↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

バイクはアウトローな乗り物です

バイク
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

世間一般のバイク、バイク乗りへの印象はいかがなものでしょうか。

以前書いたように僕がバイクの免許をとろうとした10代の頃には、親から猛烈な反対にあいました。僕は至って安全運転をつとめているつもりですが、バイク乗りへの世間のイメージはいまだに危険、不良というイメージをもたれることが多いです。

スポンサーリンク

バイクは不良の代名詞だった

なぜバイクは不良の代名詞のように語られなければいけないのでしょうか。

有名人の発言から

日本の芸能界には、バイク好きという人がたくさんいます。近年こそ高感度の高い芸能人もバイクに乗ることを公言していますが、一昔前の芸能人でバイク好きを公言していた人は以下のような人たちがいます。

岩城滉一・ヒロミ・舘ひろし・宇梶剛士・・・etc

今では一流芸能人の彼らも、バイクで暴走していた、喧嘩ばかりしていたとかつての武勇伝をかたります。昔は不良だったと言われる方々にはバイクのエピソードがついてまわる事が多いです。ヤンチャなアピールにはバイクの話がかかせない時代がありました。

ヤンチャアピールが芸能界という厳しい場所で生き残っていく術だったのかもしれません。

事実、昔一度だけ岩城滉一さんに仕事の関係でお会いしたことがあります。僕は話さずに僕の会社の社長が話していたのを横で見ていただけですが、多趣味で博識な感じでとてもいい方に思いました。

漫画、アニメ、雑誌から

最近は減りましたが、少し昔の漫画やアニメには不良漫画が多くありました。その不良漫画のほとんどで暴走族が出てきます。

クローズには武装戦線、特攻の拓には爆音小僧、湘南純愛組には暴走天使と書いてミッドナイトエンジェルと読ませるツワモノ集団まで出てきます。鉈出殺殺(なたでここ)、犯那殺多(ぱんなこった)という名前もネットをポチれば出てきました。暴走族のネーミングセンスは抜群ですかね。ははは。

湘南を大騒ぎにさせた暴走天使(ミッドナイトエンジェル)...
こういう格好でバイクに乗るのはやめましょう。火傷しますし、クラッチ操作で足がやられそうです。

ヤンキー漫画には暴走族の登場は定番です。

出典: img.fujisan.co.jp

現在は廃刊になった、チャンプロードの表紙です。本屋に行けばバイク雑誌コーナーにこの雑誌が置いてありました。このような状況ではバイクは健全な乗り物で、バイク乗りは心優しいとは口が避けても言えません。また、チャンプロードは非常に目立つ表紙のため、バイクに乗らない方でも否応なしに目に入ってきては、そのたびにバイク乗りの印象を悪くします。

ヒャッハーな人達…

もはや、ヤンキーや暴走族という言葉では形容できない方々もバイクに乗っています。世紀末の合言葉はバイク、モヒカン、肩パッドです。食料や水はなかなか手に入らないのに、数十台のバイクを動かせるだけのガソリンは簡単に手に入る謎が残されます。

バイクにはアウトロー的なところが確かにある

アウトロー 

無法者、社会秩序からはみ出した者。outlaw(法から外れる)。

法律違反をするのは論外ですが、そこまでいかなくてもバイクにはアウトローに近い雰囲気をかもし出すトコロは確実に存在します。バイクは不便な乗り物です。

  • 基本は一人乗り
  • 雨風にさらされる
  • 夏は暑く、冬は寒い
  • 積載性がほぼゼロ
  • 事故の際は非常に危険
  • インカムがないと会話ができない…erc

利便性や快適性を追求する多くの方には、何がいいのかわからない乗り物です。

しかし、バイクに乗る多くの方々は上のような事を言われてバイクになぜ乗るのかと問われた際にはこう言います。

だから、いい。

不便だからいいんです、一人乗りだから余計な気を使わなくてすみます、夏の暑さも冬の寒さも肌で季節を感じれるのが魅力です、事故は危険なのはわかっているので、ライディング技術を磨こうと頑張ります。積載性は専用バックでまかなえます。会話したいならインカムを買います。でも、一人でも何の問題もありません。

世間の大部分からそれてしまう、これらの思考はアウトローにあてはまります。バイクのりはアウトローな人が多いかもしれませんが、暴走したり無茶な運転をする人はごくごく一部です。車でも無茶な運転をする人がいます。割合的には対して変わらないでしょう。

結論としてバイクは非常に楽しい乗り物であることは間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました