↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

ガソリンの値段の決まり方

その他
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

最近ガソリンの値段が上がったり、下がったりと忙しいです。

僕は最近は車に乗り機会が減って、バイクばかりなのでそれほど大量には入れないのでいいのですが、それでも月に1回は車に給油をします。一度の給油は40Lくらいですかね。

もしガソリンの価格が10円上がれば、40L入る車の場合は400円変わってくるわけで毎日の通勤などで車やバイクを使っている場合はなかなかの痛手です。

このガソリンの価格は一体どのように決まるのでしょうか。

スポンサーリンク

ガソリンの値段の決まり方

ころころと変わるガソリンの価格ですが、ガソリンの価格のうちわけをみていきましょう。

税金

ガソリンの価格の内訳の多くは、税金になっています。それではガソリン1Lあたりどれほどの税金がかかっているでしょうか。

逃れられない税金
  • ガソリン税(本則税率)が、1リットルあたり28.7円
  • ガソリン税(暫定税率)が、1リットルあたり25.1円
  • 石油税が、1リットルあたり2.8円
  • 消費税が、(ガソリン本体価格+ガソリン税(本則税率)+ガソリン税(暫定税率)+石油税)×10%

これらの分が固定でかかってきています。ですので1Lあたり60円くらいは税金なのでこれ以上安くなることはありえないです。

あるとするならば、ガソリン税に消費税がかかっているというファッキン二重課税分がなくなる可能性が将来あるかもという感じでしょうか。(おそらくないですが…)

本体価格

ガソリンは元々は原油です。

日本でも原油をとることはできますが、年間で60万キロリットル前後です。この数字は全体の量に比べるとごくわずか、雀の涙ほどです。そのほとんどを輸入に頼っています。

主な輸入国は『サウジアラビア』『アラブ首長国連邦』です。この2カ国が群を抜いて多い。サウジアラビア1国だけで、日本国産原油の100倍以上もの原油を輸入している状態です。

この時点①輸送費②原油購入代金が発生します。

また万が一の場合を想定して様々な保険(=③保険料)もかけています。この3つは日本に入ってくるまでにかかるコストです。

そして、これらのお金は海外を相手にした商売ですので、日本円でのやり取りでは有りません。外貨(ドル)での支払いになるので為替の影響で金額が変わってきます。

  • 円高→石油の値段は下がる(傾向がある)
  • 円安→石油の値段は上がる(傾向がある)

ということは、こういう事になります。

ガソリンの値段がコロコロと変わるのはこの為替の変動によるところが大きいです。為替の動向を見ていると、ガソリンの値段推移の予測が付きます。

店舗による違い

ガソリンスタンドの有名どころにはエネオス、出光、ESSOなどがあります。

もちろんその会社によってガソリン価格は違います。どこが安い傾向にあるかなどは不明ですが会社によって差が生じるのは事実です。

またお店の形態が、フルサービスの店舗はガソリン代が高くなります。人件費がその分に含まれるからです。ゴミ捨てに、窓拭き、タイヤの空気圧チェックまでしてくれてセルフと同じ値段ではやっていけません。

フルサービスとセルフのガソリンスタンドでは、5円ほどの価格差がうまれます。このくらいの価格ならフルサービスを受けてもいいと個人的には感じてしまいます。

あとは、店舗の場所が関係します。

ガソリン価格の構成要素の一つには輸送費用があります。
国内の製油所に近い地域では輸送費が安くすむのでガソリン価格は安くなり、製油所から遠い内陸部などは、その地域全体で価格が高くなったりとします。


また、ガソリン価格に限らず価格を構成する大きな要素として、競合する店舗の有無も忘れてはいけません。

例えば、交通量が多く店舗が密集している幹線道路沿いや、資金力のある大型店舗が出店した地域では、価格競争が激しくなり地域全体の販売価格が下がります。

ということは、逆に離島など輸送費用も高く競争も少ない地域ではガソリン価格は高めで推移していきます。他にお店がないのでそこで買わざるを得ないという状況です。

Ship, Hainan, China, Skyline, Ocean Liner, Hdr, City

まとめ 少しでも燃費を上げたい人へ

いかがだったでしょうか。ガソリンの価格はその半分以上が税金で、固定の金額です。そこにプラスで人件費などのコストが加算されていき、地域性も有り販売価格がきまっていきます。

またガソリン添加剤を使って、エンジン内部をきれいにすることで燃費の向上をはかることもできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました