↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

バイク用シューズの選び方

バイク
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

バイク用の靴の選び方はどのようにすればいいでしょうか。

教習所で言われた靴の条件は、かかとがあること、くるぶしが隠れることくらいです。殆どの方が教習所ではスニーカーをはいていたでしょうか。

スポンサーリンク

バイク用の靴 法律で決まっている

バイク用のシューズに関して法律で決まっているのはご存知ですか。きちんと道路交通法に記載があります。

都道府県ごとの道路交通規則、道路交通法施行細則があり、定められていることが多少異なります。

(運転者の遵守事項)

第13条 法第71条第6号の規定により車両等の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。

(4) げた又は運転を誤るおそれのあるスリッパ等を履いて、車両(軽車両を除く。)を運転しないこと。

多くの都道府県で、このように記載があります。つまり、スリッパやサンダルでバイクを運転することは禁止されています。もちろん、このバイクには原付きも含まれています。

これを知らずに原付きをサンダルで運転していて、警察にとめられた場合は違反金を払わなければいけませんので気をつけましょう。

バイク用の靴の最低条件

原付スクーターの場合は、正直靴はなんでもいいです。サンダルなど以外なら。

それ以外のMTバイクの場合のシューズを選ぶ基準は以下のとおりです。

  • クルブシをすっぽりと覆うようなハイカットのスタイルであること
  • 靴自体に硬さがあること

上記のことが求められる理由は冬の時期の防寒や、雨の際の若干の防水性といった要素もあります。

しかし一番大事なことは、転倒した場合の安全性です。足首をしっかりと守る必要があります。靴自体に硬さがあれば転倒の際に足がバイクに挟まったりしても、ステップ部分が足にめり込んだりと悲惨な状況を防いでくれます。

それに足首は関節という構造上、強度的には弱い部分です。

転倒まで至らなくても、立ちゴケしそうになって無理な体勢でバイクを支えた場合なんかにもネンザや骨折といったケガを引き起こしやすいです。そんなとっさの場合にも、しっかり足首を固定できる靴を履いていればケガの防止にはなるでしょう。

こういった理由からバイク用の靴には革製品が使われることが多いですが、最近では一見スニーカータイプに見える靴でもバイク用としてしっかりとした造り担っていることが多いです。

  • シフトカバー(シフトパッド)がついている。

バイクは右足でのシフトチェンジが必要です。ツーリングにでると、かなりの回数のシフトチェンジを行います。通常のスニーカーやシューズの場合はだとその部分(左足の先端)だけ靴がいたんでしまい、くっきりとシフトペダルのあとがついてしまします。

そういった事を防ぐためにバイク用シューズには一般的にシフトカバーが装着されています。

用途別に選ぶ

実際のシューズを選ぶ際は自分の好み、用途から選ぶようにしましょう

普段着にあわせたい

バイク用シューズは欲しいけど、ガチガチのレーシーなシューズではなく普段着にあわせても違和感のないバイク用シューズが欲しいという方はこれです。

このように様々な服装に合わせることができるファッション性の高い1足です。普段使いも可能なモデルを探しているならこちらのシューズがいいです。

ビシッと決めたい

ロングブーツをお探しの方にはこちらです。

ロングブーツは服装や、バイクを含めたトータルコーディネイトが必要な上級者向けアイテムです。しかし、このシューズでバシッと決めれば、かっこよくバイクに乗れます。特に旧車などは個人的には最高に似合うと思います。

普段履きのお気に入りの靴でバイクに乗りたい

バイク用の靴を買わずに、普段用のスニーカーやブーツでバイクに乗るという方は、このシフトパッドを選びます。アマゾンなら安く買えます。

しっかりとした作りになっていて、走行中にずれたり外れる可能性は限りなく低いです。

これがあればお気に入りのシューズでバイクに乗ることが可能です。

デメリットとしてはシューズ自体が普段のシューズでバイク用としてはつくられていません。滑りやすい靴やくるぶしまでカバーできないスニーカーなどは安全面でバイク用のシューズよりも劣ってしまいますので、注意が必要です。

暑い夏にはメッシュ素材のシューズがおすすめ

暑い夏には、とてもじゃないですが革製のブーツはなかなか履けません。もちろん履くことはできますが、少しはいただけで汗だらけで帰宅後の足はとてつもない異臭を放ってしまいます。

スニーカーなどで乗ることを考える方もいらっしゃいますが、安全面から考えるとあまりおすすめできません。

そういう場合はシューズもメッシュ素材のものを選びましょう。

こちらの商品は4色から選ぶことができますので、服装にあわせることができます。夏用のシューズとしては、売上ランキング1位のシューズで快適性と通気性に関して確かな実績のあるシューズです。

メッシュ素材なので、走行中に風がシューズの中にバンバンと入ってきて蒸れるのを防いでくれます。

シューズの選び方は、ご自身の愛車やファッションと相談しながら決めるのがいいのは間違い有りませんが、安全面を十分に考えて選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました