↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

バイク用ミラーの口コミまとめ

商品紹介
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

バイク購入の際に、見た目のリフレッシュをはかりたいならミラーを換えましょう。

一番目に付きやすく印象がガラリと変わります。純正ミラーがダサい場合もありますし…

今回はアマゾンで大ベストセラーになっているミラーの2つの口コミご紹介です。

バイク用ミラー おすすめ。これを選べば間違いなし

スポンサーリンク

メッキミラー 左/右セット 8mm ホンダ正ネジ 6001

こちらのミラーは、バイク用ミラーで常に上位にランキングされます。メーカーの型番が6001で、モデル名もそのままの『6001』です。メッキがきいており色鮮やかなところと、シンプルな商品名が魅力でしょうか。

公式の商品説明は以下の通りです。

  • メッキミラー
  • 取付穴8mm径 正ネジ
  • 左右セット
  • ヤマハ車を除く原付スクーター全般

モデル名6001
商品重量431 g
梱包サイズ23 x 10 x 7 cm
メーカー型番6001
商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ23 x 10 x 7 cm
メッキ

何よりも魅力的なのが、ヤマハ車を除く原付スクーター全般に装着可能ということです。ほとんどの原付きスクーターに対応可能です。モンキーやカブにも装着可能です。

バイク側の取り付け穴が正ネジの8mm規格ならばOKです。

なぜ、ヤマハ車は除くかというと、ヤマハの原付きスクーターは右側ミラーが、逆ネジになっています。この商品は『正ネジ』です。

ですが、バイク屋にいけばヤマハ用の変換アダプターがありますので、そちらで代用可能です。少し大きめのホームセンターでもそういったものは置いています。

Amazonでの商品口コミご紹介 6001

1 HONDA スーパーDioの人

これ超いいです!
安いし、モノは超しっかりしています。
ホンダ車用に正ネジ8mmでできているのでホンダ車ならば
アダプターいらず。

それとそれと、ここポイントなのですが、
ミラーが中央よりもズレたところにアームの接続部があります。
よって、視野を広めたいとき、幅を狭めたいとき、寸法よりも2cm上下左右に動かせるのです。
僕の場合はアパートの駐輪場が狭いため、ミラーは内側になるように設定しています。
視野は若干狭くなりますが、コンパクトになります!
メッキでこんなに安いなんて!!
純正ミラーより断然カッコいいですしこれは買いです!!

2 HONDA スーパーカブの方

中古で買ったスーパーカブ50のミラーが一方にしか付いてなかったので、両方欲しいので買った。
値段がとんでもなく安い。
カブの部品は他の部分も安いが、これは送料とか材料とか込みでこの値段はすごいと思う。
しっかりした、ちゃんとした商品だ。
全く問題ない感じだ。
取り付けて、使用しています。今の所不都合はありません。

3 HONDA スーパーカブの方

左右セットで激安なので、購入してみた。品質に問題なし。特に気になりませんでした。ただ、AA04は10mmねじなので追加で変換アダプターが必要。アダプターの方が高くついた。現物確認してから購入してください。

そのまま取り付けると振動ですぐに緩んでくるので、ネジ部にオイルを塗っておくと良い。しっかりネジが閉まり、長年ほったらかしてもさび付かないので、すぐに取り外せます。

4 車種不明の方

約600円ほどで購入しました。
もうほぼ送料じゃ?というお値段に期待など微塵もなかったわけですが、

届いてみてビックリ。めちゃくちゃしっかりしてました(笑)
値段的に多分、中国で作られてるんだろうけど、日本製と見紛う出来の良さです。
ネジの精度もしっかりでてます。

ヤマハ以外の原付は、迷ったらとりあえずこれつけとけば良いんじゃないでしょうかね(笑)

と、以上のように高評価の連続です。ここまでの高評価は逆に怪しいですが、ベストセラー品ですので性能に間違いはないようです。

値段がかなり安い商品で、クォリティーも高いというところがこの商品の魅力です。ミラーに迷われている方は、この商品をつけておけば間違いはないようです。個人的にバイクにはメッキはが一番似合うと思ってますしー。

ナポレオン クロス 2 ミラー ブラック 右側用 10mm 正ネジ AJ-10R



続いては、ど定番のナポレオンミラーです。通称ナポミラ

僕の時代はヤンキーがつけているイメージの高い商品でしたけど、今でも根強い人気がある定番ミラーです。(ヤンキーのZXが右側のみナポミラをつけていましたが、ミラーは両方にきちんとつけましょう。)

公式の商品説明は以下の通りです。

  • ネジ経 8mmと10mmが用意されている。
  • 衝撃吸収機構(ターナー)がある。
  • 眩しい光だけをカットする、世界に例を見ない波長感応型防眩ミラー「OPTICS(オプティクス)」鏡を採用。光学メーカー「HOYA」との技術協力により、450~650nmの波長の光反射のみを低減させることに成功しており、夜間においても鮮明度の低下がほとんどないため、ライダーはよりシャープで鮮明な画像を捉えることができます。

ブランドタナックス(Tanax)
商品重量390 g
梱包サイズ33.2 x 14.8 x 4.2 cm
メーカー型番AJ-10R

ナポミラの魅力は見かけではありません。商品説明に記載があるように光学メーカーの『HOYA』との協力により、夜間でも鮮明にミラーを見ることができます。HOYAはメガネ業界のレンズ制作では超大手の一流企業です。ナポレオンの辞書に不可能はない、はははー

また、ご使用のバイクのネジが逆ネジの場合は以下の商品を装着することで、ナポミラをつけることができます。

Amazonでの商品口コミご紹介 ナポレオンミラー

1 kawasaki シェルパの人

シェルパに取り付けました。オフ車には左右と高さが足りないので20mmの高さ
スペーサーとオフセットホルダーSA-23を使い取り付けましたが。
感想を言わせてもらえばこのミラー以上に後ろがよく見えるミラーを知りません。
オフ車にも十分似合うので後方視界に不満のあるライダーには一番に検討して
ほしいですね(調整は必要です)

2 車種不明の方

オプティクス鏡のほうを購入し、原付に装着。
そのまま着けてみたところ、このミラー単品だと高さがかなり低いため
別売りで高さ調整スペーサーを購入して高さを確保。
そうすることで、ちょうど良い高さになりました。

一応、ステーロックナットを調整することで、ステー長は調節でき
少し外側に伸ばすなどすれば、自分の肩周辺が映るのを軽減することができます。
ミラーサイズに関しては、大きいので、当然視野が広がり周りの状況を把握しやすくなりました。

眩しさを低減してくれるオプティクス鏡ですが、うっすらとした紫色になっています。
これは、好みがわかれるかもしれませんが、ほんとにうっすらとした程度なのでそんなに気にはなりません。
見方によってはファッション性の一環にも取れると思います。

加工による見え方に関しては、
純正のミラーでは、最近の車の白っぽい強めのライトの反射がキツくてつらかったのですが、
このミラーにしたおかげでかなり抑えてくれているので助かっています。

あと、いろいろなご意見が散見されますので、個人差があるのでしょうけれど
自分的には、昼夜ともに、まったく問題を感じませんでした。
雨の日の夜の視認性も問題なし。
ただ、これは、
当方が東京23区内を走行しているため、夜でも建物など明るいエリアを
走っているからかもしれません。

3 車種不明の方

左右同時に交換しましたが、左側の商品の衝撃吸収機構「ターナー」が緩く、車体への取り付けボルトをしっかり締めても少し触っただけでミラーが動いてしまい、更に緩むと高速道路で走行中風圧で動く恐れがありました。
右側はきつめで問題ないので、個体差によってターナーの強弱にバラつきがあるようです。

ナット下のスプリングの強弱でターナーの強度を調整しているようですが、他のユーザーの方もレビューされているように蓋を開けてナットを締めようにも隙間が無いので手持ちの10mmサイズのレンチのソケットがギリギリ入らず、この為だけに別途高価な薄型ソケットを買うのも納得がいかないのでなんとかならないかと思案する折り、100円均一に行った際10mmのソケットを売っているのを見つけました。
これなら加工して失敗しても惜しくないと購入し、ソケットの周囲をディスクグラインダーで削った所、見事ターナーのナットに入り締め付ける事が出来ました。

ソケット購入の際は差し込み角が9.5mmより6.35mmの方がソケットの肉厚が薄いので、差し込み角6.35mm(1/4インチ)でサイズ10mm用の物をお勧めします。
削る際は削りすぎないよう少しずつ現物に合わせて行い、ナットが深い位置にあるので長めに削ると良いです。
結構削ったのに入らないという場合は、ミラーを回転させると穴とナットの隙間が変化して入る場所を見つける事が出来ます。
締める際は調子に乗って締めすぎると本体を壊す恐れがあるので、程々にして下さい。
ターナーのナットを締めた後、車体への取り付けボルトを緩めて位置調整をして完了です。

と、上の6001に比べると絶賛というわけではありません。個体差によって多少のあたりはずれがあるようです。まぁ工業製品ですからね。

セールスポイントの一つである、ターナーに若干の不安があるようですが、それも高速走行をするさいに注意するポイントで、原付きスクーターなどの場合は杞憂でしょうか。

まとめ

ミラーは自分で手軽に交換できるパーツの一つです。ぜひともこれを機会に交換してみてはいかがでしょうか。





コメント

タイトルとURLをコピーしました