↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

うつ病になる性格 バイクさえ乗っていれば…!

うつ病
スポンサーリンク

どーも、がばちょでございます。

バイクに乗ってうつ病を克服した話。
僕はうつ病に2回なりました。気づけばバイクに乗っていない時期には決まってうつ病になってしまいます。バイクに乗ることによってうつ病を抑えようとした話です。

このブログでは定期的にかいていますが、僕はうつ病を2度発症しています。現在はバイクに乗ることによってストレスを軽減して何とか心のバランスを崩さずに生活しています。

人間はいつ、うつ病になるかわかりません。このブログも解説から一ヶ月で、おかげさまでアクセスがふえてきたこともあるので、僕の自己紹介も兼ねて、うつ病になった背景を自己分析をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

友達は少ない

みなさん、友達は何名ほどいるでしょうか。最近のネット社会ではスマホの電話帳の登録者数やLINEの友達数が一種の指標になるようで、LINEの登録者数は数百人いる事も珍しくないようです。

電話等は全部で8人、そのうち3人は家族です。
LINEでのつながりは少し増えて10人になります。
  • 電話帳8件 身内3人、お店1つ含む
  • LINE10人 嫁1人含む

書いていて自分でも焦りましたが、なかなかの少なさです。みんなはどんなもんなんでしょうか。

僕の私生活で一年を通して、友達とご飯に行くことは1度か2度あるかないかでしょうか。自分から誘うことはありません。誘われれば行きますが、メンバーを聞いて辞めることもあります。

友達関係を精算しがち

僕はあまり、誰かと和気あいあいと盛り上がる状況は好きではありません。もちろん気心のしれたメンバーなら楽しく思うこともありますが、重度の人見知りの僕は少しの間あっていなかった人とは、昔どれだけ仲良かったとしても上手く話をすることができません。

また、電話帳などに関して言うと昔は1年間連絡をとらなかった相手はもう話すこともないと判断し電話帳を削除していました。

そんなことを繰り返していった結果が上の登録者数につながってしまいます。

一人が苦じゃない

僕は中学ぐらいから、基本的には一人で行動しています。もちろん友人と遊ぶこともありましたが一人で映画を見に行ったり、一人でご飯を食べに行ったりとしていました。

今では一人でツーリングにでかけていますが、基本的に一人でいることが全く苦じゃありません。一人でいる時間が多ければ多いほど新たな趣味を見つけてはそれに没頭するという生活をしています。

悩み事を抱え込んでしまう

上で書いたように、友達も少なく一人でいることが苦じゃないので、休みの日なども一人で過ごすことが多かったです。プラモデルを作ったり、漫画を読んだり、一人でご飯に行ったりとしていました。

今にして思えば、そんな時に困るのが仕事で悩みを抱えてしまったときです。

その悩みを吐き出す相手が全くおらず、全て自分の中で悩みを解決していかないといけません。そしてそれはそうそう上手くいくものでもなく、結果として重大なストレス・悩みを抱え込んでしまうことになります。

悩み事がある時に誰かに聞いてもらうことは、心の健全を保つのにおおいに役立ちます。

僕が思う、うつ病になった理由

つまり僕の特徴としては以下のものがあります。

  • 友達が少ない
  • 一人でなんでもでもする(実際にできているかは別)
  • ストレス発散の場が少ない
  • 悩み事を打ち明ける人がいない

僕がうつ病を2度も発症した原因には以上のものがあると思います。

社会で働いていると正直、ストレスだらけの毎日です。上司からの暴言、よくわからない客からのクレーム、同僚からの嫌がらせ、意味不明な社内制度。ほんっとーに嫌になる毎日になります。

ですが、みんな一緒です

そういったことを背景に僕のように、2度うつ病になって年単位での休職期間を味わうかは、ストレス発散の方法をどれだけもっているかによります。

うつ病になった時の僕にはストレス発散法が何もありませんでした。

現在の僕の場合はバイクがストレス発散です。これは少しの時間でもいいので数日に1度は乗るように心がけています。

うつ病になった時はバイクに乗れない状況でした。シクシク

あと、うつ病にならないためのストレス発散方法はできるだけ屋外に出ることをおすすめします。室内で行う趣味と屋外で行う趣味だと、楽しさは同じかもしれませんが、心のリフレッシュは断然屋外に軍配が上がります。太陽の光を浴びましょう。ピカーッ!!

友達はいないが嫁はいる

最後に、友達はほとんどいませんが、僕には嫁がいます。

現在では悩みを色々と聞いてくれて、ひとしきり聞き終わったあとにバイク乗ってこいと送り出してくれるので助かっています。

正直、結婚できたのは奇跡でしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました