↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

SR400! 7つの魅力と、買っても後悔しない人の4つの特徴

バイク
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

みなさんご存知のYAMAHAの超ロングセラーであるSR400。

このバイクはなぜ何十年にも渡って売れ続けるのでしょうか。性能面だけを見ると時代遅れ感が半端ないこのバイクが人々を魅了し続ける要因はどこにあるのでしょうか。

スポンサーリンク

SR400の魅力

週末に少し大きなバイク屋さんに行き、少しの間駐車場にいれば高確率で出会うことができるSR400。今バイクはそれまで大排気量のオンロード単気筒モデルが存在しなかった1978年に発売されました。

40年以上変わらないフォルム

SRの魅力として語れれることが多いのは、40年以上たっても変わらない見た目です。

もちろん排ガスの規制で電子制御が導入されたり、ブレーキの効きを良くする為にディスクブレーキを採用したりと、時代の流れにそった改良はきちんと行っています。

そういった改良は行いながらも、見た目に関しては大きな変化はありません。「変えるべきところは変え、変える必要のないところは変えない」。バイク本来の美しい姿がそのまま残っています。

よほどのマニアの方でない限り、シルエットだけでは型式や年式は区別できないでしょう。それほどまでに見た目の大きな変化がありません。

頑なに続けるキックスタート

SRといえば「キックスタート」です。

今や多くのバイク乗りが、一度も経験したことがないと言われる「キックスタート」でしかSR400はエンジン始動ができません。400CCのバイクでキックのみというのはSRくらいしか思いつきません。

SR400のキックスタートの方法って、知らない人はなかなかできないと ...

もっと排気量の幅を広げてもヤマハのSRか、郵便局員が乗るホンダのカブ、もしくはセルボタンが故障してしまった際の苦肉の策でのキックスタートくらいしか使うことがありません。

こう書くと多くの方にとっては不便なだけであるはずのキックスタートですが、SRの場合はこの不便さが大きな魅力になっています。

バイクは趣味性の高い乗り物です。趣味の世界では最新が最高とは限りません

電子書籍が一般的になってもあえて書籍で購入したり、インターネット配信されているのにレコードを聞いてみたり、はたまた最新の住宅に住むよりも古民家に住んでみたり。

前時代的なものにノスタルジーな魅力を感じる方は多くいます。そういう方にとってSR400はキックスタートだからいい!!と思わせてくれるバイクになっているのです。

400CCの単気筒(ビッグシングル)

昔は様々な車種がありましたが、今や400CCの単気筒エンジンというのはSRくらいでしょうか。

単気筒バイクのいいと思えるところは以下のものがあります。

1.スリムな車体

単気筒はピストンが 1個しかないので構造がシンプルです。

シンプルなことの恩恵は、エンジン本体は勿論のこと、車体が軽量でスリムになることです。全体的にコンパクトにまとまり、取り回しが容易になります。重量を感じることが少なくなるので、バイクが初めての初心者や力の弱いにとっても扱いやすいバイクです。

2.鼓動感とサウンド

単気筒の特徴はエンジンの躍動感がはっきりと感じられることです。

単気筒では1回1回のピストン内の爆発がはっきりと感じられます。マルチシリンダーのバイクにはない振動や音を楽しむことが出来ます。スピードばかりを求めるのがバイクの楽しみではないということを単気筒は教えてくれます。

3.使い切れる適度なパワー。

ビッグシングル”と呼ばれるSR400であっても、発揮するパワーは年式などで若干の違いがあるにせよせいぜい25〜30馬力(PS)ほどです。

同じ排気量のクラスのバイクの多くが40馬力〜60馬力あるのに対して、非力なのは否めません。

こういった所を切り取って、スピード性能を重視する方は「単気筒 = 遅い」と思われるのは仕方がないことです。

しかし単気筒は公道で多用する中低速域でのトルクが優れています。

現在の日本の道路事情では、バイクに乗っている時間の大半が市街地を走っています。市街地では信号によるストップアンドゴー、渋滞によるノロノロ運転が頻繁に起きます。その速度域での走行性能においては、SR400をこすようなパワーは必要ありません。

vehicles on road at daytime selective photography

つまりSR400ならば持てるパワーを十二分に堪能して安全に走行することが出来ます。

カスタムパーツの豊富さ

SR400は1978年当時のスタイルや機構を持つモデルが、現在でも新車で買えます。

上で書いたように基本設計を変えるようなモデルチェンジを行なっていないため、カスタムパーツの汎用性が非常に高い。たとえば1978年モデルに装着可能なカスタムシートは30年後の2008年モデルにも装着できるし、互換ステーを使えばそれ以降のモデルにも装着できます。

基本構造がシンプルなバイクなので、非常に多くの汎用品を装着することができます。まさしく自分だけのバイクを作成するにはもってこいの車体です。

また、何かあった際に純正のパーツをメーカーから取り寄せようとしたときでも多くの部品が取り寄せ可能なのはうれしいです。

以前書いたYAMAHAのカタログアプリを使えば、リアルタイムのメーカー在庫が確認できてまだ供給可能かまでわかります。)

SR400に向いている人

SR400の魅力の一端を書いてきましたが、SR400に乗るのにむいている人はどういう人でしょうか。SR400を購入しても後悔しないと言われる人は以下の人たちです。

1.バイクは見た目

もしあなたがバイクの見た目を重要視するタイプで、SR400のフォルムがかっこいいと思うならSRに乗りましょう。

ヘッドライトが1つにメーター機器が2つという、「THE バイク」という見た目は多くの人がかっこいいと思えるバイクです。

ヤマハ SR400の灯火類の交換 メンテナンス バイクブロス・マガジンズ

事実、一般的に男性よりも見た目に拘る人が多い女性の人気もSR400は非常に高いです。バイクに乗らない女性にとってSSよりもネイキッドでオールドルックなバイクのほうがオシャレに見えるものです。

スピードを求めない

先程書いたように、SR400は現在の400CCのバイクの中では走行性能は劣っています。多くのメーカーが技術の進歩をバイクに投影して走行性能の向上をはかっているなかで、SRは40年以上も時間が止まってしまっている状態です。

もしあなたが、他者とのスピード勝負をしたいなら他のバイクを買いましょう。しかし自分のペースでバイクに乗ることを楽しみたいならSRはピッタリのバイクです。

また、遅いといっても400ccの排気量のバイクです。SR400で高速道路で周囲の流れにそって走ることは十分できます。最新のバイクのように快適に高速走行はできないかもしれませんが、普通に走行していて困る時はそうそうありません。

単気筒の振動が好きな人

単気筒の宿命とも言われるのが振動です。ビッグシングルと言われるSR400の振動を楽しむ余裕があれば、長時間のツーリングが楽しくなります。

「ドコドコドコ」というシートから伝わってくる、いまバイクに乗っているんだという振動は我慢できない人には、本当に我慢できません。

主に振動による弊害は、お尻が痺れたり痒くなってくることです。これの解決策はこまめに休憩を取るか、一気に目的地まで走り抜けるか、座布団をつけるかしか有りません。

しかし、この振動はあくまで回転数をあげて走行している時の話です

一般道を走行する際には、回転数は不快な振動になるくらいまではあがりません。もちろん単気筒なので振動はありますが、不快なものではなくバイクに乗っているんだと楽しめるくらいの強さなので、そこまで気にする必要はありません。

自分だけのバイクを作りたい人

カスタムパーツの豊富さからもわかるように、SR400は本当に様々なカスタムが可能です。

定番のカフェレーサースタイルからチョッパーやトラッカースタイルまで様々です。

YAMAHA SR400のカフェーレーサーカスタムバイクまとめ!マフラーにも ...
SR400 | 国産アメリカン ストリートバイク カスタム FACTION 横浜 福岡
http://faction.jp/gallery/galleryc/sr400

自分だけの、バイクや人生最後のバイクという記念すべき1台を持ちたいと思っている人にはうってつけのバイクです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

おそらく多くの方がSR400の見た目が気に入って、購入を検討しているのではないでしょうか。そして調べるうちにスピードがでない、振動がすごい、キックスタートしかない等のネガティブ要素を目にして、色々と悩んでいることでしょう。

しかしそれらの心配の多くは、どれもが心配するほどのことでは有りません。

法定速度を守る一般的なライダーならSRのスピードで十分です。

もしSRで高速走行を長距離行うならこまめに休憩を取ればカバーできる内容です。

振動なんて思ったよりも気になりません。一般道では振動が心地良くらいです。

40年を超える超ロングセラーのバイクですので、もしも気になっているならぜひ購入することをオススメします。長い期間乗り続けることのできるバイクになること間違いなしです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました