↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

バイク パンクの応急処置

商品紹介
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

みなさんはバイクに乗車中にパンクをしたことはあるでしょうか。

僕は今までで1度だけ経験があります。知らない間に釘のような鉄片を踏んでしまっており、それでリアタイヤがパンクしてしまったのです。

道路には様々なものが落ちています。特に釘などはバイク乗車中には見つけることはできずに、パンクしてから初めて釘を踏んだことに気付かされます。

もしも、ツーリング中にパンクしてしまった時はどのように対応すればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

パンクの原因

タイヤがパンクする原因は2つです。

僕のように鋭利なものがタイヤにささってしまったことによるパンク。もうひとつはタイヤの経年劣化によるパンクです。

経年劣化の場合は、早めの点検で防ぐようにこころがけましょう。

ツーリング先でパンクする方のほとんどは、何かを踏んでしまってパンクするパターンです。

リアタイヤのほうがパンクが多い

実はパンクが多いのはリアタイヤの方だということをみなさんは、ご存知でしょうか。

例えば道に転がっている釘を例に出しましょう。

この釘は道に転がっている時は寝ている状態です。しかしそれをフロントタイヤで踏むことによって釘は、振動により微妙に立った状態になるのです。

そこに高速でリアタイヤが釘の上を通過することで、リアタイヤのパンクにあうことが多くなります。

リアタイヤのパンクが多いのは、こういったカラクリが原因です。

自分のタイヤの種類をしろう

バイクのタイヤには2種類のタイヤがあります。

タイヤの中にチューブが入っており、そのチューブに空気を入れることがでタイヤの形状をたもつことができるチューブタイプ

タイヤの中にチューブが入っておらず、専用タイヤとホイールが密着することによって走行できるチューブレスタイプ。(多くのバイクがこちら)

自分のバイクがどちらのタイプなのかは把握しておきましょう。

チューブレスタイプの応急処置

チューブレスタイヤが異物によってパンクした場合は、市販されているアイテムで応急処置をすることができます。

もしものときに備えて、バイクに乗るときは必ず修理キットを持っておくようにしましょう。

応急処置をする場合は、まずパンクの原因となっている異物を取り除きます。

タイヤに刺さった異物というのは手では抜き取ることができません。車載工具のプライヤーを使えば、安全に引き抜くことができますし、怪我をすることもありません。

そして、引き抜いた箇所が間違いなくパンクの場所かを確認しましょう。

①まずはタイヤに刺さった異物を、付属のペンチを使って引き抜きましょう。

②修理キットに入っている工具に、セメントをたっぷり塗る。手早く作業しないとセメントが乾いてしまうので、事前に手順を確認し、道具を準備。

③異物を抜いた穴に工具を差し込みます。穴を広げるとともにボンドが穴の中になじむようにしましょう。この作業を3回くらい繰り返します。

④工具の先端にひも状のシールラバーをセットして、セメントをたっぷりと塗ります。

⑤穴に工具の先端をあてて、シール材ごとタイヤの穴にゆっくりとまっすぐ押し込見ましょう。早過ぎたりリーマーを回転させるとシール材が切れるので注意。

⑥工具の根元まで差し込んだら、回転させずにユックリ引き抜きます。シール材がリーマーと一緒に抜けてしまわないように慎重に作業。

⑦工具を完全に引き抜く。シール材が穴に残っているか確認をします。

⑧そしてカッターナイフを使って、タイヤのトレッド面からはみ出した余分なシール材を切り取りましょう。目安は3mmほどはシール材を残しておくことです。

⑨そして最後は空気バルブに注入ノズルをセットし、炭酸ガスのボンベをネジ込んでガスを注入。修理した穴から空気漏れがないか確認して作業終了になります。

※上記画像は枻出版からの出典

チューブタイプの応急処置

チューブタイプのタイヤの場合は、本当はタイヤを外してチューブを取り出さないと、チューブの穴をふさぐことはできません。

しかしこのアイテムを使うことで、パンクの穴を塞ぐことが可能です。

このジェル状の充填剤は、タイヤに空いた小さな穴に入り込むことで、パンクの穴を速やかにふさぎ、空気漏れを抑えるてくれます。

もちろん応急処置的なものなので、高速走行には使えませんが、一般道なら問題なく走れてしまいます。

さらに有り難いことに、通常はチューブタイプのタイヤはパンクしてしまうと一気に空気が抜けてしまいます。

しかし、この商品は充填剤と一緒にエアが注入されます。抜けてしまった空気とパンクの穴が同時に塞がるお助けグッズなのです。

応急処置が難しい場合

もしも、自力での応急処置が難しい場合(タイヤの劣化によるパンクや、穴が大きい時)は無理に走行はしてはいけません。

無理だと判断した場合にはレッカー車を呼びましょう。そのためには自分が入っている任意保険のレッカーサービスや、バイクショップに連絡をする。もしくはJAFを呼びましょう。

パンクした状態で走り続けることは、バイクの安定性をたもつことができず大変危険です。

パンクを予防する走り方

道路にある異物などは路肩部分に集中しています。これは道路上に水たまりなどができにくくするために、道路がかまぼこ型につくられているためです。

そのため落ち葉やゴミなどは、自然と路肩側にすいこまれていくようになっています。

ですのでなるべくパンクのリスクを減らすためには、路肩側の走行は避けて道路の真ん中か、真ん中より少し左側くらいを走行することを意識しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました