↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

新車バイクの値引きについて考える

バイク
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

みなさんは、新車でバイクを購入する時に値引き交渉はしているでしょうか。

車の場合は値引きというのが、当然の文化としてあるので見積もりの段階からディーラーが値引きした見積もりを作ってきますし、そこからさらなる値引きを引き出すことも交渉術を駆使すれば可能です。

しかし、バイクの場合は値引きというのがほとんど期待できません。一体なぜバイク屋さんの値引き額は渋いのか、実態に迫りましょう。

スポンサーリンク

新車バイクの利益

中古バイクと違って、新車バイクはどこで買っても中身は同じです。

つまり品質で勝負することができません。となると、どのバイク屋でも価格で勝負をするしかありません。

「Price Down!」のイラスト文字

ですから、新車バイクを定価で売っている販売店はほとんどありません。その時点で他店に負けてしまいます。つまり店頭の価格は最初から値引きされた価格になっていることが多いのです。

そして、そこからさらに値引き交渉されて、それに応じてしまうと二段階目の値引きとなってしまいます。

これでは販売店にはほとんど利益が残らなくなってしまう。

多くのバイク屋では、新車バイクを販売しても数万円の利益しかありません。しかも排気量の大きいバイクほど、売れる確率は低くなります。数万円の利益では展示スペースの確保や、家賃や人件費などの必要経費などを考えると正直、割が合いません。

バイク屋のイラスト

頻繁に売れるものではないバイクを仕入れて販売するのはなかなかにリスクです。そのリスクを考えてみると

「数万円も利益があれば十分じゃないの?」と思われるかもしれませんが、売れ残ったら型落ちモデルとなってさらに値引きしないと売れなくなったり、展示する場所を確保したり、次のバイクを仕入れる必要があったり、家賃、人件費・・・と、数万円ほどの利益では正直、バイク屋としては割が合いません。

バイクは頻繁に売れるものではないので、仕入れて在庫をして販売するのは結構なリスクがあるわけです。

なので、基本が受注発注である車と同じような感覚で値引きをしてもらうのは難しいでしょう。

実際に見積もりをとってみると・・・

以前僕が新車でバイクの購入を考えて、トライアンフのストリートツインの見積もりをとってもらったことがありました。

ストリートツイン(2019-) 現行モデルカタログ | バージントライアンフ

900CCのこのバイクの、販売価格は税抜1,070,000円です。そして、ここに当時8%の消費税が加わると1,155,600円となります。

いくら値引いてくれるかなぁ、1,100,000円くらいになればいいなと淡い期待に胸を踊らせますが、いざ話を始めてみてディーラー側がこれが限界ですと出してきた金額は

1,150,000円でした。端数である5,600円の値引きはしてくれたわけです。

マジかーと内心少しのショックを受けつつも、商売だし仕方ないよなーと自分を納得させながらディーラーと少し世間話をしていると、5,600円の値引きではない、別のプレゼントを用意してくれました。

それが、1万円までの商品のプレゼントというものです。1万円以内の商品となると、安めのヘルメット、もしくはグローブやバイク用のスマホホルダーとかのお役立ちグッズの詰め合わせでしょうか。

結果として、商品はすでに自分で持っているのがあるので値引きの方を選びました。

値引きよりも、商品を無料でつけてもらう

僕の事例のように、実際の値引き額よりも、商品を無料で付けてもらうことも交渉次第では可能です。もちろん購入するバイクの金額によって、プレゼント額や、そもそも商品自体がプレゼントなのか値引きなのかも変わってきます。

プレゼント交換をするカップルのイラスト

ということで、値引き交渉が思ったように行かない場合は、商品をつけてもらうように交渉することが現実的です。

販売店としても、交渉が決裂して数万円の利益があるバイクが売れなくなるのは避けたいです。

それならば、いくらかのパーツ代の利益をゼロにしてもいいから、バイクは買ってほしいと思うバイク屋が多いのです。

やってはいけない値引き交渉術

販売価格を値引きしてもらうにせよ、何かしらのプレゼントの獲得をねらうにせよ、世の中ではやってはいけない値引き交渉術というのが存在します。

むこうの店では、もっと安かった

案外言いがちなのが、〜の店ではもっと安かったんだから同じにしてよと言ってしまうことです。

バイクや車に関わらずに、小売業に携わったことがある人はわかると思いますが、これを言われてもお店側はどうすることもできませんので、このような値引き交渉はやめましょう。

「じゃぁ、そっちの店にいけよ」と言われて会話が終了してしまう可能性があります。

そもそも、販売店によって仕入れ値というのは変わってきます。昨年度にメーカーからどれだけバイクを仕入れたかにより仕入れ値が変わったり、今までの実績によって変わったりとします。

なので店舗ごとによって値引き額にも差があるのが当然なのです。すべてのお店が全く同じ条件で商品を仕入れれるわけではない。

普段色々買ってるんだから安くして

普段から、そのお店を贔屓にしている場合についポロッと言ってしまいがちなのがこの言葉です。

「普段から色々と買ってるんだから、今回は安くしてほしい」

実際に普段から色々と購入していようと、この言葉を言った瞬間に「常連客」から「嫌な客」にかわってしまいます。

あくまで普段は普段。しかも自分では頻繁に買い物しているつもりでも、販売するほうはそう思っていない事もあります。

常連客を自負するならば、販売店を困らせるようなことは言わないようにしましょう。

これ以上は出せないから、この金額にして

これ以上は出せないから、この値段にしてほしいという無茶な要求で値引くことはやめましょう。

欲しいけど、お金がない。だから自分の買える値段にしてほしい。これではただの駄々っ子です。

駄々をこねる子供に困る母親のイラスト

まとめ

バイクの新車での値引きは、販売店側からすると利益がほとんど出なくなるため、期待することはできません。

もしも新車を安く購入したいならば、モデルチェンジの時期に合わせて購入するなど時期をずらすことも一つの手です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました