↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

セパハンの魅力 メリット・デメリットにせまる

バイク
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

最近のバイクで走行性能を重視したモデルでは、セパレートハンドル(セパハン)が標準装備ですね。

また、カスタムの定番でカフェレーサースタイルにする人にとってもセパハンは馴染み深いハンドルです。

black and red touring motorcycle parking near wall

今回はそんなセパレートハンドルの魅力、メリットやデメリットに迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

セパハンってなに?

一般的にセパハンと呼ばれているセパレートハンドル

通常のハンドルは、一本のパイプを加工して曲げることで左右一体でつくられており、そういったものをバーハンドルと呼びます。

そのバーハンドルに対して、左右のフォークそれぞれに分かれて取り付けられるているハンドルをセパレートハンドルといいます。(セパレート=分かれているです。)

セパハンの魅力

セパレートハンドルにすることでのメリット、デメリットは複数存在しますが、セパハンにすることの最大の魅力は見た目の変化です。例としてKAWASAKIのW800のメーカーホームページの画像を見てみましょう。

z900rs
w800

上のセパハン装着モデルと、通常モデルだとハンドルの高さが明らかに違います。それ以外の部分もだいぶ違うやろというツッコミはなしでお願いします。

通常モデルはハンドルが上側に飛び出て高さが出ていますが、セパハンになるとハンドルの上側への飛び出しは無くなり、それだけでスタイリッシュな印象になります。

ハンドルの高さ、角度を自由に決めれる

見た目の魅力に大きく関わる要因が、ハンドルの角度や高さです。このバランスが少しでも狂うと、やりすぎ感や、物足りなさが見た目から出てきてしまいます。

セパハンはフォーク部分にクランプして取り付けます。

これにより、左右の幅を絞り気味にしたり、高さを買えたり、またワイヤー類の取り回しの自由度が上がったりします。バイクを買ったはいいけどハンドルの幅が広く感じる方通常仕様のバーハンドルに違和感を感じている方にはうれしい魅力です。

セパハンのメリット

通常のバーハンドルをセパハンにすることによってバイクにはどういったメリットがあるでしょうか。見た目がかっこよくなったりという魅力以外でも、もちろん実用的なメリットが存在しています。

トップスピードがあがる

バイクの基本は走行性能の追求です。セパハンにすることによって前傾姿勢になり乗車姿勢が低くなって風の影響をうけにくくなります。そのためトップスピードが上昇します。

1960年代までのレーサー用バイクの設計思想は、いかにトップスピードを稼ぐかという事に重点をおいていました。

トップスピードを稼ぐ上で必要なのは、バイクとライダーの一体感です。つまりスピードの妨げになるのは、空気抵抗の塊である人間の体が一番大きな原因です。

ライダーがバイクと一体となるようなポジションを取って空気抵抗を減少するために開発されたのがセパレートハンドルです。

セパハンのデメリット

メリットがあれば、その分デメリットが必ず存在します。逆にセパハンにすることのデメリットはどういったものでしょうか。

疲労度が増す

セパハンにすることによって、体は前傾姿勢になります。低いハンドルで適正な姿勢を取るためには、ステップ位置による膝の位置や角度も重要となり、低いハンドル導入時には併せての調整式ステップの装着やポジション調整が重要となります。

つまり適正な位置を決めるのがなかなかに難しく、その結果長距離ツーリングの際に感じる疲労度はバーハンドルのときに比べると大きくなります。

取り回しが悪くなる

ハンドル位置が下がると、バイクの取り回しは確実に悪くなります。とくに重量の重いバイクの場合はそれが顕著にあらわれるため、セパハンへの変更を考えている方は自分の愛車の重量を認識しておく必要があります。

それを認識していないと、思わぬ転倒になどに繋がる恐れがあります。

また、もし転倒してしまった際に通常のバーハンドルなら、ハンドル部分がささえとなってくれて、バイク本体へのダメージが少ないです。ハンドルのバーエンド部分が先に地面につくので、車体と地面の間に若干の空間ができます。

しかしセパハンの場合は、その空間がないので転倒してしまったときにはバイク本体がダイレクトに地面に接触します。特にタンク部分などはセパハンがあたって大きく凹むでしょうし、車体を起こす際にも空間がないので非常に辛い。

まとめ

やはりセパハンにすることの最大の魅力は、見た目の変貌です。レースを視野に入れている方ならともかく、通常の公道を走る上では空気抵抗によるトップスピードなどは考えなくていいでしょう。

デメリットも確かに存在しますが、そこに納得できればセパハンにすることはバイクへの愛着がより一層に増す大きな要因になるでしょう。マジで見た目がかっこよくなります。モテモテでんがな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました