↓↓ 今月のオススメ記事はこちら ↓↓

退職代行「Jobs」の凄すぎるサービス内容とは!?

バイク乗車中!あおり運転許すまじ

運転
スポンサーリンク

近年の車社会のなかで多くの人の需要をうみだしているのはドライブレコーダーです。バイク業界でも装着している人が増えてきています。私のバイクにはまだどうにゅうしていません。

もちろんきっかけは、常磐線あおり運転事件です。きもとさ〜ん、きもとさ〜ん!!という掛け声は一大ムーブメントを巻き起こし、ガラケー女という言葉とともに2019年のトレンドワード入りをはたします。

スポンサーリンク

本当に怖いあおり運転

車に乗っているときのあおり運転は焦りますが、バイクに乗っているときのあおり運転は恐怖を感じます。まじで寿命が縮みます。

あおり運転とは

道路を走行する自動車、自動二輪、自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因や目的で運転中に煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせる行為のこと。代表的な行為には、車間距離を縮める異常接近、クラクション、追い回し、無理な割り込み後の急ブレーキ、幅寄せ、罵声があります。※Wikipedia参照

僕が日常的に乗る乗り物は、車・バイク・自転車(ロードバイク)とwikipediaさん記載の全てをカバーします。全ての乗り物に10年以上乗っていますが、上のような行為が全てあおり運転だとするならば、全ての乗り物でぼくはあおり運転にあったことがあります。まぁまぁな頻度出会います。僕の運転技術のせいでしょうか?ほほほほ

でも、まぁ特に自転車は時速30Kmくらいで車道を走らないといけないので、車からしたらイラつく原因になるのでしょう。

そんなあおり運転に魅入られし人間がばちょ的には、バイクであおり運転で、明らかに悪質で今思い返しても怖いものがありました。

実録 あおり運転被害

20代のときに、グラストラッカーに乗っているときにセルシオにバンバンに煽られたことがあります。

はじめは車間距離がかなり近いなぁ〜と思ったので左ウィンカーを出して路肩に止めたのですが、僕のピタッとあとについてセルシオも止まるではありませんか!

正直その時点でめちゃくちゃ怖かったのですが、相手は車から降りてくるわけ気配もなかったので、僕はまた走り出します。もちろんセルシオは僕の1〜2メートル後にベタ付けです。グラストラッカーはどれだけ飛ばしても早くないです。スピードを出しすぎるとバッて分解しそうになります。スピードをあげて引き離すということも不可能です。

ヘルメットの中で、半泣きになりながら時間にすれば10分もなかったと思いますが、かなり長く感じます。

ちょうどそのタイミングで交番が前方に見えてきました。セルシオも交番に気づいたのか、気持ち少しだけ車間距離を空けます。そのタイミングで僕は、交番の直前で停止しました。

するとセルシオは一瞬止まって、すぐに動き出し近づいてきて、僕の横を走り去ろうとします。

よかったー助かったぁと思った瞬間に助手席の窓があき、思いっきりタバコを投げつけられてしまいました。その方たちはどうやら僕のことを灰皿だと思い、追いかけ回していたようです。そのかたが吸っていたタバコには幻覚作用も含まれるのでしょうか?

僕は灰皿ではありません。ニンゲンデス

20歳そこそこの男が二人見えました。後部座席にもいたのかは、真っ黒なスモークで見えませんでした。

それ以来、道路を走る上での教訓は怪しいと思う車には近づかないことです。君子、黒いセルシオには近づかずとなります。マジェスタも危ないですが、マジェスティは好きです。

あおり運転には対抗しない

あおり運転には対抗してはいけません。どうぞお先にの精神で先に行かせます。急いでいたんかな?くらいにやり過ごすのが最適です。

間違ってもあおり運転に対抗して、俺のバイクのスピードについてこれるか!?みせてやるよ!スピードの向こう側をという考えは捨て去りましょう。危険です。

またあおり運転の人に対して極端に、スピードをおそくして相手の神経を逆なでするような行為もやめましょう。きもとさ〜んと叫びながら40代男性に殴られるはめになります。ぼこっ!! はたまた僕みたいにタバコを投げつけられましょうかね。ぺちっ!!

自分も加害者になるかもしれない?

おうおうにして人は、車、バイクを運転する際には気が大きくなります。普段はそんなことないのに車を運転をすると笑いながらあおり運転をするという、なかなかなサイコパスな方もいらっしゃるかもしれません。

あおり運転は厳罰化をされていきます。今一度自分の運転方法と、運転している際の心の余裕をもっているかを自問自答しましょう。

てか、いらちの人は車の運転を控えましょう。性格を直してから運転しましょう。なおせないときは捕まる前に免許を返納しましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました