックを探している場合はこちらのタイプを選びましょう。

固定するタイプに比べると、見た目のスタイリッシュさはなくなりますが、価格も低価格なものが多いので、試験的にワイヤータイプを購入してみるのもいかがでしょうか。

また、ナンバーロック式になっていることが多いのも固定しないタイプの特徴です。ナンバーロック式なので鍵を持ち歩く必要がないので、紛失等のリスクがなくなります

バイクに取り付けできるか確認

錠で固定するタイプのヘルメットロックには、取り付け位置やバイクの車種によっては使えないということもあります。

バイクとの相性や取り付け位置をチェック

もしも、見た目の良さにこだわるなら、一番いいのはタンデムステップに取り付けるタイプのロックです。こっちらは一度タンデムステップを取り外して装着する必要がありますが、見た目の良さは他の商品よりもはるかに上になります。

他に、パイプに取り付けるタイプもあります。こちらの場合の利点はパイプの径さえ合えば、バイクのどこにでも取り付けることができるということです。固定するタイプの中でも、手軽なものを探している場合はこれを選びましょう。


固定しないタイプは、車種を選ばず、どんなバイクにでも取り付けができて汎用性が高いです。

購入前には、自分のバイクに取り付けれるか、または取り付け方法や汎用性の高さなどを考えて購入しましょう。

ヘルメットロックのおすすめ商品

バイク用のヘルメットロックの選び方をみてきましたが、実際にはどういう商品がよく売れているのでしょうか。通販サイトで上位にある商品のみをピックアップしてご紹介していきましょう。

標準ハンドル・インチハンドルの両方に使える

イレギュラーなハンドル径でも取り付けが容易なヘルメットロックです。幅広く対応できる金具で取り付けるので、国内メーカーはもちろんのこと、海外メーカーのバイクでも利用可能です。なかなか適応するヘルメットロックがないという方は、とりあえずこちらを試してみては。

ハンドル、パイプと幅広く取り付けることができるので、ヘルメットを支える部分の安定感もばっちりです。しかも、ダイヤルロック式と鍵タイプを選べるのもうれしいポイントです。

とりあえず、自分のハンドルやバイプの経がわからないという方むきとなります。

持ち運び可能。ダイヤル式の定番商品

バイク用品の大手メーカーのコミネの定番商品です。持ち運び可能なヘルメットロックになのでバイクに取り付けずに、バッグやポケットの中に忍ばせておくことができます。

この手のカラビナタイプのダイヤルロックは3桁のロックが多い中で、4桁のロックになっています。これだけで安心感は10倍です。

また一番嬉しいポイントとして、ついているケーブルが最長1.8mmもあることです。これだけあればヘルメットを2つ取り付けることも、ツーリング先でジャケットを脱いで取り付けて置くことも可能です。

非常に使い勝手のいい商品なので、すでにヘルメットロックをお持ちの方でも一つあれば幅広い運用ができる商品になっています。

ドライバーで簡単装着!とりあえずこれを買おう

一番オーソドックスな形のヘルメットロックです。ドライバー1本でパイプに装着をするタイプです。パイプに取り付ける商品は、取り付け傷が気になるところですが、こちらの商品は傷の防止用に緩衝材が装着されているので安心してパイプに取り付けることができます。

装着も容易で、比較的安価な商品のためヘルメットロックの定番商品といえるものになっています。

とにかく手軽なケーブルタイプ

ケーブルタイプのヘルメットロックは、どこにでも取り付けが可能なので非常に人気です。

しかもこちらの商品はダイヤルも3桁で、非常に手際よく取り付けることが出来るため人気のある商品です。全長30cmなのでいくつものヘルメットをつけることはできませんが、1人ならこれで充分です。ビニールコーティングされているのでバイク本体への傷の心配も少なく、カラー展開も豊富なのでバイクの色にあった商品がきっと見つかるはずです。

汎用性の高い固定タイプのヘルメットロック

オートバイ用品の専門店である『南海部品』のオリジナルグランドの商品です。

この固定タイプのヘルメットロックは22mm〜25mmに対応しています。どうして3mmも幅があるかというと、固定する際に使えるラバー製のシートが付属しているため幅広い経に対応することが可能になっているのです。しかも取り付け方法は付属の六角レンチを使うだけなので、自分で工具を用意する必要はありません。

まとめ

今回は、様々な種類のヘルメットロックをご紹介しました。どれも使い勝手がよく人気の商品になっているので、きっとお気に入りのヘルメットロックが見つかるはずです。

少しの時間でもヘルメットをミラーにかけておくのではなく、きちんとヘルメットロックを使うようにしましょう。ツーリング先でヘルメットの盗難にあうと、バイクに乗って帰ることができなくなります。

結果として仮に盗難されなくても、止めたバイクとヘルメットのことを心配しながらのツーリング先での食事や観光は100%の気持ちで楽しめません。

ぜひ自分の愛車にあうヘルメットロックを見つけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました