↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

CB400の魅力

バイク
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

みなさんも一度は乗ったことのあるバイクの代表例といえば全国の多くの教習所で採用されているHONDAの「CB400SF」ではないでしょうか。

400CCのバイクの購入を考えた時に、とりあえずCB400 SFを買っておけば間違いがないと言われるこのバイク。

長年のロングセラーモデルではありますが、その魅力はどういったものなのでしょうか。

スポンサーリンク

HONDA CB400SFの魅力

まずは、CB400SFの魅力を語っていく上でCB400SFの歴史を見ていきましょう。

CB400 SFの歴史

CB400SF
1992年 CB400SF NC31

CB400SFが初めて発売されたのが、1992年のことです。

HONDAが書か出ていた「PROJECT BIG-1」のコンセプトのもとで発売された車種です。PROJECT BIG-1とは以下の要件のもとで生み出された車種のことをさします。

  • 心臓部には4ストローク・DOHC・水冷直列4気筒エンジンを採用すること
  • ワイルド&セクシーなスタイルであること
  • 走る者の心を魅了する感動性能を有すること

それまでのNONDAはCB-1を販売していましたが、思ったように販売台数が伸びませんでした。理由としてはCB-1は優秀なスポーツ性能の反面、実用面ではガソリンタンクの容量が少なかったことや、ライバル車と比べてスタイルが中途半端ということが挙げられています。

CB-1
1989年発売 CB-1

そういった失敗を糧に1992年にCB400SFは発売されます。

そこから改良が重ねられて今まで発売が続いている大変なロングセラーバイクになったのです。

CB400SFの基本スペック

CB400 SUPER FOUR(SF)、CB400 SUPER BOL D’OR(SB)
車名・型式:ホンダ・EBL-NC42
全長(mm):2,080
全幅(mm):725
全高(mm):1,080(SF)、1,160(SB)
軸距(mm):1,410
最低地上高(mm):130
シート高(mm):755
車両重量(kg):197〔200〕【201】(SF)、200〔203〕【204】(SB)
乗車定員(人):2
燃料消費率※(km/L):31.0(60km/h定地燃費値)
最小回転半径(m):2.6
エンジン型式 NC42E
エンジン種類:水冷4ストロークDOHC4バルブ4気筒
総排気量(cm3):399
内径×行程(mm):55.0 × 42.0
圧縮比:11.3
最高出力(kW[PS]/rpm):39[53]/10,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):38[3.9]/9,500
燃料供給装置形式:電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式:圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L):18
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式
変速機形式:常時噛合式6段リターン
タイヤ 前:120/60ZR17M/C(55W)/後:160/60ZR17M/C(69W)
ブレーキ形式 前:油圧式ダブルディスク/後:油圧式ディスク
※〔 〕内はABS仕様、【 】内はE Package

CB400SFのメリット・デメリット

メリット

歴史、基本スペックがわかったところで実際にCB400に乗っている人達から見た車種の魅力はどういうものがあるのでしょうか。

・吹け上がりが良い
・低回転のトルクも十分ある
・素直なハンドリングで走りやすい
・高速走行時に安定している
・カスタムパーツが多い
・頑丈

このように、CB400SFの魅力は圧倒的な「バランスの良さ」といえるでしょう。またHONDAのバイクは全般的に頑丈だと言われています。

教習車のように、コケることが前提の場面で使う車体に選ばれるほどCBは頑丈です。もちろん教習車はエンジンガードがついていたり、教習車仕様としてつくられている車体のため、市販のCB400SFと安易に比べることはできませんが、それでも頑丈な部類であることは間違いありません。

デメリット

反面、CB400SFを購入してマイナスの意見としておおいものを紹介します。

・面白みがない(クセがない)
・値段が他車種に較べて高額
・VTECに入ってしまうと燃費が悪くなる
・取り回しがやや重い(※約200kg)

非常にバランスの良い車体のために、乗っていて面白みがないと感じてしまう人が一定数いるようです。

まとめ

CB400SFは、非常に優れたバイクです。とりあえずどの車種を買ったらいいのか迷ったらCBを買えと言われるくらいに性能・デザインともに完成されています。

また、車両価格がもとから高めであることと常に一定の人気があることで中古市場でも比較的高い値段での売買がされるバイクです。

将来的にバイクを手放す際に、売ることを考えている方にもCB400SFはおすすめできます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました