↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

バイク防寒対策 寒さから守るのは5つの箇所と1つの真実

商品紹介
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

バイクって季節が進み、冬の時期になるとどうしても乗りにくくなりますよね。その理由はもちろん『寒い』から。

でも冬でもバイクに乗りたーい!通勤・通学でどうしても乗らないといけない!っていう人が多いのも事実。

がばちょ
がばちょ

冬のバイクはとてつもなく寒い!服装のチョイスミスはかなり危険だよ

そこで今回はバイクの防寒対策について解説していきましょう。

この記事は、冬のバイクの服装について知りたい人。バイクの防寒対策について知りたい人、防寒グッズの性能を知りたい人に向けて書いています。

スポンサーリンク

バイク防寒対策 寒さから守るのは5つの箇所と1つの真実

fawn pug covered by Burberry textile between plants

バイクに乗ることによって、冷えを感じる部分ってどこがあるでしょうか。もちろん冬場は体全体が寒いわけですけど、特に冷たく感じる場所ってこういうところです。

  1. 胴体
  2. 顔(フルフェイス以外の場合)
  3. 足元

これらの5つの箇所を寒さから守らなければ冬場は快適にバイクに乗ることはできません。また、実際の外気温とバイクに乗るときの体感温度には大きな差があるので、それを見越して服装を考えるようにしましょう。防寒対策では、この体感温度をどれだけ理解しているかがとーっても大事!!

バイクの体感温度についての記事はこちら ↓↓↓

胴体を寒さから守るには

胴体が冷えるということは、内臓が冷えるということです。内臓が冷えていい事はひとつもありません。人によっては急な下痢に襲われたり内臓が冷えることで代謝が落ちてしまい疲労がたまってしまいます。

でも、バイクに乗ることの寒さから胴体を守るのはとっても簡単です。それは着込めばなんとかなってしまうから。

woman wearing gray jacket

一番上の服は風を通さない素材をきて、インナーに分厚い服を着ていれば何とかなってしまいます。

がばちょ
がばちょ

冬は肌着、セーター、革ジャンをきていれば普通に走れるよ。

まして近年は化学繊維が使われた冬用のバイクウェアは防風対策もバッチリなので、冬用ウェアが1着あれば中の服はユニクロで適当に買ってきた服で走れてしまいます

もしも、専用の冬用のウェアがないという場合は、防風用インナーを着てジャケットを切るという方法もあります。

これは値段的にも安上がりなので、数万円するウェアを着るよりも経済的です。

顔を寒さから守るには

フルフェイスのヘルメットは、風が直接あたることがないので寒さ対策としてはバッチリです。

しかし、もしあなたがフルフェイスヘルメットを持っておらず、ジェットヘルメット・ハーフヘルメットを愛用していた場合は真冬の冷たい風が、走っていると常に顔に当たり続けることになります。

そうなると、「耳」や「鼻」といった末端部分に血液が流れにくくなり苦痛をかんじてしまうことでしょう。

その場合は、顔を多くことが出来るネックウォーマーを使いましょう。

様々なタイプのネックウォーマーがありますが『耳』『鼻』をカバーできるタイプを選ぶようにしましょう。

手を寒さから守るには

末端冷え性という言葉があるように、人間の体は先端にいくほど血の巡りが悪くなりがちです。特に手先は冷えて血液が運ばれないと、動きが鈍くなってしまいます。

バイクはブレーキ操作・クラッチ操作・アクセル操作で手を絶えず使う乗り物です。『手先』が冷えて動きが鈍るのは大変危険な状態なのです。

もちろん、それを防ぐのは冬用のバイク用グローブを使うことです。また注意点としては、冬用のバイクグローブはしっかりと袖が長いものを選ぶようにしましょう。これがあればウェアの袖部分からの風の侵入を防ぐことができます

また、通常のグローブよりも高価ですが、暖かさの確保が確実にできて快適なので電熱グローブ』も人気があります。

もしくは、ハンドルそのものを覆う「ハンドルカバー」をつけるのも有効な手段です。見た目的に自分のバイクにはあわないと思う人もいるでしょうが、一度とり付けると冬場は手放せなくなりますよ

足元を寒さから守るには

足元を寒さから守る方法はとってもシンプル

  • スソの長い防風タイプのパンツをはこう
  • ハイカットのブーツをはこう
  • 温かい靴下をはこう

と、以上の3点が基本となります。普段立ったままの姿勢でスソがピッタリのパンツでも、いざバイクに跨ってみるとスソってズリ上がります。なので気持ち少し長いかなぁって思う「スソの長い防風パンツ」で風に侵入をしないようにしましょう。

温かい靴下で、僕が今まで履いてきた中で一番優れていると思ったのはこの商品!!

もしも、暖かい靴下をはいてもまだ寒いなという場合は、靴のほうにカバーを付けるという方法があります。冬のバイクで足元が冷えるのは風によってブーツが冷えることが原因です。このカバーを付けると、そもそもブーツが冷えることを防いでくれます。

首元を寒さから守るには

普段着の場合は首元を寒さから守る定番アイテムは「マフラー」です。しかしバイクの場合はマフラーを使う人はあまりいません。みなさん「ネックウォーマー」です。

マフラーは結び方次第で結構な隙間ができてしまいますし、かさばって不便です。もし何かの拍子で外れたら飛んでいって危険ですし。

バイクにマフラー派
バイクにマフラー派

仮面ラーダー1号はバイクにマフラーを付けて乗っていたよ。

がばちょ
がばちょ

ヒーローのマフラーは外れないんだよ。それにあれは防寒対策でつけてるわけじゃないよね。

その点ネックウォーマーは、首にピッタリとフィットしてくれてかさばりません。しかも伸ばせば鼻まで覆ってくれるので顔の寒さを守ってくれる効果もあります。

ネックウォーマーは上のヘルメットの時にも書きましたが、自分が使うヘルメットのタイプも考慮して選ぶようにしましょう。

まとめ 

いかがだったでしょうか。今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 冬のバイクは手足などの末端が冷える
  • 手足の冷えはバイクのコントロールミスにつながる
  • 寒ければ電熱のアイテムを使う

あまりに寒かったり、雪や路面の凍結が考えられる場合はバイクに乗らないほうが良いですが、通勤・通学でバイクを使われる方も多いでしょうし、休日には趣味で乗る人も多いでしょう。

防寒をミスれば、とんでもない苦行になりますのでしっかりとした装備をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました