↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

気筒数? これって何のこと?

バイク
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

バイクをほしいと思っていろいろな情報を見ていると、単気筒・2気筒という言葉に出くわすことがあります。

なんとなくエンジン関係のことをさしているのかなぁという事はわかりますが、それぞれどういった違いがあるのでしょうか。

そして、その違いはバイク選びにどのように影響してくるのでしょうか。

スポンサーリンク

気筒とは?

そもそも気筒ってなんでしょうか?

単純構造である単気筒を例にとって説明すると、エンジンの中にはシリンダー(筒)といわれるものがあり、その中にはシリンダーが入っています。

https://frytiger.com/archives/10539.html

このシリンダーの中をピストンが往復して発生するエネルギーを回転力に変換して車輪をまわしているわけです。ここでガソリンを消化しているので燃焼室と言われることもあります。

つまり気筒数の違いは、このシリンダーの数の違いです。外に出ているマフラーの数の事ではありません。単気筒でもマフラーが2本などの車種もあります。

気筒数の違い

それでは、そのシリンダー(気筒)の数の違いはバイクの性能にどのような違いをもたらすのでしょうか。

単気筒

外に出て見かける事がもっとも多いのは単気筒のバイクです。

町中を走る原付バイクは単気筒ですし、ホンダのカブシリーズも単気筒です。400ccクラスまで目をやるとYAMAHAのSR400 という超ロングセラー単気筒モデルもあります。

単気筒バイクの特徴

  • 燃費がいい

単気筒バイクは、シリンダーが1つしかないのでガソリンをそれ程消費しません。それ故に高燃費の車種が多いです。ホンダの現行のスーパーカブ50のカタログ燃費は驚愕の105km/Lです。

  • 扱いやすい

単気筒エンジンは構造がシンプルなため、他の種類のエンジンに比べて軽いです。そのためそれにあわせて全体の重量も軽量になるため、初心者や力の弱い女性などでもとりまわしがしやすくなります。

  • 価格が安い

エンジン構造が複雑になればなるほど、使われるパーツが増えて、最終的には販売価格に反映されます。シンプルな構造を持つ単気筒バイクは比較的に他の車種と比べると価格が安く設定されていることが多いです。

  • スピードが出ない

バイクにとってスピードというのは、最重要項目ではありませんが、重要項目であるのは間違いないです。

しかし単気筒バイクの場合は、シリンダーが一つしかないのでエンジンの回転数があがりにくく、結果スピードが多気筒バイクに比べるとあまりでません。

  • 振動がある

単気筒エンジンは、一つのシリンダーを使って大容量の爆発を起こすため、エンジンが発する音は多気筒エンジンに比べると大きくなりやすいです。これを善ととるか悪ととるかは人それぞれです。単気筒エンジンの歯切れ良いエンジンサウンドを好む人は非常に多いです。

音が大きいということは、体に伝わる振動も大きくなります。例えばSR400の場合だと一般道を走っている際は音も振動も心地良いですが、ひとたび高速道路にのってスピードが上がってくると、長時間の乗車はつらくなってきます。(こまめな休憩が必要になる。)

単気筒バイクのまとめ

もし、街乗りメインで使うことが多い場合は単気筒バイクを選ぶ選択は間違いないでしょう。燃費がいいのは何よりも嬉しいですし。

見た目もシンプルなバイクが多いので、バイクに乗る際のファッションも色々と遊べます。

街乗りが多く、オシャレにバイクに乗りたいという方にはぜひオススメしたいバイクです。

2気筒

2気筒大型バイクおすすめ12選!ツインエンジンのビッグマシンの魅力を ...

2気筒エンジンは、シリンダーがふたつあるエンジンのことです。幅広い排気量のバイクに採用されているエンジンです。

2気筒バイクの特徴

  • 高速走行がしやすい

単気筒に比べて、シリンダーの数が倍になりました。このおかげで最高速度もグッと出やすくなりますし加速もしやすくなります。

高速道路を使っての長距離ツーリングや、泊まりでのツーリングなどでも単気筒に比べると楽にこなしてくれます。

  • 様々なフィーリングのバイクが有る

実は2気筒と単純に言っても、その組み合わせや配置によってまったく違ったフィーリングになります。

並列2気筒、V型2気筒、水平対向2気筒とあります。2つの気筒の中で起こる爆発のタイミングが等間隔だったり不等間隔だったり、不等間隔でもどのくらいのタイミングのズレているのかという要因がバイクの乗り味(フィーリング)に影響してきます。

  • オールマイティに使える

2気筒バイクは、いろいろなシーンで使うことができるオールマイティなバイクです。街乗りでも比較的扱いがしやすく、高速道路の走行もこなしてくれます。

  • 振動がある

単気筒にくらべると振動はいくらか収まりますが、4気筒などと比べると振動がきになってしまいます。もちろん振動などはこまめに休憩をとることで改善を図れます。

2気筒バイクのまとめ

よくも悪くもオールマイティに使える2気筒バイクは、非常にバランスの取れたバイクになっています。

自分にはどういうバイクがあっているのかわからない場合や、色々な使い方をしていみたいと考えている場合は2気筒バイクを選びましょう。

4気筒

シリンダーの数が4つの4気筒バイク。歴代の国内のバイクメーカーの中型から大型のバイクの半分程度は4気筒バイクで開発されています。

現在では排ガス規制などの影響で数は減ってしまいましたが、それでもなお人気は衰えていません。本当に多くのライダーに支持されています。

ちなみに教習所の定番であるHONDAのCB400は4気筒バイクです。

4気筒バイクの特徴

  • 扱いやすい

4気筒エンジンは高回転まで滑らかに回るため非常に扱い易いです。アクセルにきちんと呼応して加速してくれます。その扱いやすさもあって全国の教習所で4気筒が教習車として広く採用されています。

  • 高速走行にむいている

単気筒や2気筒にくらべて、シリンダーが4つもある4気筒では当然ながら最高速度の出しやすく、高速走行にはむいているバイクになります。スピード違反かどうかは置いておいて、高速道路ですごいスピードで飛ばしているバイクの多くが4気筒のような気がします。

  • エンジン音がレーシー

抽象的な書き方をすると、4気筒のエンジン音はレーシーなエンジン音になります。実際にどういう音か、以下のyoutubeの音源をお聞きください。

Ninja ZX-25R: Vol.8 Screaming In-Line 4 Power [Engine Sound]

この音はカワサキインドネシアがkawasakiの250ccクラスで直列4気筒エンジンを搭載する「ZX-25R」の音を公開したものです。高回転域の音が、飛んでいきそうなレーシーな響きをしているのがわかります。

  • 燃費が悪くなる

シリンダーが4つになりますので、燃費は悪くなる傾向にあります。4気筒になることによって車体の重量も増えますし、例えばストップアンドゴーが多くなる街乗りではさらに悪化しますので、4気筒での街乗りメインの使い方をする場合は燃費には目をつむるしかないでしょう。

  • 価格が高い

単気筒の低価格に比べて、使われるパーツの多いや複雑化により4気筒は車両価格が高くなります。平均して、単気筒とくらべると同じ排気量のクラスでも10万以上高くなってきます。

  • メンテナンスがしにくい

エンジンの複雑化はメンテナンスにも影響が出ます。単気筒のように単純なエンジンの場合は、自分でメンテナンスなどにチャレンジしてみようと思えますが4気筒になるとエンジンが複雑化してくるのでセルフメンテナンスに踏み切る勇気が出ません。

事前にしっかりと勉強をしないと取り返しのつかないことになってしまいます。

4気筒バイクのまとめ

もしも、高速道路を使って長距離でのツーリングを考えている場合や、最高速度を上げるような走り方をする場合(サーキットなどで)、走る・曲がるなどの走行性能を存分に楽しみたい人は4気筒を選ぶことがいいでしょう。

車体費用、ガソリン代、メンテナンス代と高額になる可能性がありますので、趣味に割くお金に余裕がある人にオススメできるようなバイクだと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました