↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

ヘルメットでも髪型が崩れないようにする方法

商品紹介
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

みなさん、普段から髪型はきっちりとセットしていますか?僕はサラリーマンですので、もちろんきっちりとセットして毎日出勤しています。きっちりと決まった髪型は気分がいいですし、何より身だしなみとしてもマナーです。

ビシッと決まった髪型はカッコいい

しかし、バイクに乗る際には髪の毛のセットというのがかなり難しい。

多くのライダーにとって、ヘルメットを脱いだ後にぺっちゃんこの髪型になったり、襟足部分がボサボサになったりして嫌だという悩みがあります。

ずっとヘルメットを被っているなら問題ないですが、ちょっとした休憩やツーリング先での観光などでヘルメットを外して活動する時間は意外と多いです。

  • 通勤・通学の際にバイク乗車時に髪の毛がセットできない!
  • 普段のツーリングでも、髪の毛のセットをしっかりとしておきたい!

さっそうとカッコいいバイクで登場したのに、いざヘルメットを脱いだら髪型がボサボサやペッチャンコで無残な姿になっている。

こういった姿はなるべくなら避けたいものです。(こんな事があっては恋のチャンスを逃してしまいます。それだけは勘弁!)

今回は、このような悩みを抱えていらっしゃる多くの方にとっての解決策をご紹介します。

スポンサーリンク

ヘルメットで髪型が崩れる原因

まずは、ヘルメットをかぶることで髪型が崩れる原因をご説明しましょう。

なぜかヘルメットを脱いだら髪がペッチャンコになってしまいます。僕はずっとヘルメットで髪型が押さえつけられる事による圧力だと思っていましたが、実はそれが直接の原因では有りません。

ペッチャンコの原因は、水分によるものです。
人は、体温調節のために全身から汗をかきます。それは、もちろん頭部も例外では有りません。
むしろ、ヘルメットをかぶるとヘルメット内部は風が通らずに、温度が上がることによって、より多くの汗をヘルメット内部にかいてしまいます。

その結果ヘルメット内部では湿度が上がってしまい、その湿度にプラスでヘルメットで髪型が押さえつけられることにより、ペッチャンコの髪型が出来上がってしまいます。逃れられない負のスパイラルです。

つまり、そもそもの原因はこの汗による水分です。これがペッチャンコ原因なのです。

汗をかかないようにするには

つまり極力汗をかかないようにする必要があります。これにより髪型のセットが崩れる原因の大部分が取り除かれます。

しかし普通にヘルメットを被っているだけだと、密着しているので汗はどうしてもでてきますし、ひどい人だと夏場などは顔に汗が流れてきてしまうほどです。

これを防ぐにはヘルメットの中にどうにかして空間を作る必要があります。この空間は大きな空間である必要はありません。

汗が出にくいようにほんの少しの隙間を作り、風通りをよくすればいいだけなのです。

TWO WHEEL COOL エアーヘッド

TWO WHEEL COOLエアーヘッド カラーはかなり豊富です

そのような願いを叶えてくれる商品が発売されています。

これをヘルメットにつけるだけで、髪型が崩れることを防いでくれます。かっこいいバイクに乗っているのにヘルメットを脱いだら、髪型がペッチャンコで所々に頭髪の薄さが見えてしまう…。

これがあれば、そういった自体からは抜け出すことができます。

素材が医療用で使われるシリコン製のため厚みがあるけど窮屈ではなく、ヘルメット内につけても、装着の岩がんがありません。ヘルメットと頭の密着部分に物理的な空間を作り出すことができます。

おすすめできる方は以下の方があてはまります。

  • バイクに乗っても髪型をセットしたい
  • ヘルメットをぬいだら髪がペッチャンコになっているのが嫌
  • 夏場にヘルメットの中が蒸れるのを防ぎたい

何度も記載することですが、セットした髪型を維持するのも、夏場の群れを防ぐのもヘルメットの中に空間を作り出すことが大切です。

そういったニーズを見事に満たしている商品がTWO WHEEL COOL エアーヘッドとなります。

装着の仕方

装着例を見てみましょう。

簡単です。

はい。非常に簡単です。ヘルメットに入れるだけ。

TWO WHEEL COOL エアーヘッドは形状が蜘蛛のようになっているのでどのようなヘルメットにも合わせることができます。人によっては中のパッドを調整しており、ヘルメット内部がいびつな形になっている人もいますが、そういった方でもOKです。

洗浄可能

TWO WHEEL COOL エアーヘッドはヘルメットの中に入れるので、ずっと使っているとどうしても髪の脂分や汚れが付着してきます。

そんな時は取り外して、丸洗いしちゃいましょう。台所用洗剤で洗っても性能に変化はありません。洗うの一瞬、汚れは一生です。

ヘルメットの安全性は損なわない?

ヘルメット内部に物理的な空間を作り出すということは、点灯した際などにヘルメット本来の性能を発揮できないのではないかと心配される方がいるかもしれません。

しかし、こちらはあくまでもシリコン製でヘルメット内部に物理的な空間を作り出しますが、安全性能が損なわれるほどの空間ではありません。

髪の毛のセットを崩さなかったり、蒸れを防ぐための空間は危険性がますような空間ではありません。

まとめ

これから暑くなる時期に向かいますが、これがあればヘルメットの中のムレムレ地獄や、ヘルメットを脱いだら髪型がペッチャンコ問題からおさらばできます。

バイクを降りてもかっこいい髪型を維持しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました