↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

退職代行を使って、ブラック企業は辞めよう

ブラック企業
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

僕は至るところで、記載していますが今まで会社を何度も転職しています。大学を卒業して10数年間で2度のうつ病を経験しそれに伴って仕事がうまくいかずに退職したこともありますし、会社側からクビをきられたこともありますし、嫌気が差して辞めたこともあります。

直近だと、今年に入ってから長年働いたロードバイク業界から完全に足を洗いました。その時の記事はこちら

僕が最近仕事をやめた理由は、激務で趣味のバイクに乗る時間の確保が難しいことと、ボーナスがここ数年間はでなかったこと。業界的に衰退の一途をたどっており未来が見えないということでした。

これから仕事をやめようと考えている方に、伝えたいのはブラック企業であればあるほど退職代行サービスを使いましょうという事です。

スポンサーリンク

入社よりもエネルギーを使う退社手続き

社会人になってから仕事をやめたことがないという方や、転職経験はあるけれど比較的優良なホワイト企業に努めてこれたという方は経験がないと思われるのですが、退社の際は入社の何倍ものストレスやエネルギーを使います。

実際僕は前の会社を辞めたいという事を部長に伝えた際には、怒鳴られズルズルと退職までの期間を伸ばされて、説得という名のもとに会議室に軟禁状態にされて、泣くまで追い込まれました。

社員は奴隷でしょうか……

10月に辞めたいことを伝えましたが、後任がいないからと退社届を受け取ってもらえず、再度伝えて1月末で受理してくれましたが、後日呼び出されて退職届を投げ返されて、結局は4月まで辞めることができませんでした。7ヶ月は長い!!

しかも10月に辞めたいことを伝えてからは、社内の会議に僕だけ出席をさせてもらえず、まわりの同僚にも、僕のことを無視するように指示がでており、社内では非常に肩身のせまい思いをさせられたのと同時に、どうせ大した仕事はしていないだろうという判断で自分が担当していた全国の400あまりの取引先にも退職することは伝えるなと言われていました。(満足な引き継ぎをさせてもらえない状態でした。)

狭い業界なので、急に引き継ぎもなく辞めた奴という印象を作り、同業に転職するのを阻止したかったようです。

そして有給は申請することすら、はばかれる雰囲気でした。結局は1日も消費できませんでした。

うつ病が再発するのではないかと不安

僕の場合は過去に2度のうつ病を経験しているので、そのような環境下ではまたうつ病が再発するのではないかと恐怖しか有りません。

しかし、幸運なことに退職したいことを伝えてからは、社内の会議への出席をとめられましたので、以前よりも早く帰宅できたことと休日の出勤もなくなって、仕事をさせてもらえなかったので、逆にバイクに乗る時間を多く確保することができました。

僕の場合の精神安定剤は、処方される薬よりも定期的にバイクに乗ってツーリングにでかけることだと、改めて実感がわきます。

退社日までの出勤が苦痛で仕方ない

僕は今まで何度も退職を経験しているので、退職が決まってからの出勤の苦痛を知っています。

嫌気がさして辞める会社。その会社に退職を伝えて退職日も決まった。退職日まであと数ヶ月。

これで今まで通りのモチベーションで仕事をしろということのほうが無理があります。そもそも今まで通りの高いモチベーションで仕事ができるなら、仕事を辞めるというような決断はしないでしょう。

  • 同僚からの白い目
  • 上司からの辞めることに対しての精神的ないやがらせ
  • 仕事をさせてもらえないor嫌な仕事ばかりふられる

些細なことが嫌で嫌で仕方がなくなります。1日でも、1時間でも早く会社から去りたい気持ちが抑えられません。

退職につかうエネルギーは入社のときの比では有りません。それだけで精神がおかしくなりそうなくらいです。

理想の退職

僕が思う理想の退職の流れは以下のとおりです。

①上司に退職したいことを伝える。

②一度は引き留められるが、再度伝えて了承をもらう。

③社内規定通りの退職日が決まって退職届を提出する。

④同僚、取引先に退職を伝えて、引き継ぎ等の準備を行う。

⑤退職日を迎えて、今までのお礼を伝えて会社を去る。

おそらくみなさんが思い描く退職の手順もこのような形ではないでしょうか。そしてそれが辞める人、会社にとっても非常に良い状態で正常な退職手続きであることは言うまでもありません。これこそホワイト企業。あまりの白さに羨ましさが爆発でっせ!ボンッ!!

ホワイト企業のイラスト

しかし、ブラック企業ではこのような流れの実現はなかなかできません。度を越した引き留めや、罵倒や恫喝にあい僕のように軟禁状態にされることもあるかもしれません。今思い返しても怖い!!

退職代行サービスを使う

そのような場合はためらいなく退職代行サービスを使いましょう。

しかし、退職代行サービスの存在は知っていても使ったことがある人は、そうそういないのではないでしょうか。

退職代行サービスを使うと即日退社が可能です

会社から電話がかかってきても無視することが可能です(だってその日のうちに辞めるし)。僕は結局は半年ほど精神的に限界を迎えながら退職の日を待っていましたが、そのような我慢をする必要がなく、ドキドキしながら過ごすのはたった1日だけです

バイクに乗れなかったら、うつ病が再発したのではないかと恐怖でしかない

数ヶ月も我慢しながら精神をすり減らして働くのと、1日だけのドキドキならどちらがいいでしょうか。

退職代行を使うべき方

退職代行は5万円ほどするところがほとんどです。でもそれだけで、上司に色々と説明する必要もなくスパッと会社を辞めれるなら安いと感じませんか?

ここで、この金額が高いと感じる方は、おそらくご自身で通常通りの退職をしても大丈夫な方です。

本当に追い込まれている方や、ストレスが極限に達している方は安く感じるはずです。実際僕は、あのストレスを思うなら10万までなら出せます。

僕は退職代行の存在を、退職したいと上司に伝えた時は知らりませんでした。ずっと前から知っていたら間違いなく申し込んでいます。これはマジで救世主!!

退職代行を使うべき方は以下の項目にひとつでも該当する方が対象です。

  • 退職時期をズルズルとのばされる方
  • 上司の性格が悪く、思うように退職できないのがわかっている方
  • 普段から上司によるパワハラが常習化している方
  • とにかく働きたくない方
  • 5万円が安く感じる方

しかし、ここで心配される事が数点でてきます。

まずは退職代行を使って辞めると、会社と揉めないかという事です。これは恐らく揉めるでしょう。

しかし

揉めるのは申し込んだあなたではありません。会社と退職代行サービスの会社が話し合いを行い、そこにあなたは存在しません。いい具合に蚊帳の外です。関わらないでOK。

その次は、急に辞めることによって損害賠償等を請求されないかということです。しかしこれは、まずあり得ません。あなたが辞めたことによって、いくらの損失が生じたということを証明できないと損害賠償は請求できません。

仮にできたとしても裁判費用のほうが高くつき、実際に裁判になることはまずありません。で、結局は裁判になっても会社側が負けます。(請求される可能性だけで言うなら0とは言えないみたいです。世の中に100%はありませんから。ということは明日僕が石原さとみと知り合って恋に落ちる可能性も0ではありません。)

退職代行に辞めたいことを伝えて実際に動いてもらってから、それ以降は一切会社と話すことや、出社することはありません。

辞めた後の離職票などの手続きもすべてを代行サービスがやってくれます。

会社や同僚からかかってくる電話は無視。着信拒否でもしておきましょう。同僚はあくまで同僚。友達じゃありませんので、切りましょう。

退職代行を使おうかな、もしくは使いたいと思わせるほど、あなたを追い込んだ会社に対して慈悲の心は必要でしょうか。僕が今思うのは、立つ鳥後をにごしまくりの精神でいいんじゃないかという事です。

LINEでの相談が可能で、相談だけなら無料です。悩んでいる方たちは、問い合わせや相談だけでもして、納得してから申し込んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました