↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

ホンダ スーパーカブ 4年間毎日乗ってわかったこと

バイク
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

世界最強の男を決める、ワールド・ストロンゲストマンという催しがあります。単純に重いものを運んだり、力というもののNO.1を決めるイベントです。最新の優勝者はアメリカのマーティンス・リシスがその栄冠を掴んでいます。

その栄冠は毎年コロコロと変わります。力自慢の世界は移り変わりが激しいようです。

一方バイクの世界で、総合的に世界最強の名を欲しいままにしているバイクはホンダのスーパーカブです

こちらはワールド・ストロンゲストマンと違い何年もの間、スーパーカブがバイク界の最強の栄冠に輝いています。

曰く、バイク界のマーティンス・リシスであり、バイク界の横綱白鵬です。

長年バイク界のNO.1に君臨している、このバイクに僕は4年間仕事で毎日乗り続けて、メリット・デメリットを書いていきたいと思います。

シンプルで飽きのこないスタイルやでッ!!

スーパーカブ その魅力に迫る

スポンサーリンク

メリット① 燃費 

105.0Km/L

スーパーカブ50の燃費のカタログ数値です。恐ろしいほどの高燃費です。カタログ数値を叩き出せるとした場合山手線なら、3周。都内から埼玉県の和光市までの往復。大阪から新神戸までの往復をこなせます。

ちなみに同じHONDAのど定番モデルである原チャリのDioの燃費は一番条件のいい年式のカタログ表示でも73km/Lです。

排気量が小さければ小さいほど燃費は良くなりますが、その中でもスーパーカブはダントツの高燃費を叩き出します。

実際に僕が4年間、仕事で乗っていたときに実測していたときは55〜65Km/Lほどの燃費でした。これは仕事柄、街乗りでストップアンドゴーが非常に多い状況でこの数字でしたので、通常仕様でしたらもう少し伸びるかもしれません。

ecoです。エコ

メリット② 力持ち

はい。スーパーカブは究極の実用車です。日本の伝統的な出前の乗り物は、鉄の塊のような自転車かスーパーカブです。

スーパーカブにとっては重い荷物を運ぶことは、想定の範囲内の出来事です。蕎麦屋の出前や鉄の箱を装着した郵便局員など、通所の原チャリではエンジンが悲鳴をあげそうなシチュエーションにも耐えます。手紙の束はびっくりするくらい重い!!

出前がカブの理由?壊れへんからや〜

200Kgの荷物でも走行可能というデータもあるようです。200Kg!!??びっくりです。

メリット③ 頑丈

スーパーカブは日本だけではなく、海外でも爆発的人気を博します、特に東南アジア諸国での売上は驚異的です。

壊れないから

東南アジア諸国で売れる理由の一つが、ちょっとやそっとでは壊れない、その頑丈さがあります。単純に言ってあちらの国の方々のバイクの扱いは日本の比じゃないくらい悪いです。おまけに道も塗装されていないところが多く、段差のたびにバインバインに揺れます。ばいんばい〜ん。

しかし、壊れません。

実際に僕も4年間の間に、事故2回、舗装されていない土手を毎日走ることを繰り返したうえに、オイル交換以外のメンテナンスを一切しませんでしたが、目に見えた不具合は遂に起こりませんでした。これは奇跡でしょうか、はたまた僕の丁寧な運転のおかげでしょうか。いいえ、HONDAの技術のたまものです。

まぁまぁ派手にこけたけど大丈夫でした。

メリット④ 原付きより運転が楽しい

スーパーカブは自動遠心クラッチというシステムを使います。

原付きのようにアクセルを回せば勝手にスピードが上がっていくわけではなく、簡易的ながら足の操作が必要になるので、乗る楽しさを味わうことができます。

車の運転の簡易化は好意的にうけとめられますが、より操作している感を味わうバイクの運転に関してはアクセルを回す以外の操作が、運転の楽しさに直結します。

唯一のデメリット 遅い

カブは加速も最高速度も非常に遅いです。50CCの場合は法定速度が30Km以下です。普通に走っているとだいたいその速度付近で落ち着きます。125CCのほうならまだしも、50CCでしたら30Km以上は出す必要がないので、十分だとは思いますが。

ですが、何かの際にスピードを出さないといけない際は、加速・最高速ともに原チャリには乾杯しましょう。

その場合はスーパーカブはそんなバイクではないと自分に言い聞かせましょう。

そしてスーパーカブのデメリットはそれくらいしかないです。

まとめ 一家に一台は欲しい

スーパーカブは一家に一台あれば、困らないバイクです。趣味性の高い乗り物というよりも生活に紐付いた、実用性マックスのバイクとして家族の助けになることは間違いなしです。

ぜひともスーパーカブを一家に一台置きましょう。生産台数が1億台を突破しているバイク界の最強バイクの虜になること間違いなしです。

コメント

  1. […] これはThe普通です。可もなく不可もなくのラインです。燃費を気にするなら同じHONDAのスーパーカブにのりましょう。以前も書きましたが、あちらの燃費は最強です。 […]

タイトルとURLをコピーしました