↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

なぜJAFは神サービスと言われるのか?バイクOK、レンタカーOKの秘密に迫る

バイク
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

みなさんはロードサービス界の最大手、日本自動車連盟(通称JAF)を利用したことはあるでしょうか。出先でのバッテリー切れや、燃料切れ、パンク、故障などに幅広く対応してくれるJAFですがバイクでも同じサービスが受けれるのを知っていましたか?

JAFの会員だけどバイクに使えるなんて知らなかったー!!

こういう人が多いのではないでしょうか。それを知らずにいるのは非常にもったいないです。

今回はJAFのサービスについて詳しく解説していきましょう。

この記事は、JAFに入会することのメリットについて知りたい方。既に会員だけどバイクにも使えるのを知りたい方。どのようにして入会するのかを知りたい方に向けて書いています。

スポンサーリンク

JAF会員の神サービス!バイクOK、レンタカーOKの秘密

JAFとは自動車に関する様々な業務を取り扱い、オーナードライバーの権益を保護する目的で設立された社団法人です。

主な業務は故障の救援(ロードサービス)です。街中でも何度かJAFのトラックを見かけたことがあるのではないでしょうか。

ロードサービスカー・搭載ツールの紹介 | JAF

JAFのロードサービスは何をしてくれる?

JAFのロードサービスは、車にまつわるトラブルをほぼ全てカバーしてくれます。どういった事をしてくれているかはJAFの出動理由が公開されているのでそれを見れば一目瞭然ですね。

順位出動理由件数構成比
1過放電バッテリー23,343件35.91%
2タイヤのパンク、バースト、
エアー圧不足
11,263件17.33%
3キー閉じこみ4,429件6.81%
4落輪・落込4,291件6.60%
5破損/劣化バッテリー3,153件4.85%
6事故2,490件3.83%
7燃料切れ1,297件2.00%
8発電機/充電回路841件1.29%
9スタータモータ778件1.20%
10スパークプラグ742件1.14%

これは2019年のGW期間中の一般道での出動理由です。急なバッテリー切れや燃料切れはもちろん、プラグのスパークなどの内部故障でももちろんOKです。

がばちょ
がばちょ

僕は数年前に、旅行中の淡路島で鍵の閉じ込みをしてしまってJAFを

呼んで対応してもらったことがあるよ!

最近の日本車だと鍵の閉じ込め防止機能があるけど、外車や古い車には

ついていないのも多いから気をつけようね。

もちろん、ここに公開されているのはGW期間中に特に多かった案件を10個載せているだけなので、それ以外にも対応してくれるので安心してください。とりあえず困ればJAFを呼べ!!

JAFの会員数

JAFの会員は2020年3月現在で1970万人と言われています。非常に多くの人が会員になっており、日常的に運転する4人に1人が会員だと言われています。

この数字は国内で最大でブッチギリのロードサービス界の超大手です。

JAFの出動を要請した場合にかかる費用

じつはJAFは会員限定のサービスではありません。JAFの会員になっていない方でも困ったことがあればJAFに電話をして有料で来てもらうことができます。つまり誰でも利用ができます。

このように、よく起こり得るトラブルでは10000円以上の金額がかかってしまいますがJAFはきちんと対応をしてくれるのです。故障現場が高速道路などの有料道路上の場合は非会員の方は+で金額がかかります。(会員は無料)

日本自動車連盟(通称JAF)会員のメリット バイクもOK

1970万人もの会員が存在する理由は、ズバリめちゃくちゃ便利だからです。単純に考えてJAFへの入会は会費に見合う以上のサービスがあるという事です。でないとこれほどの数の会員を獲得することはできません。

  1. 保険適用外のトラブルにも対応
  2. JAFは『人』にかけるサービス
  3. 会員は日常生活でもメリット多数!

まとめると、この3点。詳しく見ていきましょう

保険適用外のトラブルにも対応

車に乗る方、バイクに乗る方の多くが任意保険に加入しているでしょう。任意保険については以前記事をまとめているのでこちらを御覧ください。

加入している保険の内容によりますが、多くの任意保険会社でも自社でロードサービスを行っています。鍵の閉じ込めやガス欠などは保険会社のロードサービスでまかなうこともできます。(保険料を抑えるためにロードサービスに加入していない人も多いので自分の加入内容をチェックしよう)

しかし、保険会社のロードサービスは利用回数や出動してくれる距離に制限があったりと、制約が非常に多いです。トラブルにあう場所はどこであうか、いつあうかわからないのに。

その点JAFは全国に支店がありトラブル現場まで迅速に駆けつけてくれて、解決してくれます。更に多くの保険会社が自社だけのロードサービスではカバーできないところがあるのを自覚しており任意保険とJAFをあわせて加入してもらうことを推奨しています。(JAFとあわせて加入することで+αのサービスが付いたりします。)

出典:日本自動車連盟

JAFは『人』にかけるもの。だからバイクもOK

任意保険との一番の違いは、サービスを受ける対象の違いです。

任意保険は『車』にかかるものです。一方のJAFは『人』にかかります。これがすごく便利!!

『人』にかかるということは、あなたが乗る全ての車やバイクでJAFのサービスを受けることが出来るということです。保険のように登録車両にだけ限定されるものではありません。

  1. 複数台の車やバイクを持っている。
  2. レンタカーを運転する機会がある
  3. 家族と共有の車に乗っている
  4. 遠方に出かける事がある

こういった人たちにこそ、JAFはおすすめです。

日常生活でもお得!!いろいろなお店で割引サービスを受けよう

JAFの会員になると様々な施設で割引のサービスを受けることができます。(2020年9月現在)

  • ・オートバックス  全商品 店頭価格より5%引き
  • ・イオンシネマ  一般1800円 → 1300円
  • ・ガソリンスタンド 1Lあたり数円の値引き….etc

日本全国の様々な飲食店や宿泊施設での割引サービスであったり、ここには書ききれないくらいの膨大な店舗で割引のサービスを受けれます。(あとで記載する会費分なんて、大げさではなく日常生活で使うこういったサービスを使えば一瞬で補填できます。)

しかも、全国展開しているチェーン店が非常に多いので、自分の住んでいるところでは割引サービスを受けることができない!!なんてことはないです。

より詳しくはコチラから↓↓

JAFの会費

では、このような様々なサービスを提供してくれているJAFの会費はいくらでしょうか。

金額1年分1年分+自動振替2年分一括3年分一括5年分一括
入会金2,000円1,500円1,500円1,000円無料
年会費4,000円4,000円8,000円12,000円20,000円
合計6,000円5,500円9,500円13,000円20,000円

会費は以上のようになっており、1年間で入会費をあわせると6000円が基本ですが複数年やクレカからの決済で自動振替をセットにするとお得に入ることができます。

つまり一度入ってしまえば年会費4000円で困ったときのロードサービスを受け続けることが出来ますし、日本全国の様々な商業施設や飲食店、ガソリンスタンド等(膨大な数の店舗)で割引のサービスをうけることができます。

4000円って車に一度給油したときの平均金額と同じか少ないくらいです。

これくらいの金額で、受けれるサービス内容が充実していることと割引などの特典がめちゃくちゃ大きいことが全国に1950万人も会員数がいる理由です。

JAFの加入はこちらから



JAFの加入は上記のバナーから、行うことができます。

がばちょ
がばちょ

クレジットカード払いが会費の割引があってお得だよ。

持っているならカード払いにしようね。

まとめ JAFは『人』にかかるのでバイクもOK

今回の記事をまとめると

  • ・ロードサービス内容
  • ・出動にかかる費用
  • ・JAFは『人』にかけるもの
  • ・様々な割引サービスがある
  • ・入会はクレジット払いや複数年でお得になる

ということをご説明しました。



JAFへの入会の際は、上記バナーから現在加入中の任意保険も同時に見直して金額的に安く抑えれるかを確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました