↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

三輪バイクはどういう種類がある?

ジャンル別
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

みなさんは三輪バイクに乗ったことはあるでしょうか?

普段ならなかなか乗る経験がありませんが、僕は昔ピザのデリバリーのバイトをしていました時に乗っていました。

バイクの世界では定期的にブームが訪れます。過去のレーザーレプリカやビッグスクーターがそうでしょう。

それ程までの巨大ブームにならないまでも今一部界隈で賑わいを見せているのが3輪バイクです。

スポンサーリンク

三輪バイクとは

街なかで見かける3輪バイクは、主に宅配業務などに使われています。

僕がバイトしていたピザの宅配業務などで使われる前1輪、後2輪の3輪バイク車両が街中で一番見かける3輪バイクでしょう。

屋根付き三輪バイクに乗る人のイラスト

宅配業務用の3輪バイクは、カーブ走行時に車体を傾けないといけないことと、2つある後輪の左右間の距離が460㎜未満であるということで道路運送車両法の車両区分では「二輪自動車」のうち「特定二輪車」となります。

道路交通法の車両区分では「特定大型自動二輪車、または特定普通自動二輪車」に分類されます。 

三輪バイクのメリット

三輪バイクのメリットとしては2つのポイントがあげられます。

まずひとつ目は、見た目通りに転倒するリスクが低いことです。安定性を重視するなら2輪より3輪!!

三輪バイクも、バイクと名がついている以上は車体を傾けてコーナーを曲がる乗り物です。

ですが、通常のバイクに比べると安定性は抜群に良いです。段違い、格が違います。

その抜群の安定性に加えて、バイクならではの小回りが利いてキビキビとした走行性から、バイク初心者には特におすすめしたいバイクです。

2つ目のポイントは悪路走行時の安定性です。

転倒リスクにも通じることですが、不安定な路面コンディションであっても3つの車輪が付いていることで直立安定性が保たれ、安定した走りができます。

代表的な三輪バイク

一口に3輪バイクといっても、その種類はいくつかにわかれます。

そして、もちろんその種類によって必要な免許も変わってきます。

配達用3輪バイク

街なかで見かける3輪バイクで一番多いのは、主に宅配業務などに使われているバイクでしょう。

僕がバイトしていたピザの宅配業務などで使われる前1輪、後2輪の3輪バイク車両が街中で一番見かける3輪バイクタイプ。

HONDAのジャイロキャノピー

宅配業務用の3輪バイクは、カーブ走行時に車体を傾けないといけないことと、2つある後輪の左右間の距離が460㎜未満であるということで道路運送車両法の車両区分では「二輪自動車」のうち「特定二輪車」となります。

後輪左右の距離間が460㎜未満の車両は、搭載エンジンに応じた二輪免許を所持し、ヘルメットを被ることで運転できます。

配達用で一番多く使われるジャイロキャノピーは原付免許で運転可能です。

ヤマハのトリシティのような前2輪タイプ

YAMAHAが2014年から発売しているトリシティは、その見た目のインパクトや奇抜さで発売当初は話題になりました。

トリシティ125

最近では町中で見かけることも増えてきたバイクです。先程の配達用の三輪バイクを含んだ、二輪免許で乗れる三輪バイクの定義は以下のとおり法律で決まっています。

・3個の車輪を備えていること
・車輪が車両中心線に対して左右対称の位置に配置されていること
・同一線上の車軸における車輪の接地部中心点を通る直線の距離(トレッド)が460mm未満であること
・車輪及び車体の一部又は全部を傾斜して旋回する構造を有すること

この種類のバイクは該当する自動二輪免許での運転が可能です。(つまり通常通りの感覚でOKです。)

たとえばヤマハのトリシティ・シリーズは、排気量が125ccと155ccがラインアップされているAT車なのでAT限定免許での運転が可能ですし、トリシティよりもスポーティーさ、走行性能を重視しているナイケンは大型二輪の免許で運転可能です。

NIKEN GT

もちろんこれらのバイクに乗車の際はヘルメットは必須ですのでご注意ください。

トライクの定義

以前ブームが起こり、一気に公道でも見る機会が増えたトライク

このトライクは二輪免許ではなく、普通自動車の免許での運転が可能になっています。

トライクにも種類があります。前1輪、後2輪の車両を「トライク」。前輪2輪、後輪1輪を「逆トライク」と呼ぶことがあります。

トライクは車体を真上から見るとタイヤが三角形の位置関係で構成されていて、走行する際、カーブで車体やタイヤを傾けることなく走るなどの特徴があります。

black and gray vehicle

しかし、このトライクの定義が曖昧だった時代が曖昧だった時期があり、それを是正しようと2009年に道路運送車両法が改正されました。

・3個の車輪を備えていること
・車輪が車両中心線に対して左右対称の位置に配置されていること
・同一線上の車軸における車輪の接地部中心点を通る直線の距離(トレッド)が460mm未満であること
・車輪及び車体の一部又は全部を傾斜して旋回する構造を有すること

先程も書いたこの点にすべてに当てはまった場合は、扱いが自動車ではなく、自動二輪車と同一になり、ヘルメットの着用や、ヘッドライトの常時点灯などが必要です。つまり普通自動車で運転できるトライクは同一線上の車軸における車輪の接地部中心点を通る直線の距離(トレッド)が460mm以上である必要があるのと、左右の後輪に駆動力をあたえていることがポイントです。

このトライクにはヘルメットの装着義務がありません。しかしバイクと同様に飛び石や顔面への無視の激突は起こりますのでヘルメットの装着が強く勧められています。目に当たったら下手したら失明しますし。

側車

三輪というグループからは外れてしまいますが、世の中には側車(サイドカー)をつけたオートバイがあります。

遼東半島🇹🇼 على تويتر: "前上げた國軍のサイドカー(自信はないけど ...
昔の軍隊写真でよく見る側車

ツーリング先で出会うと存在感抜群ですし、サイドカーに乗っている人はどういう気分なんだろうと感じることがあります。

一般的に側車付きのバイクは三輪バイクとは呼びません。かたい言い方をするならば『側車付き自動二輪』やサイドカーくらいです。

もちろん、これらのバイクは通常の自動二輪免許と同じ扱いです。排気量に応じた二輪免許が必要になってきます。

まとめ

最近は増えてきたといえど、まだまだ少数派であることには変わりのない三輪バイク。

人とバイクがかぶるのが嫌という方や、バイクに乗りたいけど転倒などのリスクに不安を感じている方は三輪バイクを購入することを検討してみてはどうでしょうか。

僕的にはトリシティに乗りたいです。普段遣いや、ちょっとしたツーリングでも使えて最高に楽しめそうだと思います。ナイケンも乗ってみたいけど、金額的に少し手が出ない…

コメント

タイトルとURLをコピーしました