↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

バイク用インカムの必要性とオススメ品

バイク
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

みなさんは、バイク用のインカムをすでにお持ちでしょうか。

ツーリングでの必須アイテムと言われて何年か過ぎたインカムですが、まだ持っていない方も多数いらっしゃいます。

購入を検討してみても値段も性能も色々とあって、どれを買えばいいのかわからない。そもそもソロツーリングがメインだからいらないんじゃないかと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな方のためにインカムの必要性やメリットやデメリットと、現在のオススメラインナップをご紹介します。

スポンサーリンク

インカムの必要性は?

バイクのインカムというのは、どうしても購入の優先順位が低くなりがちです。

インカムがなくてもバイクに普通に乗ることができますし、なくても特段困っていなければ買おうという気にはならないでしょう。

ですが、あるとさらにツーリングが楽しくなるのは間違い有りません。そもそもバイクに乗る理由が、趣味として乗っているなら、バイクインカムはバイクの新たな楽しみ方や、気づかなかった便利生をいくつも発見してくれます。

本当に一度使うと、手放せない存在になります。

インカムのメリット マスツーリング

もしあなたの周りにインカムを持っている方が居て、なおかつその方たちとよくツーリングに行くのであれば購入を検討するべきです。一緒にツーリングに行っているのに、周囲の方たちはあなたよりも何倍もツーリングを楽しんでいます。

two persons riding motorcycles

バイクの運転中は、エンジン音や風の音にさえぎられ、仲間と会話することは実質不可能です。タンデム中にすぐ後ろの人に話しかけても聞こえないほどに、走行中というのは他者との意思疎通ができません。

ヘルメットをかぶっているため表情が分かりにくいうえ、大きな声で叫んだとしても、正確に伝わる可能性は低いでしょう。

これは、非常にもったいないです。せっかくマスツーリングで複数人で楽しんでいるのにバイク乗車中という最高に気分爽快な瞬間を他者と言葉で共有ができないのです。

しかしインカムを使えば、きれいな景色に出くわした時に共有できますし、道中で冗談を言い合いながらツーリングすることも可能です。

trees reflecting on body of water

また信号待ちなどではぐれてしまっても、すぐに居場所を伝えられ、お互いに安心できます。急にトイレやガソリンスタンドに寄りたいときも、インカムで伝えておけば楽に待ち合わせができて非常に便利です。

インカムがあれば、マスツーリングの楽しみは何倍にもなります。

インカムのメリット ソロツーリング

ソロのツーリングの場合はインカムがあると、その便利さに驚かされます。

ほとんどのインカムがBluetoothでスマホと連携する機能を持っています。ですので、スマホに入っている音楽を再生したり、ナビアプリの音声案内を聞いたりできます。もちろん運転中の操作はできませんが、スマホホルダーをつけていればナビと音楽の切り替えも容易です。

インカムを持っていなくても、スマホホルダーは大体の方が装着しているでしょう。

例えば、ソロツーリングでホルダーに付けたスマホのナビを頼りに運転している際に、画面を見逃してしまい、曲がる道を間違えたり、降りなければいけない高速の出口を間違えたりとしたことはないでしょうか。僕は初めての道では割とこの間違いをおかしがちでした。

しかしインカムでナビの音声を聞いていればそのような心配も払拭されます。目と耳の両方で情報が入ってくるのは非常にありがたく、それ以来道を間違えることや、いちいち停車してナビを開いて道を調べたりとする必要がありません。

もちろん、スマホにかかってきた電話に出て、走りながらハンズフリーで通話することも簡単です。

少しでも音楽や会話などを楽しみたいという気持ちがあれば、持っておいた方がいいと思います。

バイク用インカムの疑問点

バイクのインカムを購入する前には、いくつかの疑問点を持たれる方がほとんどです。インカム自体が安価なものではありませんので、疑問点が払拭できないので購入にふみきれないという方も多いのではないでしょうか。

インカムの接続はどうなっているの?

現在のバイク用インカムは多くがBluetoothで接続しています。

Bluetoothインカムの最大の利点は、受信・送信を同時に行うことが可能なので携帯電話感覚で双方向通話が可能です。

トランシーバー型のインカムは受信・送信を同時に行うことができません。どちらか片方が送信を行っている時は、相手は受信していますのでスムーズな会話ができずに余計にストレスが貯まります。(トランシーバー型はその分、低価格で手に入れることができます。)

メーカーの違うインカム同士でも会話できるの?

Bluetoothのインカムは使用する前に、「ペアリング」という操作を行って他の機器と接続します。

このペアリングを行えばBluetoothは自分の周囲にあるBluetoothのシステムを持った機器を探して接続することができます。

ということで、理論上この作業で認識できた機器とは、メーカーを問わず接続が可能ですので、メーカーの違いを問わずに会話が可能です。

しかし、たまに他のメーカーのものとは、うまく繋がらないという現象が発生することがあります。正直これは機械のことなので詳細は不明です。普通にほかメーカーのインカム同士で会話は可能だけれども、極稀に機械の不具合で無理な場合もあるくらいに思っておきましょう。

通話可能な距離は?

インカム同士で通話可能な距離は、数百メートルから数キロに及びます。

一般的には1kmくらいは会話可能なことが多いです。これは商品によって接続可能な距離というのが違いますので、選ぶ際に注意が必要です。

しかしBluetoothでの接続なので、バイクとバイクの間に障害物などがあった場合に会話が途切れてしまったりとする可能性は含んでいます。

何台も連なって走行するときや、高速道路の走行を考えているときは先頭と最後尾の距離が離れがちですので、通信距離の長い機種がおすすめです。

同時に通話可能の人数は?

こちらも商品によって、同時接続可能な人数が明記されています。

多いのは4名〜6名の人数でしょうか。数十人規模でのツーリングなどで全員との会話をBluetoothのインカムをそのまま使って行うのは難しいです。

しかし、4名〜6名と繋がれれば一般的には十分な数ではないでしょうか。

インカム装着方法

最近のヘルメットはインカム装着用のくぼみがあったりと、インカムを装着することを前提につくられている事が多いです。

SENA 10U (完全ヘルメット内蔵型インカム): おすすめバイク用インカム通販

一度ご自身のヘルメットの中をのぞいてみましょう。

もしかりにそういった装着箇所がなくても商品の説明書通りにつければ、装着可能な商品がほとんどですので過度な心配はいりません。外付け方法もあります。

何なら最悪はヘルメットを買い替えてもいいと思えるくらいにインカムは便利で楽しいです。

バイク用インカムのおすすめ商品

こちらの「FODSPORTS バイク インカム M1-S Pro」は最大で8人同時通話ができるインカムです。

最大通話距離も邪魔するものがないなどの条件があれば、直線で2,000mまでの通話ができます。

Bluetooth4.1搭載により、スマホやタブレットなどを接続して地図アプリの音声や音楽を聴くこともできます。Bluetooth4.1を使っている場合は、会話の通信速度がスムーズです。

Bluetooth3.1でも通常の会話は十分可能ですが、言葉を発してから相手に伝わるまで、やはり少しだけ間があいてしまいます。

ノイズキャンセル技術が搭載されているため、走行中の風切り音やエンジン音などを軽減させ音質を向上させてくれます。非常に優れた商品です。

こちらのインカムは4人同時通話ができます。1600mまでの距離なら通話可能とされています。

Bluetooth4.0に対応していますので、スマホとの接続ももちろん可能です。また防水機能もきちんとついていますので、急な雨でも安心です。

また、このインカムを通してiphoneユーザーの場合はsiriの起動が可能です。スマホホルダーにつけたスマホに向かって走行中に様々な操作ができます。

「MIDLAND バイク用インカム BT X2PRO S 」はBluetoothで簡単接続することができます。

最大人数4人まで同時通話可能になっているので、複数人とのツーリングでもその性能を発揮できます。

インターカムモード使用時は2台間で最大通信距離を1200mを確保しています。

またメーカー史上最高のノイズキャンセリング技術を搭載しているので広範囲でクリアな音質で通話や音楽などを楽しむことができるのが魅力です。また、ソロでの使用時は接続した2台の端末の音を同時に聞くことができます。

通話相手にナビ音声を共有できるパブリッシングモード、高音質Hi-Fiスピーカーなどが搭載されている点や、キー操作一つで一目でバッテリーを確認できるのが特徴です。

「 B+COM SB6X Bluetooth インカム」は、簡単な操作でグループ通話ができB+LINK(ビーリンク)通話機能を搭載しています

4人接続まで可能とされていますので、複数人でツーリングしたいときに便利です。

こちらが先程の商品と違うのは、音楽やラジオ、ナビの音声を聴きながらでもグループ通話が楽しめるところです。しかも通話と音楽はそれぞれ独立して音量調整が可能です。

音質に関しても高音質ステレオスピーカーによって、低音から高音までバランスの良いハイクオリティなサウンドを楽しめます。音質にこだわりたい人もきっと満足できる商品です。

「FreedConn R1-PLUS」はヘルメット装着型、ドライブレコーダー機能付きの様々な機能がついています。

最大通話人数も6人までという高機能。また大容量バッテリーで録画は4.5時間、通話は30時間連続で可能です。
通話機能の他にもは、音楽・ナビ再生・他のインカムと通信・動画録画・キャプチャーなど様々な機能がついており、これ一台で何でもこなせる商品です。

「LEXIN LX-R6」はBluetooth接続でスマートフォンに簡単接続することができ、最大1000mほど通話可能なのでとの車間距離が離れてしまっても通話が途切れる心配がありません。

また、6人同時接続可能機能や音声や音楽をステレオ高音質で聴くことができるのも魅力の一つです。

高性能なのに、商品価格も安いコスパ重視の商品です。

防水機能がも、もちろんついており急な雨でも心配有りません。600mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、15時間の音楽再生や8時間連続通話可能なので電池切れなどトラブルに見舞われる可能性は低いです。

まとめ

バイクインカムは、仲間とのツーリングはもちろん、1人で楽しむときにも頼れる機能が満載の通信機器です。

これは、本当に使ったことのある人にしかわからない便利さと楽しみがあります。本当に運転しながらいろいろなことができるため、バイクの楽しみ方が広がります。

上記で紹介したように金額もそれほど高価ではなく、コスパ重視のものもあります。またそういった商品でも普通にツーリングで使えますので、ぜひとも購入し仕様を検討してみましょう。

この記事を参考に、自分のスタイルに合ったバイクインカムを選んで、ツーリングの新たな楽しみをみつけてみてはいかがでしょうか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました