↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

バイクは250CC・400CCどっち?400CCを買いたくなる3つの理由

バイク
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

普通自動二輪の免許を取り、いざバイクを買おうとすると必ずといっていいほど選択をすることになる問題があります。

250CCが、いいのか。400CCがいいのか。

まぁ、好きなのに乗れよと思われるかもしれませんが、それでも悩んでしまうものです。

悩み男
悩み男

維持費のこと考えたら250CCだと思うけど、長距離ツーリングとかもしてみたいし、それだったら400CCかなぁ…。悩むよー

ネットで調べても、「乗り方に合わせて選ぼう」とか「どちらも一長一短。金額で判断しよう」と書いてあります。

でも僕は断然、400CCのバイクだと思っています。その理由を解説していきましょう。

この記事は、250CCか400CCかどちらのバイクがいいか悩んでいる人、バイク購入の背中を押して欲しい人、400CCの魅力を知りたい人にむけて書いています。

スポンサーリンク

バイクは250CCと400CCのどっち?400CCを買いたくなる3つの理由

まず、僕は初めて普通自動二輪の免許をとった時に乗ったバイクはグラストラッカー・ビッグボーイという250CCのバイクでした。

40万円くらいで購入して、2年ほど乗りました。色んな場所に行ってすごく楽しい思い出のバイクです。そんな思い出があるので、初めてのバイク購入に400CCのバイクを推すのは心苦しいですが…。

  1. スペック
  2. 維持費
  3. 所有欲

この3点の観点から見て、400CCに軍配が上がると思います。

悩み男
悩み男

維持費は250CCのほうが車検がないから安くすむんじゃないの?

がばちょ
がばちょ

維持費は深堀りして考えてようね。表面的な値段だけで考えていると取り返しがつかなくなることもあるよ。

では、この3点を詳しく解説していきましょう。

スペックで見る400CCのほうをオススメしたい理由

同モデルで別排気量がある車種で比べてみましょう。

まずは、HONDAのCBR250RRとCBR400RR。

出典:HONDA
CBR250RRCBR400RR
全長×全幅×全高2,065mm×725mm×1,095mm2,080mm×755mm×1,145mm
シート高790mm785mm
車両重量168kg192kg
最高出力30kw (41ps)/13,000rpm34kw(46ps)/9,000rpm
最高トルク25N・m(2.5kgf・f)/11,000rpm38N・m(3.9kgf・f)/7,500rpm

次にKawasakiのNinja250とNinja400。

Ninja 400 KRT EDITION
出典:Kawasaki
Ninja250Ninja400
全長×全幅×全高1,990mm×710mm×1,125mm1,990mm×710mm×1,120mm
シート高795mm785mm
車両重量166kg167kg
最高出力27kW(37PS)/12,500rpm35kW(48PS)/10,000rpm
最高トルク23N・m(2.3kgf・m)/10,000rpm38N・m(3.9kgf・m)/8,000rpm

共に車体の大きさは、それほど差がありません。シート高に関しては400CCのほうが低くなります。重量はHONDAは明確に400CCのほうが重いですが、Kawasakiでは差がほとんどありません。そこはメーカーによりけりといった具合のようです。

両者ともに明らかに違うのは「エンジンスペック」。出力・トルクともに400CCのほうが上です。

とくにNinjaは11PSの差があります。PSは馬力(仏)のことです。「1秒間に75kgの重量を1メートル動かすことのできる仕事量」。これが1馬力(仏)と言われています。(馬力については詳しく解説しているので、気になる人はコチラをクリック)

街乗りのみで考える場合は、250も400も共に充分な性能ですが、バイクの面白みであるツーリングに出かける場合はこの馬力の差はかなりのアドバンテージです。100km/hの速度を出す時に250ccと400ccなら400ccのほうが、充分な余力を残しているということです。

高速道路でも100km/hを超すスピードなんてださないよ!っていう人もいるでしょう。

しかし250CCと400CCでは同じ100km/hでも400CCの方が余裕のある100km/hなのです。余裕があるだけエンジンにかかる負荷は少なくなります。

つまり何がいいたいかというと、常に余裕にある走りができる分400CCはエンジンにダメージを与えにくくなり、結果として高排気量のほうがバイク自体が長持ちします。低排気量のほうがバイクの寿命が短くなる傾向にあります。

せっかく何十万円も出して購入したバイク。長く乗りたいと思うなら400CCのほうがオススメできます。

維持費で見る400CCをオススメしたい理由

維持費からいうと250CCのほうが安いと言われます。車検費用や税金の差額分がこう言われる理由です。

簡単な早見表を作ってみました。おおよその目安として見てください。

費用項目250cc400cc備考
軽自動車税3,600円6000円
自動車重量税4,900円(購入時のみ)1,900円〜2,500円
自賠責保険2年 10,160円 

1年 5,080円
2年 9,680円

1年 4,880円
自賠責保険は加入年数で金額が変わります。
2年加入なら2年に1度金額が発生します。
任意保険料50,000円〜

80,000円
50,000円〜

80,000円
保険内容によって金額がかわります。
メンテナンス代   20,000円20,000円
ガソリン代24,000円24,000円燃費の30Km/Lとして、年間走行距離
を5,000Kmと仮定しています。
車検費用0円50,000円〜
70,000円
ディーラー車検に出す場合の相場。
ショップによって変動あり。
合計107,580円〜
137,580円
131,780円〜
172,380円
金額の幅がある項目の選び方で
最終費用に差異がでます。

ほとんどの項目で、大きな違いはありません。

ですがやはり一番の差は車検費用です。2年ごとに50,000円〜70,000も飛んでいくのはいたいと思います。でも、これは考え方しだいです。

車検がないということは、250CCは400ccよりも自分でしっかりと点検とメンテナンスをしておく必要があるということです。

事故や故障をした際に日頃のメンテナンスをしておけば防げることってたくさんあります。

もしも、メンテナンスを怠って事故を起こしても「だって車検がないし、こんな事になるなんて思わなかった」は通用しません。公道を時速100km以上で走ることが可能な100kgを超す鉄の塊に乗っているのですから。事故は悲惨ですよ。

もちろん400CCもメンテナンスは必要です。でも、車検が存在するということは2年に一度プロの目が入るということです。当然250CCよりも自分で行うメンテナンス頻度は下がりますし、安心感を買うことができます。

250CCはメンテナンスにかかる回数や手間が多くなることと、車検で買える安心感があるという点で維持費に関しても400CCの方がオススメです。安全・安心はお金を出してでも買いたいものです。

所有欲で見る400CCをオススメしたい理由

250CCと400CCでは、400CCのほうが所有欲を満たしてくれます。

50CCよりも125CC、125CCよりも250CC、250CCよりも400CCです。排気量で相手に対してマウントを取ることはかっこ悪いですが、自分の中で完結する所有欲ということでは400CCのほうが満たされると思いませんか?

悩める男
悩める男

確かに、自分の性格的に上の排気量のバイクがそのうち欲しくなりそう…

がばちょ
がばちょ

そうだよね。人間って欲があるから、上の排気量のバイクがあるならそっちに目が移っちゃうよね。

しかもバイク価格は、250も400もそれほど大きな差はないものが多いから、余計に欲しくなっちゃうよ。

まとめ 維持費・スペック・所有欲で400CCをオススメしたい

いかがだったでしょうか。今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • スペックは400CCの方が優れている
  • 維持費の差は2年に一度の車検で数万円
  • 車検代金もメンテナンス頻度を下げることを考えると高くない
  • 所有欲は圧倒的に400CC

もしも、250CCと400CCで迷っているというならば400CCを購入しましょう。後悔はしませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました