↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

最速ダイエットは1つの本質を理解して3つの方法を試そう!

その他
スポンサーリンク

定期的にご紹介しているダイエット企画。

今まで、デキストリンを使ったダイエット方法や、痩せるためのメカニズムなどを考えたりとしてきました。

ひとつのダイエット方法を継続できれば、体重はゆっくりと減少し、いずれは理想の体型をゲットできるでしょう。ダイエット後のリバウンドを考えると、体重はゆっくりと減らすのが一番いいでしょう。

しかし、時と場合によってはゆっくりとした体重の減少ではなく、可能な限りスピーディに最大の効率で痩せたいと思うものです。薄着になる夏場前や、クリスマスなどのイベント前と痩せたいという思いは年中つきまといます。

最速で痩せる方法は一体何があるのでしょうか。効果が高いと思われるものを考えてみましょう。

スポンサーリンク

最速ダイエットは1つの本質を理解して3つの方法を試そう!

まずは失敗しがちなダイエットというのを確認していきましょう。

○○抜きダイエット

炭水化物ダイエット、糖分、脂肪抜きダイエットというものがあります。これは失敗しがちなダイエットの代表例です。

こういったダイエットを実践された方も多いのではないでしょうか。しかし、これは100%に近い確率で失敗します。世の中のほとんどの食べ物は炭水化物、糖分、脂肪分が入っています。これらの摂取を意図的に長い期間避け続けることはできません。人の気は必ず緩みます。はじめの数日、数週間は我慢できたとしても、不意なことで口にしてしまい、一度口にすればそこからはなし崩し的に気が緩み、過剰に摂取してしまうなんてことも起こりえます。

太りやすいといわれる、炭水化物、糖分、脂肪分は体にとってとても重要な栄養分です。これらを抜いて、全く摂らないでいると身体のエネルギーが欠乏してしまいます。そうなると、身体はエネルギーを消費しないようにスイッチを入れます。そのスイッチが入ると、結果として身体の基礎代謝が落ちてしまいエネルギーを消費しにくい体になってしまいます。

この状況は、せっかく食べる量を減らしたりして我慢しているのに、消費エネルギーまでもが減ってしまうという本末転倒な状態を意味しています。(これが〇〇抜きダイエットが、はじめは痩せるのにしばらくすると痩せにくくなるメカニズム)

もしこの状態で、通常の食事に戻してしまうと身体は「今までなかったエネルギーが手に入る!次はエネルギー切れにならないようにしっかりと蓄えなければ!」という状態になってしまい、リバウンドをしてしまいます。

特定の食材だけをとる○○ダイエット

次の失敗の代表例は、特定の食材をとる○○ダイエット!!。りんごダイエットやバナナダイエットというのを聞いたことはないでしょうか。

特定の食材や食事だけで、人間の生命を維持できる栄養を全て手に入れることはできません。この状態では多くの栄養素が欠乏状態となるので、ダイエット後に普通の食事にしてしまうと過度に吸収してしまうため体重が一気に増えてしまいます。

基本的なダイエットは、消費カロリーを増やすか摂取カロリーを減らす

ダイエットの最重要項目はカロリーです。

ダイエットの本質は消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らせば体重は自然と下がっていきます。

がばちょ
がばちょ

ダイエットの本質はこれだよ!

消費カロリーを増やす

消費カロリーを増やす方法は、まずは運動ですね。ランニングや部屋でのエアロバイク、縄跳びなどが一般的でしょうか。

しかし、これらの運動は残念ながら長続きしません

その理由は簡単です。日々の生活の中では、仕事や学校などが理由で定期的に運動する時間をとることは難しく徐々に継続できなくなり、そのうち運動することが面倒と感じ結局は断念してしまいます。

これは、ジムに通うなどをしても同様です。通う時間の確保が難しく継続できずに辞めてしまいます。僕もこの十年で、ジムに通っては辞めてを何度も繰り返しましたし、同じ状況の方を多く見てきました。

最速で痩せる方法 その1 パーソナルトレーニング

最速で痩せる方法の一つは、パーソナルトレーニングに申し込むことです。

パーソナルトレーニングは通常のジム通いよりも高額ですが、通う期間は数ヶ月と短く済むのでモチベーションの維持が容易です。

しかも、自分にあった痩せる方法をプロが導いてくれてマンツーマンで指導をしてくれるのです。通常のジムだと周囲の目が気になって、運動に打ち込めないという人でもパーソナルトレーニングだとそれらを気にする必要がありません。

通常のジムに通った人が、きちんと痩せて健康的な身体を手に入れる確率は極めて低いです。(10人いれば9人はダラダラと通い、ついには途中で諦めて通わなくなる。)

しかしパーソナルトレーニングの場合は、かかる費用が高いため、途中で投げ出す人はほとんどいません。しかも運動の内容はプロに任せて言われた内容を実践するマンツーマン形式。しかも数ヶ月の短期間で目標の体型を手に入れることができます。こういった理由から一度通うと必ず痩せると豪語するジムもあるくらいです。

参考までにパーソナルジムの代表的なところをいくつかご紹介で、リンクをはっておきます。

上記の5事業者の中には、初回は無料で体験できたりするところもあります。最速で痩せたい場合はこれらのパーソナルジムを利用するのは非常に有効な手段です。

最速で痩せる方法 その2 食事をかえる

摂取カロリーを減らすことは、ダイエットではとても大切なことです。

しかし、先程〇〇抜きダイエットや、特定の食材だけをとる〇〇ダイエットは失敗すると書きました。では、食事で最速にやせるにはどうしたらいいでしょうか。

その答えは、食事のバランスを考えて可能な限り摂取カロリーを抑えることです。

こう書くと「なーんだ、そんな事すでにやっているよ」と思われたり、反対に3色の食事を我慢するのは厳しいと言われるかもしれません。しかし、食事を抑えるのは朝と、夜だけで大丈夫です。

参考までに、普段の食事を1ヶ月だけこのように変えてみましょう。

朝 ヨーグルト(砂糖なし)少量

昼 通常の食事(高タンパク・低カロリーを意識)

夜 そうめん1束(お茶碗1杯の白米よりもカロリーが低い)

毎日3食の食事に制限をかけることはできません。ですので昼間の食事はなるべく自由にとるようにします。もし可能なら高タンパク・低カロリーを意識しましょう。肉を食べたいときは魚を食べ、魚を食べたいときは野菜を食べる。野菜を食べたいときは野菜を減らす。これを実践すれば食事のみで身体は痩せていきます。

しかも、極端な〇〇抜きや、〇〇ダイエットに比べると栄養の欠乏や、偏りが少ないのでダイエット後のリバウンドもそれらに比べると心配がいりません。

また、追い打ちで糖の吸収を抑えるデキストリンを水やお茶などにまぜて飲んでおくと効果がより現れます。

もしくは、ご飯を炊く際にこんにゃく成分の食物繊維を混ぜると、満腹感は得れるのに採取する炭水化物が半分ですんで、ダイエット効果を加速させてくれます。



最速で痩せる方法 その3 断食・ファスティング

もしも、数日〜1週間くらいの超短期間でのダイエットを考えている場合に一番有効な手立ては断食です。

断食と言っても水分はしっかりと摂りますが、もし3日間断食を行った場合は3kg〜5kgほどの体重減が実現します。近年はファスティングといって、プチ断食のようなものも流行っているようなので、様々な記事がネットにありますので、やり方を間違えないようにするか自己判断で行ってください。

僕は過去に何度か3日の間は水分だけしか取らないという断食を行ったことがあります。専門家の指導なども何もない状態で、思い立った日から3日間水分だけしかとらずに家で過ごしていました。

デトックスの効果もあり、3日たてば約3〜5kgの体重が毎回減っていますので最速で効果を出したい場合は断食が一番有効なのは身を持って知っています。(すぐに元の体重に戻ってしまいます。)

ダイエットに有効だと言われている食事方法

ダイエットを実践する際には、食事の内容も大切ですが食事方法に気を使うことも大切です。

よく噛んで食べる

デブの早食いという言葉があるように、早く食べ終わる人は肥満の傾向が強くなります。

これには明確な理由があり、早食い=ほとんど噛まずに飲み込んでいるからです。よく噛まないと満腹中枢が刺激されずに、ついつい食べすぎてしまうということを聞いたことがある人も多いでしょう。それも大きな理由の一つですが、じつはそれ以外にも噛まずに飲み込んでしまうと太ってしまう重要なメカニズムがあります。

食べ物を噛む回数が少ないと、唾液中の消化酵素アミラーゼと結びつかずに、そのまま身体の中に入ってしまいます。きちんと噛んで体内に取り込んだ食べ物は身体に効率よく吸収されていきますが、噛まずに取り込んだ食べ物は、吸収しにくい状態となっているため、エネルギーには変換されずに余分な脂肪分として蓄積されていってしまうのです。

一口の噛む目安は30回と言われています。少なくても20〜30回の間で噛むように心がけましょう。

常温の水分をとる

真夏の暑い時期などは、冷たい水分をとりたくなりますし、スポーツの後などの冷たいお水は非常に美味しく感じるものです。

しかし、ダイエットにとっては冷たいお水はあまり適していません。

ダイエットのためには、常温かそれ以上の温度の水分が一番いいです。それは常温の水分は消化器官を刺激しないからです。さらにはデトックス効果や冷え症対策にもなると言われています。常温かそれ以上の温度の水分を飲むことによって、胃腸の温度が極端に下がることを防いでくれます。

その結果、新陳代謝がアップし血液の流れが向上します。その働きによって、ダイエット効果に繋がると言われています。冷たい水分を摂って内臓が冷えると基礎代謝が落ちてしまい痩せにくい身体になります。

反対に体温がアップすれば、基礎代謝も向上すると言われています。たとえば体温が1度上がることで、基礎代謝は12~13%程度向上するというデータもあります。

なるべく、常温の水を取るように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました