↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

バイクを風などによる転倒から守るアイテム

保管方法
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

毎年日本には数十個の台風が発生しています。その台風は時には暴風を伴いながら日本列島を駆け巡ります。

もし、あなたのバイクが屋根付きのガレージなどに保管されている場合は心配ないでしょう。しかし風の影響を受けやすい状態でバイクを保管している場合は、突風でバイクが倒れないように予め工夫が必要になります。

そこで、今回はバイクを強風による転倒から守る方法を考えていきましょう。

スポンサーリンク

バイクを台風からまもるには

バイクカバーを外す

まずは、多くの人がしているであろうバイクカバー。

盗難の確率を下げるためにはバイクカバーの着用は必須ですが、台風の際にはバイクカバーをしていてはいけません。

悪天候の中で愛車を雨風のもとにさらしたくない気持ちもわかりますが、バイクカバーをかけているとカバー自体が強風をうけて、船の帆のようになり風の力を受けて転倒の危険にさらされてしまいます。

台風の際のバイクの転倒の原因で1番多いのが、このカバーを掛けたままの放置だと言われています。

カバーを外してから、、マフラーやキャブレターなどには雨による水の侵入を防ぐために養生テープやビニールなどで蓋をしておきましょう。(風で取れないように注意)

特にマフラーは雨水が入ると、不具合のや故障の原因にもなってしまうので最大限の注意が必要です。

サイドスタンドで駐車する

もしも、センタースタンドでバイクを駐車している場合はサイドスタンドでの駐車に変更しておきましょう。

blue and chrome cruiser motorcycle

センタースタンドは、バイクに長期間乗らないときなどの停車方法としては適しています。左右のバランスが均一に取れている状態なのでタイヤの劣化も最小限にくいとめることができます。

しかし、強風で片側から強い力がかかってしまうと急にバランスが悪くなり非常に倒れやすくなってしまいます。

一方のサイドスタンドは片側にはじめから荷重がかかっており、そちら方面から強い風をうけても転倒の心配がないくらい強いです。

1速にギアを入れておく

普段のバイクの駐車はニュートラルにしているという方も多いでしょう。しかし、強風がわかっている場合は予めギアを1速に入れておきましょう。

坂道で駐車するときなどにも有効ですが、ギアを1速に入れていると簡単にはバイクは動かなくなるので、結果として転倒防止に繋がります。

フロントブレーキをロックしておく

以前、ご紹介したフロントブレーキロックという商品を使うと、常にブレーキが掛かった状態を作り出せるので、不用意にバイクが動くことを防げます。

こちらの商品は、値段も安く汎用性が高い商品なのでひとつ常備しておけば、何かと使えて便利です。

ポールなどで固定しよう

先程記載したように、サイドスタンドで駐車したバイクはサイドスタンド側への風では、簡単には倒れにくいです。
しかし、サイドスタンドのない側には何の支えもないので、風によって倒れる危険があります。

がないため、サイドスタンド側から強風が吹いてしまうと簡単に倒れてしまいます。

そういう場合はサイドスタンド側に車体を引っ張って、固定しておくことで転倒のリスクを無くすことが可能です。

https://zuttoride.jp/column/column/entry-360.html

この時には、バイクに直接ロープをかけたりするので車体が傷つかないように、布を挟んで固定するなどの工夫をするようにしましょう。

また、保管している状況によっては、ポールなどがないということもあるでしょう。

その場合は20〜30キロのポリタンクなどを使う方法もあります。ようは紐である程度の力で引っぱっても倒れないように工夫をするようにします。

固定する紐や、ロープはフックなどがついているタイダウンベルトと呼ばれるものを使うのが実用的でお手軽です。

強風による巻き込み事故に気をつけよう

台風時のバイクの駐車方法は、いくら自分が気をつけていてもとなりに停まっているバイクが倒れて、自分のバイクも巻き添えをくらう巻き込み事故になることが多々あります。(自転車のドミノ倒しと同じ)

もしも可能なら台風の前に周囲のバイクや自転車から遠ざけた位置に停車するように心がけましょう。

仮にそれが、不可能な場合は周囲のバイクや自転車も、ご自身のバイクと一緒にロープなどで固定しておけば、強風による共倒れを防ぐことが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました